2017年2月19日 更新

皮膚科でもお薬手帳は必要?持っていくべき3つの理由

皮膚科というと塗り薬が処方されるイメージがありますので、内服薬の飲み合わせを検討する為に使われるお薬手帳は、必要無いのではと思われる方がいらっしゃるかもしれません。しかし、皮膚科を受診する際にも、お薬手帳は持参した方が良いです。皮膚科を受診する時にお薬手帳を持参した方が良い3つの理由をご紹介します。

367 view お気に入り 0

皮膚科でも内服薬を処方されることがある

 (2809)

皮膚科で処方される薬というと、塗り薬をイメージしますが、実は皮膚科でも内服薬が処方される場合があります。例を挙げると、じんましんやかぶれなど、かゆみが強く出る症状の時、とびひや帯状疱疹、爪水虫などの感染症にかかってしまった時、薬による湿疹が出ていると疑われる時、しもやけなどの末梢循環神経障害が見られる時です。これらの治療に使われる薬と、現在ほかの診療科でもらっている内服薬との飲み合わせの確認や、処方が重複してしまっていないかなどをチェックするのに、お薬手帳があると便利なのです。お薬手帳では、患者さんがこれまでに飲んできた薬が、診療科を越えて記載されています。患者さんが現在飲んでいる薬が何かを記憶していない場合でも、お薬手帳を持参すれば一目瞭然ですし、皮膚科医には的確に分かりますので、患者さんに対してより良い治療を行うのに役立てることや、処方する薬を決める時に役立てることができます。

飲み合わせに注意が必要な薬がある

 (2821)

皮膚科で処方される飲み薬との飲み合わせを検討しなければならないのは、アレルギー性鼻炎の治療薬の抗ヒスタミン薬とかゆみ止めです。抗ヒスタミン薬はかゆみ止めにも含まれており、両方を服用してしまうと効果が強く出過ぎてしまったり、副作用が出てしまったりする可能性もあります。副作用としては、気持ちが悪くなる場合や、喉がとても渇く場合があります。薬の効果が強く出過ぎるのも怖いことです。抗ヒスタミン薬は風邪薬などにもしばしば含まれていますし、抗うつ薬にも含まれています。そのため、それらとかゆみ止めを併用してしまうことにより、眠気が強く出ることがあります。爪水虫の治療として内服薬で出されるイトラコナゾールは、飲み合わせが悪い薬が沢山あります。薬の飲み合わせについては、併用禁忌と言われる組み合わせがあります。併用禁忌のものを組み合わせて飲むと、痙攣や血液に障害を起こす可能性がありますので、注意が必要です。

持病の程度が推定できる

 (2842)

お薬手帳には、どんな薬を服用してきたのか、現在服用しているのか、が記録されています。処方されている薬の記録から、持病がどの程度なのかを推し量ることができます。それは、皮膚科での治療や、処方する薬を決める際に、とても参考になります。湿布かぶれになった時に、湿布のどの成分が合わないのかも、お薬手帳の記録から判断することができます。お薬手帳には、調剤日、薬剤の名称、用法、用量、服用に際して注意すべき事項が記載されています。この記録料(管理指導料)は、これまでは410円が診療報酬として加算されて、患者さんは1~3割を窓口で支払っていました。しかし、2016年4月に法律が改定されて、お薬手帳を持参すれば、診療報酬は380円に引き下げられ、持参しない場合は500円に引き上げられました。お薬手帳を持参した方が患者さんの医療費負担も減るので、皮膚科を受診する場合もお薬手帳を忘れないようにしましょう。

塗り薬だけじゃない

塗り薬が処方されるイメージの皮膚科ですが、症状によっては飲み薬も処方されることがあります。その際、持病があって他に飲んでいる薬があるなら、飲み合わせを考えなければなりません。お薬手帳を持参すれば、持病の程度も分かるので、皮膚科での治療やどの薬を処方するか検討する際にも役立ちます。そのため、皮膚科を受診する際にもお薬手帳を忘れないようにしましょう。
11 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

地震に備えて「お薬手帳」?それってどういうこと!?

地震に備えて「お薬手帳」?それってどういうこと!?

日本は正真正銘地震大国。日本人は世界各国の中でもトップクラスの高い防災意識を持っていると言われています。そんな私たちでも「お薬手帳が命を守ってくれるツール」であることは意外に知らないのではないでしょうか? 今回はまだ記憶に新しい熊本地震を事例に、お薬手帳の大切さを改めて考えてみました。
KEI | 1,009 view
夏前まで注意!子どもの「水ぼうそう」、薬を飲む時の注意点は?【お薬手帳メモ】

夏前まで注意!子どもの「水ぼうそう」、薬を飲む時の注意点は?【お薬手帳メモ】

全身にかゆみを伴うブツブツが広がる水ぼうそう。小さい子供に流行しやすく、子供のころにかかったという経験を持つ人も多いのではないでしょうか。水ぼうそうはまれに重症化し命に関わるケースもあるので、早めに気付き治療してあげることが重要です。今回は、子供が水ぼうそうにかかったときに注意したい薬の飲み方についてご紹介します。
お薬手帳なんかいつも同じ薬だから必要ない?大間違いです!!

お薬手帳なんかいつも同じ薬だから必要ない?大間違いです!!

あなたはいつも病院に行く時に、お薬手帳を必ず持って行きますか。この質問をすると、多くの人が持って行くと言いますが、中にはお薬手帳なんて必要ないと思い持ってもいないと言う人も少なからずいます。お薬手帳は、自分自身が使っている薬の名前・日数・使用法・量などを細かく記録できる手帳です。いつも健康だと思っていても、いつ何時病気にかかるか分かりません。そのような時に特に重要なのです。
大腸がん手術した人はコーヒーを飲むべき?再発リスク減って本当!?【お薬手帳メモ】

大腸がん手術した人はコーヒーを飲むべき?再発リスク減って本当!?【お薬手帳メモ】

日本人の死因として有名な「がん」ですが、意外にも女性がかかるがんの種類でもっとも多いのが「直腸がん」です。このがんの再発や、死亡リスクを低下させる作用があるとして注目を浴びているのがコーヒーです。普段何気なく飲んでいるコーヒーが、症状の回復に影響するとは興味深いですね。今回はコーヒーが大腸がんに与える影響をまとめてみました。
ダイエットのために漢方薬「防風通聖散」を使うなら注意すべきこと【お薬手帳メモ】

ダイエットのために漢方薬「防風通聖散」を使うなら注意すべきこと【お薬手帳メモ】

テレビやSNSを通して目にする機会が多い「脂肪を減らす漢方薬」。飲むだけで脂肪減少作用があるとは非常に魅惑的ですが、きちんとした知識がなしでは良かれと思って飲んだものがマイナスに働いてしまうこともあります。今回はダイエットのための漢方薬出ある「防風通聖散」を使う際に注意すべきことをご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部