2017年3月20日 更新

血行を良くして肩こり解消!改善のためにまず食事から

現代人の多くが悩まされている、つらい肩こり。毎日長時間パソコンの前に座っていたり、重い荷物を持ったりすることでなかなか治らず、慢性的な痛みを抱えているという人もいるのではないでしょうか。 肩こりはストレッチやマッサージで解消するのが一般的ですが、実は普段の食事に気をつけることでも改善できるんです。今回は、「肩こり改善のための食事」についてご紹介します。

35 view お気に入り 0

こりをほぐすことは根本的な解決にはならない?

 (7619)

肩こりが起きるメカニズムは、血行不良によって筋肉が硬直することが原因と言われています。肩こりの解消法として最も一般的なのは、ストレッチやマッサージで血行を良くする方法です。確かに、ストレッチやマッサージをすると肩こりが解消されたと感じる人も多いと思います。しかし、それらの効果は一時的なもの。根本的には改善されていないので、しばらくするとまた肩がこり始めてしまいます。

食生活の改善で根本的な対策を

 (7622)

一方、食生活を改善することは、肩こりの根本的な改善法と言えるでしょう。食生活で肩こりを改善したい場合は、血行を促進する食べ物や疲労を回復させる食べ物を積極的に摂るようにします。それを続けることで、肩こりが起こりにくい体質をつくることができるのです。

肩こりを改善する食べ物とは?

 (7625)

それでは、どのような食べ物が肩こりを改善してくれるのでしょうか?代表的なものをご紹介します。

【肩こりの改善が期待できる食べ物】
・大豆、大豆製品(ビタミンE:血行促進)
・サバ、イワシなどの青魚(EPA、DHA:血行促進、筋肉細胞をつくる)
・柿、ブロッコリー、いちご(ビタミンC:疲労回復)
・柑橘類、梅干し、酢(クエン酸:疲労回復)
・豚肉、レバー(ビタミンB:疲労回復、神経の調節)
・乾燥わかめ、干しひじき(マグネシウム:筋肉を弛緩させる)

上述のとおり、肩こりの最大の原因は血行不良と言われています。血行を促進するためには、ビタミンEやEPA、DHAを多く含む食材・食べ物が効果的です。また、ビタミンCやクエン酸などが含まれる食べ物は疲労を回復させる効果があるので、積極的に食べるようにしましょう。

食生活を変えて肩こりから解放されましょう!

今回は、肩こり改善に効果的な食べ物をご紹介しました。どれもスーパーなどで手に入りやすく、気軽に食事に取り入れられるものばかりだったと思います。「肩こりを根本的に解消したい!」という方は、ぜひ今日からでも毎日の食事に取り入れてみてくださいね。
11 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

食中毒にしない・ならない!キッチン周りでできること

食中毒にしない・ならない!キッチン周りでできること

ニュースでしばしば集団食中毒が取り上げられるイメージから、食中毒は飲食店や食堂など家の外で起こるものだと思っていませんか?実は、一歩間違えば食中毒は家の中でも十分発生する可能性があるのです。一見キレイに見えるあなたのお家のキッチンにも、食中毒を引き起こす菌が繁殖しているかも?大切な家族を食中毒から守るために、普段からできる対策についてお話しします。
ご飯に混ぜて健康に!食物繊維最強、大麦の効果とは

ご飯に混ぜて健康に!食物繊維最強、大麦の効果とは

大麦はその昔、刑務所の受刑者が食べていたり、貧乏な人が食べたりしている印象からイメージの悪い食材として知られていました。しかし、現在では健康食品として注目され始めています。ダイエット効果も期待できるため、女性から人気のある大麦。大麦の特徴や効果を詳しく見ていきましょう!
オフィスで座ってできる、簡単肩こり解消法と注意点

オフィスで座ってできる、簡単肩こり解消法と注意点

一日中パソコンとにらみ合っていたり、会議やプレゼンなどで緊張したりすると、肩に力が入ってしまうものですよね。肩こりは社会人にとって、常に付いて回る悩みといっても過言ではありません。そんな人たちのために、今回はオフィスで簡単にできる肩こり解消法をご紹介。これを抑えておけば、日々の仕事が少し楽になるかもしれません!
豆苗効果でよくなろう!美容効果も?食べ方の注意点とは

豆苗効果でよくなろう!美容効果も?食べ方の注意点とは

スーパーで通年を通して売られており、かいわれ大根のようなルックスをしている豆苗。リーズナブルである上に、栄養価が高いことでよく知られています。しかし、一体どんな効果があるのか知らない人は多いのではないでしょうか。今回は豆苗の効果と注意点を紹介します。
早食い注意!高まるリスクと対策方法まるっと紹介

早食い注意!高まるリスクと対策方法まるっと紹介

時間に追われる現代人の宿命か、早食いの方が増えています。柔らかいもの、食べやすいものが多くなったのも原因かもしれません。しかし早食いは太るだけではなく、さまざまな弊害を引き起こします。ここでは早食いの悪影響とその対策を調べてみました。早食いのリスクを知り、健康管理をしっかりとしましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部