2017年3月8日 更新

癒し効果だけじゃない!アロマオイルで女を上げる4つの方法

アロマを気軽に楽しめる、加湿器やライトなどがプレゼントとしても人気を博している昨今。意外と知られていないのは、アロマオイルには様々な用途があるということです。生活にアロマオイルを取り入れて、女子力をアップさせませんか?

45 view お気に入り 0

入浴やマッサージでアロマオイルの効果を存分に受け止める

 (7763)

アロマオイルは天然由来の自然治癒力を持っています。その効果を受け止めるためにおすすめなのが、アロマオイルを使ったマッサージや入浴です。エッセンシャルオイル(精油)は効能が凝縮されている分、刺激が強いものもあるので、マッサージや入浴に使う際にはキャリアオイル(希釈用の植物油)で希釈して使いましょう。

マッサージのポイントは、希釈したオイルを手の平で温めてから肌に薄くのばし、呼吸に合わせて優しくなでるように使うこと。アロマの香りに包まれながら筋肉を解すことができるので、より一層のリラックス効果が期待できます。

希釈したアロマオイルを浴槽に数滴入れると、入浴中も香りが楽しめます。湯船に浸かってゆっくりしたい時に試してみてはいかがでしょうか?

気分に合わせてアロマを選びましょう

 (7766)

アロマは、香りによって期待できる効果が少しずつ違います。たとえば、柑橘系の「ベルガモット」の香りは神経性の胃炎を和らげる効果があると言われています。他にも、安眠効果を狙うなら「ラベンダー」、イライラを鎮めたい時は甘い香りの「イランイラン」など、場面によって使い分けるものアロマの楽しみ方の一つです。

お肌の細胞を活性化させるアロマオイル

 (7769)

アロマオイルの中には、肌の健康を保つものや、肌を美しくする効能を持つものもあります。ニンジンの原種の種子を原料につくられた「キャロットシード」というアロマオイルには、皮膚を再生し、細胞を活性化させる働きがあります。

お肌のシミやそばかすが気になる方におすすめなのは「ネロリ」。ビターオレンジの香りで気持ちも明るくなります。化粧品の材料としても使われている「ローズウッド」は、肌質を選ばず使えるのが人気の理由です。

アロマは女らしさをサポートする強い味方

ローズから抽出されるアロマオイルの中でも、「ローズオットー」は女性ホルモンの働きをサポートしてくれるので、女子力を高めたい方にはぴったりのアロマと言えるでしょう。

紅茶のような香りの「クラリセージ」には、PMS(月経前の辛い症状)を和らげる効果があると言われています。体の調子を整え、美容効果もあるアロマオイルはいろいろな種類があるので、自分に合うものを見つけて、日々の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。
11 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

甘いものが大好き!でも太りたくない、キレイでいたい!糖分摂りすぎ回避のためにできること

甘いものが大好き!でも太りたくない、キレイでいたい!糖分摂りすぎ回避のためにできること

甘いものには目がない!という女性は多いかと思いますが、糖分の摂りすぎがダイエットの大敵なことは皆さんご存知ですよね。糖分(糖質)は脳や体のエネルギーとなる人間にとって欠かせない栄養素ですが、実は、過剰に摂取すると肥満だけでなく肌、骨などの老化やさまざまな病気を引き起こす原因に……。今回はそんな糖分を摂りすぎないためにできる、日々の工夫についてお話しします♪
寝ながらできる、おすすめエクササイズ!運動が苦手でも簡単にカロリー消費できる!

寝ながらできる、おすすめエクササイズ!運動が苦手でも簡単にカロリー消費できる!

健康的な体作りのため、エクササイズをやりたい!けれど、運動は苦手……という人は多いのではないでしょうか。そんな方のために、寝ながらでも簡単にカロリーが消費できるエクササイズについてご紹介します。ゴロゴロしながら健康的になりたいという、贅沢な願望を持っている人は必見ですよ!
細胞の生まれ変わり「ターンオーバー」を意識して、健康・キレイをつくろう!

細胞の生まれ変わり「ターンオーバー」を意識して、健康・キレイをつくろう!

肌の細胞が代謝によって定期的に生まれ変わる「ターンオーバー」。このリズムの乱れは肌のごわつきや、くすみ、ニキビなどの厄介なトラブルを引き起こします。肌の健康のためには外部の刺激から肌の細胞を守り、ターンオーバーのリズムを正常に保つことが大切です。
ストレスをためない日常のための12の法則

ストレスをためない日常のための12の法則

日常生活を送るなかで、ストレスは常についてまわるもの。しかし、余りにストレスをためこんでしまうと、心身に悪い影響を及ぼしてしまう可能性があります。 今回は、「ストレスをためないための12の法則」についてご紹介していきます。
その肌荒れ、乾燥肌だけじゃない?メイククレンジングの正しい方法

その肌荒れ、乾燥肌だけじゃない?メイククレンジングの正しい方法

仕事やお出かけの時はメイクが欠かせないですよね。そして、メイクをしたら忘れちゃいけないのがクレンジング! 皆さんはどのようにクレンジングしていますか? 間違ったクレンジングは思わぬ肌トラブルに繋がってしまう可能性があります。 今回は、意外と知らない「クレンジングの正しい方法」について、解説していきましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部