2017年2月7日 更新

光熱費が節約できてエコなやつ! 湯たんぽの活用方法

寒い冬には体をあたためてくれる湯たんぽ。エアコンやヒーターをつけたままで寝ると乾燥をして風邪をひくこともあります。しかし、なにもつけないと寒くて眠れないという人もいることでしょう。今回はそんな方にもおすすめの湯たんぽの活用術をレクチャーします。

46 view お気に入り 0

湯たんぽの使い方

Free photo: Hot Water Bottle, Bed, Warm - Free Image on Pixabay - 1739936 (7338)

一般的にポリ湯たんぽは約80℃、ゴム湯たんぽは約70℃が適温とされており、低温やけどにならないように、こまめに当てる場所を変えて使うと良いとされています。また、そのまま肌に当てずに、カバーやタオルを巻くことが推奨されています。

基本的に、湯たんぽにお湯をいれるときは、口元までしっかり入れましょう。少なすぎると、内部で気圧の変化が起こる可能性もあり危険です。正しい使い方を理解して、安全に使いましょう。

湯たんぽがない方は、ペットボトルにお湯を入れれば、湯たんぽのように使用することができますが、お湯に耐えられるタイプを使うことをオススメします。

入浴後の冷えは湯たんぽで撃退する

 (7339)

寒い冬は、帰宅したらすぐに熱いお風呂につかるかたは多いのではないでしょうか。外から帰宅したときの体が冷えた状態では、体の表面歯科温まらないので深部は冷えたままの場合が多いです。そのため、お風呂に入る前に湯たんぽで、腰やお腹などの体感部を温めてから入るのが重要になります。また、手先よりもお腹やお尻、太ももなどを温めてあげるとすぐに体内がぽかぽかしてきます。

湯たんぽは安眠や生理痛にも使える

Free photo: Sleeping, Tired, Bed, Feet - Free Image on Pixabay - 1159279 (7340)

寝る前に湯たんぽを布団のなかに入れて温めておくのがおすすめです。この際、温めておく位置がポイントで、お尻の位置に入れておくようにしましょう。もちろん熟睡するためには手先は大切なのですが、お尻を温めると全体の血の巡りが良くなるので効率が良いのです。
また、寝るときは抱き枕のように湯たんぽをお腹に抱えこんで寝るのもいいでしょう。手先がなかなか温まらない人は、二の腕に当ててみてください。さらに生理のときには、お腹や腰を湯たんぽで温めておけば、生理痛を軽減させることができます。

じんわりと温められるのが湯たんぽ

ストーブやエアコンで一気に温めるのも良いですが、時間が経つにつれてゆるやかに温度が下がる湯たんぽの方が、直接的に体内に働きかけてくれるので体にも良いのです。血行の悪さが原因で引き起こる、肩こりや腰痛も湯たんぽをあてると和らぐとされています。さっそく生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。
11 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

お薬手帳を活用して、薬の重複投与リスクを避けよう

お薬手帳を活用して、薬の重複投与リスクを避けよう

ポリファーマシーといわれる重複投与が問題視されています。必要以上の薬を服用することは、健康被害を引き起こすリスクを高めます。この重複投与の予防には「おくすり手帳」が有効なので、おくすり手帳の有用性をご紹介し、健康被害を回避することに、役立てていただきたいと思います。
薬の「相互作用」、予防にはお薬手帳を活用しよう

薬の「相互作用」、予防にはお薬手帳を活用しよう

同時に複数の薬を服用すると、薬の効果が「相互作用」によっては変化することがあります。この相互作用には、重複、対抗、変化と3種類あります。 この相互作用によって変化した薬が人体に良い影響を及ぼすということは稀で、ほとんどの場合は有害です。 そこで3種類の相互作用とその予防法についてご紹介します。
あなたの薬の飲み方、あってますか?基本的な知識を復習しよう

あなたの薬の飲み方、あってますか?基本的な知識を復習しよう

薬の服用は、必ず水分と一緒に薬を飲むことが基本です。手元に水がないからという理由で、無理やり飲み込んだり、水以外の飲み物で飲んだりしていないでしょうか。薬は正しく服用しないと、効果が出なかったり、予期せぬ副作用を引き起こしたりしてしまうこともあります。今回は薬を正しく服用するための、「薬の飲み方」についてご紹介します。
しっかり書いて「もしも」に備える、お薬手帳の活用例まとめ

しっかり書いて「もしも」に備える、お薬手帳の活用例まとめ

みなさんはお薬手帳を持っていますか?持っていてもその重要性は意外と認識されていないのではないでしょうか。そもそもお薬手帳とはどう使うのか、実はあまり理解していない方が多いように思われます。 お薬手帳に「情報」を記載することで、いざという時に命を救われるかもしれません。「めんどくさい」「そのうちに」と考えている方にぜひ知ってほしい、お薬手帳の活用例をご紹介したいと思います。
活用しないのはもったいない!お薬手帳の4つのメリットを解説

活用しないのはもったいない!お薬手帳の4つのメリットを解説

「お薬手帳」という名前を一度は聞いたり、薬局でもらったりしたことある方、多いのではないでしょうか。しかし、正しい使い方や使うことのメリットなど、詳しく調べたりしたことありますか?お薬手帳を使用することは、ご自身の体、健康を守ることでもあるのです。ここでは、お薬手帳を使うことのメリットをご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部