2016年12月28日 更新

太りたくないけどクリスマスケーキを楽しみたい?選び方教えます

12月に入り、街はクリスマスムード一色。クリスマスに欠かせないものといえば、ケーキ。しかし欲望に任せてついケーキを食べ過ぎてしまうと、忘年会シーズンの太りやすい季節の体重増加に追い打ちをかけてしまうことも。今回は「太りたくないけどクリスマスケーキを楽しみたい」という方必見のクリスマスケーキの選び方のコツを教えます。

82 view お気に入り 0

脂肪はなぜつくの?

Free photo: Belly, Body, Clothes, Diet, Female - Free Image on Pixabay - 2473 (4560)

炭水化物が体内に入ると、血液中に存在するブドウ糖の量(血糖値)が上がります。血糖値が上がると、すい臓からはインシュリンが分泌されます。インシュリンは糖をエネルギーとして筋肉や臓器などに送る一方で、使われなかった分を脂肪に溜め込んでしまう性質があります。そのため、ケーキ(糖分)を食べ過ぎると、インシュリンの働きが追いつかず太ってしまうのです。これが体に脂肪がつく仕組みです。

ケーキが太りやすい理由と対策法

Free photo: Baked Goods, Cakes, Chocolate - Free Image on Pixabay - 1846461 (4562)

ケーキが太りやすいとされるいちばんの理由は、その炭水化物の量にあります。スポンジのおもな材料は小麦粉ですが、スポンジの外側を覆うホイップクリームにも大量の砂糖が使われています。小麦粉も砂糖もどちらも炭水化物であり、ケーキを口にすることで一度に大量の炭水化物を摂っているということになります。また、ホイップクリームは脂質がメインになっていますが、炭水化物と脂質の組み合わせもあまり良くありません。炭水化物を多く摂ることにより血糖値が急上昇すると、脂肪の分解を助けるホルモンの働きが邪魔されてしまいます。つまりホイップクリームの砂糖と乳脂肪という組み合わせは、体に脂肪として蓄えられやすい要素なのです。

おすすめケーキとカロリー比較

Free photo: Pastry, Cake, Cream, Dessert, Food - Free Image on Pixabay - 1785061 (4563)

それでは、どんなケーキを選ぶと良いのでしょうか? まずは太る危険性が高いといわれる、ショートケーキと比較しながら見ていきましょう。

・ショートケーキ
食品成分表のショートケーキは、100g当り344kcalです。

・タルト
食品成分表によると、タルトは100g当たり293kcalです。タルトには生クリームではなく、卵と牛乳から作られるカスタードクリームが使われているので、その分脂質が少なくタンパク質の量が多くなります。またフルーツがたっぷりとトッピングされたタルトであれば、ビタミンもしっかり摂れます。

・シフォンケーキ
シフォンケーキは一見してボリュームがありますが、スポンジ内には空気を多く含んでおり、卵が多めに使用されているのでタンパク質の比率が高いのが特徴です。

・ティラミス
マスカルポーネチーズ(タンパク質)が主体なので、通常のスポンジケーキよりも炭水化物の量はずっと少ないと考えられるでしょう。

ケーキを食べる時間にも注意!

 (2322)

通常、クリスマスケーキは、夜のパーティ時に食べることが多いでしょう。家族や友人、恋人とケーキを囲みながら和気あいあいと過ごすのは、パーティの醍醐味かもしれません。しかし、夜に食べすぎてしまうのは注意が必要です。なぜならば、BMAL1(ビーマルワン)という脂肪を溜め込む働きをする体内物質の分泌がもっとも多い時間帯が午後10時~深夜だからです。この時間帯に炭水化物や脂質を大量に含んだものを食べると、太りやすくなってしまいます。逆にBMAL1がもっとも少ない時間帯は午後3時~6時の間。どうしても食べたい時は、3時のおやつに食べるのがベストでしょう。

ちょっと意識するだけでも違う

クリスマスケーキも普段ならスポンジケーキを買うところをタルトにしてみたり、パーティの時間帯を夜帯ではなく3時のおやつの時間に合わせてみたりなど、少しだけ気を使うことで罪悪感なくケーキを楽しむことができるでしょう。せっかくの年末イベントはぜひとも工夫をしながら、温かい時間を過ごしてください。
15 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【ワセリンの魅力②】意外と知らない、ワセリン「10の活用法」

【ワセリンの魅力②】意外と知らない、ワセリン「10の活用法」

日常生活のさまざまなシーンで役に立つワセリン。小さいころから馴染みがあるという方も多いのではないでしょうか? 今回は、そんなワセリンの意外とまだ知られていない10つの活用術をご紹介します。自宅にワセリンがあるという方はもちろん、これから手に入れるという方も低価格で利用価値の高いワセリンをさっそく試してみましょう。
【ワセリンの魅力①】冬に大活躍!ワセリンの基礎知識

【ワセリンの魅力①】冬に大活躍!ワセリンの基礎知識

冬の必需品ともいえるワセリン。コスパも良く肌にも低刺激なので、日常的に使っているという人も多いのでないでしょうか。実は、保湿対策以外にもワセリンの使い方はたくさんあるのです。今回は、ワセリンについての基礎知識をご紹介します。
冬の体調管理は、血圧と感染症への配慮がカギ!

冬の体調管理は、血圧と感染症への配慮がカギ!

夏は熱中症や日焼けなどの対策が必要ですが、冬も同じく健康管理が必要な季節なのはご存知でしょうか。冬の寒さは、人間の体にはかなりの負担がかかっており夏よりも体力を消耗しやすく、知らずのうちに疲れていることが多いです。今回は冬の体調管理についてポイントをご紹介します。
冬こそ注意!女性に多い「膀胱炎」の対策を!

冬こそ注意!女性に多い「膀胱炎」の対策を!

「膀胱炎」は膀胱と尿道の距離が近いために女性に多く発生し、大腸菌などの菌が侵入しやすいことで起こります。また、女性は冷え症になりがちで免疫力が弱まりがち。そのため特に冬には「膀胱炎」を誘発しやすいのです。今回はそんな「膀胱炎」の対策をご紹介いたします。しっかり学んで寒い冬の時期の「膀胱炎」に備えましょう。
お薬手帳がアプリに!アプリを選ぶポイントと比較

お薬手帳がアプリに!アプリを選ぶポイントと比較

PCよりもスマートフォンで、インターネットやアプリを利用する人が多い時代になりました。処方された薬や服用履歴、副作用暦を記録するおくすり手帳にも、時代の波は押し寄せてきており、紙からアプリへの電子化を進める上で、厚生労働省がアプリの仕様を共通化する方針を決定しました。そこで、おくすり手帳アプリを選ぶポイントと各社の比較をご紹介します。
スクヨカ編集部 | 1,289 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部