2017年2月8日 更新

その痛み、本当に痛い?脳や心が痛みの原因を作り出すことも

「慢性痛」という言葉は聞いたことはありますか? 聞いたことがないあなたも、もしかしたら原因不明の慢性化した痛みに悩まされているかもしれません。今回は、「慢性痛」のメカニズムと向き合い方をご紹介します。少しでも症状がある方は参考にしてみてください。

321 view お気に入り 0

「慢性痛」は緩和できる?

Free photo: Conceived As, Mano, Bulbs, Light - Free Image on Pixabay - 1112455 (7323)

「慢性痛」とは体で痛みを感じているのではなく、そのほとんどは脳や心で痛みを感じている病気です。予防をすることはできないのですが、脳の受け取りかたひとつで緩和できるという可能性も秘めています。
痛みが脳へ入力する段階で、その痛みの気を散らして少しでも緩和させてしまう手段を摂れれば、あまり痛みを感じなくて済むのです。そういう時間をなるべく多く作ったり、数ヶ月など長い期間行うと、脳は記憶を失う能力があるので、脳が痛みを忘れてしまうのです。これが、最近の「慢性痛」の緩和手段とされています。

「慢性痛」は表裏一体

Free photo: Head, Brain, Thoughts, Human Body - Free Image on Pixabay - 1965666 (7322)

「病は気から」という言葉があるように、心の状態は体に強く影響を与えます。
近年では、身体的アプローチだけではなく精神分野からのアプローチは必要不可欠であり、両面から治療を行うのが望ましいとされています。
また、痛みは不快感があるだけではなく、体の異常を表す信号のようなものです。そして、突然起こる痛みに不安になり、誰にも相談できない状態が続くと、心の痛みが体に現れることが多々あります。

痛みは大きく分けて「急性疼痛」と「慢性疼痛」の2種類で、前者は6ヶ月未満の持続期間で身体的因子の要因が強く、後者は心理的な因子が強いとされています。痛みが長引くほど、心理的要因が強くなり、神経症的な傾向が強くなります。

痛みに対する精神分野からのアプローチ

Free illustration: Stress, Relief, Help, Sign, Relax - Free Image on Pixabay - 1277561 (7324)

「慢性痛」は日常生活にさほど支障がない程度のものから、集中力欠如や睡眠障害に至るまで、人によりさまざまなケースがみられます。そのため、その対処法には人に合わせたアプローチが求められています。心因性の「慢性痛」は、不安や怒りなどの無意識の心理状態が、その状態と向き合うことを避けるために引き起こしているといわれています。強いストレスやトラブルにより自律神経や内分泌系に不調を来しているのです。視点の転換や自己の感情のコントロールができてはじめて改善に向かうことになります。

ストレスの発散方法を見つけましょう

今回ご紹介したように、「慢性痛」は体の痛みと心の痛みに配慮した総合的な治療が必要とされています。痛みが精神的な物である場合、患者の9割が完治するといわれており、患者自身が心と体の関係に気付いて、生活習慣のなかできちんと気持ちの切替えができるようになれば、改善することができるのです。
12 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日常生活で耳鳴りが・・・正常な耳鳴りと病気の耳鳴りの違いとは

日常生活で耳鳴りが・・・正常な耳鳴りと病気の耳鳴りの違いとは

実際には音がしていないのに音が聞こえている気がしたら、耳鳴りかもしれません。「キーン」などという高い金属音に例えられることも多いようです。生理的な耳鳴りというものもあり、音のない場所で耳鳴りが聞こえるのは正常な反応です。しかし、常に耳鳴りが聞こえると言うのは病気が原因かもしれません。今回は耳鳴りについて調べてみました。
高血圧は大病のもと!原因と対策4選

高血圧は大病のもと!原因と対策4選

日本にはおおよそ780万人いるといわれている、高血圧患者。65歳以上の約6割が発症しているといわれている病気です。高血圧とは血圧の高さから血管に負担がかかり、血管の内壁が傷ついたりする症状です。放置すれば動脈硬化や心筋梗塞といった大病を引き起こすため注意が必要です。今回は高血圧を防ぐための原因と対策をご紹介いたします。
飛行機、車、バスでもなり得る!? 「エコノミー症候群」の症状と予防策

飛行機、車、バスでもなり得る!? 「エコノミー症候群」の症状と予防策

よく耳にする機会も多い「エコノミー症候群」は、その名の通り、狭い空間に同じ体勢で長時間過ごした時に生じやすいことからいわれています。夏休み目前、乗り物に長時間乗って出かける機会も増えるので気をつける必要がありますよね。特に車では渋滞などにハマると同じ姿勢で何時間も、なんてことも避けられないかもしれません。今回は、その症状と予防策についてご紹介します。
アトピー以外のアレルギーがどんどん増加している理由とは

アトピー以外のアレルギーがどんどん増加している理由とは

現代の日本人の約20%以上の人がなにかしらのアレルギーを持っており、現代病のひとつといわれています。しかし、アレルギーという言葉は知っていてもそのメカニズムを詳しく語れる人は少なく、よく理解されてないことも事実です。今回はアレルギーの症状とその対策である予防法をご紹介します。
新生活・新社会人が新しい人間関係のストレス解消にできること

新生活・新社会人が新しい人間関係のストレス解消にできること

進学や新社会人、人事異動によって新しい環境の生活が始まることが多い時期です。環境が変わると身体だけでなく心にも負担がかかってきます。特にストレスを招きやすく複雑なことが多い人間関係。新生活を順調にスタートさせるために頑張ることも大切ですが、ストレスを解消する方法を知り、前向きに過ごす秘訣をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部