2017年4月4日 更新

赤ちゃんによくある肌荒れ、「乳児湿疹」とは?特徴と原因は?

大人と比べるとバリア機能が脆弱な赤ちゃんの肌には、様々なトラブルが起こります。その中でもよくあるのが「乳児湿疹」です。乳児湿疹には様々なタイプのものがあり、中には赤ちゃんの命に危険が迫ってしまうものあります。そうした事態を未然に防ぐためにも、一体乳児湿疹にはどんな種類があるのか、ここで確認しておきましょう。

29 view お気に入り 0

乳児湿疹の種類と特徴とは?

 (8104)

乳児脂漏性湿疹

母親からの女性ホルモンの影響で皮脂の分泌が多い新生児に、多く見られるタイプの湿疹です。顔や頭に黄色がかったかさぶたのようなもの、又はフケのようなものがでるのが特徴で、生後4ヵ月頃までに現れやすいです。炎症を起こしてしまうと赤く腫れあがったりしてしまいますが、基本的にかゆみはありません。

新生児にきび

乳児脂漏性湿疹と並んで、赤ちゃんに最も多く見られる湿疹です。乳児脂漏性湿疹同様、皮脂の分泌が多い赤ちゃんに発生しやすく、生後1週間~1ヵ月の間によく見られます。頰や額に思春期のにきびのような赤いおできが現れますが、常に清潔にしておけば生後2ヵ月くらいで自然と治まっていきます。

あせも

ねんね期の赤ちゃんに多く見られ、夏場に発生しやすいのが特徴です。新生児の場合は白いぼつぼつ、それ以降の年代では赤いぼつぼつとなって現れます。かゆみがあり、爪でひっかくと「とびひ」という膿がでてくる状態になってしまうこともあるため要注意です。

注意しなければならない乳児湿疹とは?

 (8113)

湿疹の中でも、最も注意しなければいけないのが「食物アレルギーによって起きる湿疹」です。発症すると、口周辺や全身に赤い発疹が発生する他、呼吸困難や嘔吐、下痢といった症状が起こり、命に危険が迫ってしまう場合もあるのです。

症状発生の原因は、アレルゲンとなる食物(主に卵、小麦、大豆、牛乳)を食べることで現れます。こういった特定の食物に対するアレルギーの形成は胎児の頃から始まるため、妊娠中から母親は上記した4食品の過剰摂取は控えるなど、注意をしておいた方が良いかもしれません。

乳児湿疹を防ぐには…

 (8116)

例外はありますが、乳児湿疹を防ぐためには赤ちゃんを清潔にしておくことが大切です。「しっかりと毎日入浴させる」「汗をかいたらすぐに着替えさせる」「着るものは常に清潔なものにしておく」ことに関しては、常に心がけておくことが大切です。

赤ちゃんの異変を見逃さないようにしよう

乳児湿疹を予防する、発症したとしても悪化させないために、常日頃から赤ちゃんの様子には気を配っておくようにしましょう。
16 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ニキビでわかる身体の不調、一挙紹介!

ニキビでわかる身体の不調、一挙紹介!

ニキビが顔にできても、「目立つから嫌だな」と思う程度で、余り深刻にとらえる人はいないのではないでしょうか。しかし、実はそのニキビ、あなたの身体に異変が起こっているサインかもしれません。あのとき気付いていれば……と後悔する前に、ここで顔にできるニキビが何を意味しているか、しっかり確認しておきましょう。
高齢者だけじゃない!赤ちゃんにも注意したい「誤涎性肺炎」とは

高齢者だけじゃない!赤ちゃんにも注意したい「誤涎性肺炎」とは

「誤涎性肺炎」 という言葉を聞いたことがある人はあまり多くないかもしれません。飲み込んだ食べ物などが食道に誤って入り、その食べ物に付着した細菌が感染して起こる肺炎で、高齢者や赤ちゃんに多い病気とされています。ここでは「誤涎性肺炎」の症状や注意点などを見ていきます。
新生活・新社会人が新しい人間関係のストレス解消にできること

新生活・新社会人が新しい人間関係のストレス解消にできること

進学や新社会人、人事異動によって新しい環境の生活が始まることが多い時期です。環境が変わると身体だけでなく心にも負担がかかってきます。特にストレスを招きやすく複雑なことが多い人間関係。新生活を順調にスタートさせるために頑張ることも大切ですが、ストレスを解消する方法を知り、前向きに過ごす秘訣をご紹介します。
「小1の壁」、子どものストレスに気をつけて!連休後に不登校にさせないポイント

「小1の壁」、子どものストレスに気をつけて!連休後に不登校にさせないポイント

小学生になると、それまでの生活環境とまるっきり変わってしまい、子どもの不安は増加します。「小1の壁」とは小学生に上がったばかりの子供たちが新生活でストレスを受けることを指します。連休明けに子どもが不登校にならないように今回はポイントをまとめました。
甘いものが大好き!でも太りたくない、キレイでいたい!糖分摂りすぎ回避のためにできること

甘いものが大好き!でも太りたくない、キレイでいたい!糖分摂りすぎ回避のためにできること

甘いものには目がない!という女性は多いかと思いますが、糖分の摂りすぎがダイエットの大敵なことは皆さんご存知ですよね。糖分(糖質)は脳や体のエネルギーとなる人間にとって欠かせない栄養素ですが、実は、過剰に摂取すると肥満だけでなく肌、骨などの老化やさまざまな病気を引き起こす原因に……。今回はそんな糖分を摂りすぎないためにできる、日々の工夫についてお話しします♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部