2017年4月26日 更新

甘いものが大好き!でも太りたくない、キレイでいたい!糖分摂りすぎ回避のためにできること

甘いものには目がない!という女性は多いかと思いますが、糖分の摂りすぎがダイエットの大敵なことは皆さんご存知ですよね。糖分(糖質)は脳や体のエネルギーとなる人間にとって欠かせない栄養素ですが、実は、過剰に摂取すると肥満だけでなく肌、骨などの老化やさまざまな病気を引き起こす原因に……。今回はそんな糖分を摂りすぎないためにできる、日々の工夫についてお話しします♪

24 view お気に入り 0

普段の習慣を見つめ直して少しの我慢を

 (8416)

普段何気なく摂っている甘いものを、少しだけ意識して我慢してみるようにしましょう。ここでいう我慢とは、甘いものを一切摂らないなどの過度の制限でなくて構いません。例えば、いつもコーヒーに2つ入れている砂糖を1つにする(あるいは、ミルクのみを入れる)、食後のデザートを砂糖たっぷりのスイーツではなくフルーツに切り替える、といったことでOKです。

そういった小さな我慢を積み重ねていけば自然と糖分の摂取量が減り、糖分がなくてはならない体質が少しずつ改善されていきます。

たんぱく質を積極的に摂取する

 (8419)

腹もちがよいたんぱく質を普段の食事で意識的に摂ることで、「小腹が空いたからおやつを食べよう」という気持ちが起こるのを防ぐことができます。たんぱく質が豊富に含まれるのは肉や卵、豆類、ナッツなど。筋肉や血液、骨はもちろん、肌や髪、爪などもたんぱく質から作られるため、美容面においてもたんぱく質の積極的な摂取は効果的です。

善玉菌を増やして腸内環境を整える

 (8422)

普段から甘いものをたくさん食べる場合、体が糖分に依存している可能性があります。そのような体質を改善するためには、糖分を欲しがる悪玉菌の数を減らして善玉菌を増やすことが重要です。ヨーグルトや味噌など善玉菌が含まれる食品を積極的に摂り、腸内環境を整えましょう。

過度な制限はかえって体に悪影響となるので注意

糖分の摂りすぎを控えるのは大切なことですが、ストイックすぎる制限を行ってストレスを感じるようになってしまっては本末転倒です。また、冒頭でお話しした通り糖分は脳や体のエネルギー源となる大切な栄養素のため、過度な制限を行うとさまざまな不調を引き起こします。あくまで過剰な摂取を控えるという意識で、できることから徐々に取り組んで健康的な体を手に入れましょう!
11 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「小1の壁」、子どものストレスに気をつけて!連休後に不登校にさせないポイント

「小1の壁」、子どものストレスに気をつけて!連休後に不登校にさせないポイント

小学生になると、それまでの生活環境とまるっきり変わってしまい、子どもの不安は増加します。「小1の壁」とは小学生に上がったばかりの子供たちが新生活でストレスを受けることを指します。連休明けに子どもが不登校にならないように今回はポイントをまとめました。
相乗効果?相殺効果?食べ合わせを考えて、美味しく健康食生活!

相乗効果?相殺効果?食べ合わせを考えて、美味しく健康食生活!

皆さんはお味噌汁に「わかめとねぎ」を入れてはいませんか?その食べ方、実は損をしているかもしれません。普段の食事でやりがちな食べ合わせにも実は損をしている合わせ方が数多く存在しています。しかしその逆に、一緒に食べることで効果がアップする組み合わせも数多くあるのも事実。今回はそんな食べ合わせについて見ていきましょう。
新生活・新社会人が新しい人間関係のストレス解消にできること

新生活・新社会人が新しい人間関係のストレス解消にできること

進学や新社会人、人事異動によって新しい環境の生活が始まることが多い時期です。環境が変わると身体だけでなく心にも負担がかかってきます。特にストレスを招きやすく複雑なことが多い人間関係。新生活を順調にスタートさせるために頑張ることも大切ですが、ストレスを解消する方法を知り、前向きに過ごす秘訣をご紹介します。
最新技術の弊害、「テクノストレス」とは?症状と解消法は?

最新技術の弊害、「テクノストレス」とは?症状と解消法は?

IT化が進み現在は家庭にも職場にもパソコンは必須な時代となっています。便利で生活を快適なものにしてくれるコンピュータですが、その半面コンピュータによってもたらされる精神的な症状である「テクノストレス」が問題となっています。このテクノストレスとは一体どういったものなのでしょうか。
オフィスで座ってできる、簡単肩こり解消法と注意点

オフィスで座ってできる、簡単肩こり解消法と注意点

一日中パソコンとにらみ合っていたり、会議やプレゼンなどで緊張したりすると、肩に力が入ってしまうものですよね。肩こりは社会人にとって、常に付いて回る悩みといっても過言ではありません。そんな人たちのために、今回はオフィスで簡単にできる肩こり解消法をご紹介。これを抑えておけば、日々の仕事が少し楽になるかもしれません!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部