2016年10月25日 更新

早起きは三文の得と言われる本当の理由5つ

「早起きは三文の得」という言葉があるように、古人の知恵とは筋が通っている物です。早起きすることで思いがけないメリットが多く存在するのですが、実際には早起きが苦手な人もおり、できれば少しでも寝ていたいという声も少なくはないでしょう。今回は昔からのいわれにあるように「早起きが三文の得」といわれる5つの根拠に迫ります。これを読めば明日から早起きがしたくなるかもしれません。

48 view お気に入り 0

脳が活性化する

 (226)

朝早起きすると時間に余裕ができるので、朝食を抜くことも少なくなるでしょう。しっかりよく噛んで食事をすることでだ液の分泌が促されるので、糖の吸収率がよくなり、脳が活性化するようになります。また時間に追われているのではなく、時間に余裕がある状態だと心にも余裕がでるので、焦って物事を進めるといったようなストレスを感じにくいのも大きなメリットです。心にゆとりがあると、事故や忘れ物を防止しやすいのも特徴でしょう。頭の回転が早くなる、といった意味でも早起きには利点があります。

生活リズムが改善される

 (229)

早起きには生活リズムを正しくする効果があります。眠りのために必要なメラトニンの分泌は日光を浴びることで助長され、メラトニンが多く分泌されればその日の夜は良く眠れるといわれています。これにはメラトニンが分泌されるのが、日光を浴びてから15時間後という時間も関係しています。毎日決まった時間に起き、メラトニンを分泌させることで眠りの質も変わってくるのです。

時間を有効活用できる

 (422)

精神的にも余裕のある状態で1日をスタートさせると、仕事が始まる時間には脳がフル活動できる状態になっています。効率良く作業がはかどれば、その分仕事を巻くことができるのでプライベートを充実させることに繋がるかもしれません。

便秘が解消する

 (419)

早起きすると時間に余裕ができ、朝食も食べられます。朝食を摂取すると体温が上がるので、腸が正常に動き出し、自然な便意を感じるようになるのです。朝食を食べることで、排便が習慣化しやすくなり便秘の解消になるのはうれしいポイントですね。

肌のターンオーバーが見込める

 (420)

早起きをすると自然と早寝の習慣が身につきます。肌のターンオーバーを助ける成長ホルモンが多く分泌される時間は、22時〜2時といわれていますがこの時間内に寝るのが美肌への近道です。早起きをすることで、この時間帯には自然と眠くなるケースが多く、良い睡眠サイクルになります。

まとめ

 (421)

早起きを習慣付けることは、慣れないうちは少々辛いかもしれません。しかしこのようなメリットを考えるとモチベーションが上がってくるのではないでしょうか。精神的にも健康にも良いものなので、早起きをライフスタイルの一部に取り入れてみるのがオススメです。
18 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部