2017年3月23日 更新

美容と健康に悪影響!夜更かしをするデメリット

夜更かしが体に良くないことは知られていますが、昔と違い、24時間明かりをつけて生活できる現代社会ではつい就寝時間が遅くなってしまいがちです。では夜更かしはどんなふうに美容と健康に悪影響を与えるのでしょうか。今回は夜更かしが与えるデメリットについて調べてみました。

220 view お気に入り 0

夜でも明るいとつい夜更かしに

Free photo: Paris, France, Eiffel Tower, Night - Free Image on Pixabay - 1836415 (7408)

江戸時代の頃の日本は、暗くなるとすぐに眠るため一日二食だったそうです。その後、室内での灯りが発達して、起きる時間が長くなったので、一日三食になったのだとか。そう考えると、あかりが一晩中ついている現代社会では、いつまでも起きてしまいがちです。寝不足のまま朝を迎えると、一日のパフォーマンスが最高にはなりません。また、うっかり遅刻してしまう、などのリスクも予測できます。

夜更かししていると、必然的にお腹も空くでしょう。しかし、就寝前に何かを食べると、太るだけではなく、質のいい睡眠を確保できないというデメリットもあるので注意が必要。夜更かしはほどほどにしておくべきです。

睡眠を確保して集中する方が良い

Free photo: Work, Desk, Computer, Night, Hacker - Free Image on Pixabay - 933061 (7409)

集中力の低下で仕事や勉強の効率が悪いとなると、どんなに長時間起きていても無意味です。それなら睡眠時間を確保し、残りの短時間で効率よく仕事をするべきです。効率の悪い状態で、だらだらと仕事をしては意味がないでしょう。仕事が残っているときなどは気になって起きてしまうかもしれませんが、質のいい睡眠は質の良い作業効率を生み出してくれると考えて、思い切って眠るのがベターです。
夜更かしすることで、結果的には仕事や勉強にも支障が出てしまうことを忘れないようにしましょう。

夜更かしと美容の関係

 (6511)

女性なら気になるのが、夜更かしと美容の関係です。よくいわれているように、肌のゴールデンタイムは、夜の10時~深夜2時までと言われています。この時間に睡眠を確保できているかどうかで、美容への影響は変わってきます。
この時間は成長ホルモンが活発に働くと言われています。しかし、成長ホルモンは眠っているときに分泌されます。夜更かししていたら、成長ホルモンの効果を発揮できないのです。そのため、肌荒れを引きこしたり、不健康な顔色になったりします。

夜更かしは、極力避けるべし

今回は夜更かしと美容、健康についての関係をまとめてみました。夜は代謝が低下しているので、寝る前に何かを食べると体に負荷をかけます。食べてすぐ眠ると、その分はうまく消化されずに体に蓄積されるといわれています。美容のためにも、夜更かしは避けた方がいいでしょう。また、日中を最高のパフォーマンスで過ごすためにも、夜更かしをせずに早く眠るようにしましょう。
12 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

夏までに美脚を目指して! O脚を矯正してすらっと美人になろう!

夏までに美脚を目指して! O脚を矯正してすらっと美人になろう!

気温も安定し、今年もまた夏がやってきます。この時期気になるのが露出が増えること。今までは着込んで隠せば気づかれなかったパーツも、ごまかしが効かなくなります。ここでは、美脚に近づくための注意点やO脚を改善する方法をご紹介します。
もうすぐ梅雨、気分がのらない?雨の効果を知れば好きになるかも

もうすぐ梅雨、気分がのらない?雨の効果を知れば好きになるかも

梅雨の時期が近づくと憂鬱に感じる人も多いかもしれません。出かけるのに不便を感じたり、叙情的な気分になったりすることもあるでしょう。しかし雨にはたくさんのメリットがあることはご存知でしょうか。今回は梅雨時期に覚えておきたい、雨が人にもたらす効果についてまとめました。
日本人男性の3分の1はお酒の飲み過ぎ!?アルコールの摂りすぎとカラダへの影響とは

日本人男性の3分の1はお酒の飲み過ぎ!?アルコールの摂りすぎとカラダへの影響とは

WHO(世界保健機構)は「アルコールと健康2014」のなかで、アルコールの消費量が世界的に増加傾向にあると発表しました。実は日本人男性の3/1はお酒の飲み過ぎといわれており、健康のためにも注意が必要です。今回はアルコールがもたらす体への影響をまとめました。
甘いものが大好き!でも太りたくない、キレイでいたい!糖分摂りすぎ回避のためにできること

甘いものが大好き!でも太りたくない、キレイでいたい!糖分摂りすぎ回避のためにできること

甘いものには目がない!という女性は多いかと思いますが、糖分の摂りすぎがダイエットの大敵なことは皆さんご存知ですよね。糖分(糖質)は脳や体のエネルギーとなる人間にとって欠かせない栄養素ですが、実は、過剰に摂取すると肥満だけでなく肌、骨などの老化やさまざまな病気を引き起こす原因に……。今回はそんな糖分を摂りすぎないためにできる、日々の工夫についてお話しします♪
細胞の生まれ変わり「ターンオーバー」を意識して、健康・キレイをつくろう!

細胞の生まれ変わり「ターンオーバー」を意識して、健康・キレイをつくろう!

肌の細胞が代謝によって定期的に生まれ変わる「ターンオーバー」。このリズムの乱れは肌のごわつきや、くすみ、ニキビなどの厄介なトラブルを引き起こします。肌の健康のためには外部の刺激から肌の細胞を守り、ターンオーバーのリズムを正常に保つことが大切です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部