2017年4月7日 更新

背中のコリは内臓が疲弊しているサイン!?すぐできる解消法とは?

仕事などをしていると、背中にコリを感じてしまうことがありますよね。仕事をしている以上、ある程度は仕方ないと思ってしまうかもしれませんが、背中のコリは内蔵が疲弊しているというサインの可能性があります。身体の異変を見逃してしまわぬよう、ここで背中のコリにはどういった意味があるのか、確認しておきましょう。

326 view お気に入り 0

背中の右側にコリがある時

 (8339)

右肩甲骨

この部分は右利きであればよく動かす部分でもあるため、コリの原因もそこにあると考えてしまう人が多いです。もちろん、使いすぎによりコリが発生している場合もありますが、胃酸過多によりコリや痛みが発生している可能性もあります。もしも胃酸過多の場合は、背中のコリの他に胃のむかつき等の症状も出るため、気になる人は確認しておきましょう。胃酸過多は、食事の過剰摂取や、身体の冷えが原因とされているため、食生活の改善が必要です。

右肩甲骨の下

肩甲骨の下、ちょうど肋骨の辺りにコリや痛みを感じる人も少なくないのではないでしょうか。 そんな人は、肝臓疲弊を起こしている可能性があります。解消のためにはアルコール摂取を控えるなど、肝臓を休ませる必要があるため意識しておいてください。

背中の左側・下部にコリがある時

 (8345)

左肩甲骨

左肩甲骨は、ちょうど心臓の裏にあたる部分。ここにコリや痛みが生じる場合は、心臓に問題が発生している可能性があります。心臓の不調は命に直結するため、もしコリ・痛みなどの不調を感じる場合は、病院に行くことをおすすめします。

背中下部

背中の下、腰の上にあたる位置は、腎臓との関係が深い部分です。そのため背中下部にコリがある人は、腎臓に何らかの異変が起きている可能性があります。腎臓機能の低下は、むくみ・頻尿などの症状を引き起こしてしまうため、食生活を工夫するなどして腎臓を休ませてあげてください。

背中のコリを解消するストレッチをご紹介!

 (8351)

背中のコリを解消するため、ちょっとした運動をご紹介します。方法は簡単で、座った状態から手を後ろに伸ばした状態で組み、可能な限りで構わないので上げ下げを繰り返します。大体10回、3セット繰り返すと、背中のコリ解消の手助けになるでしょう。ただし、この運動は肩関節への負荷がかかるため、肩関節に痛みがある方などは注意が必要です。

背中にコリを感じたら、すぐに解消法を探すことが大切

背中のコリを感じたら、食生活を改善してみるなどすぐに解消法を模索してみることが大切です。ある程度は仕方ないといつまでも放置していると、病気にかかってしまう可能性もあるため、注意していきましょう
17 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

最新技術の弊害、「テクノストレス」とは?症状と解消法は?

最新技術の弊害、「テクノストレス」とは?症状と解消法は?

IT化が進み現在は家庭にも職場にもパソコンは必須な時代となっています。便利で生活を快適なものにしてくれるコンピュータですが、その半面コンピュータによってもたらされる精神的な症状である「テクノストレス」が問題となっています。このテクノストレスとは一体どういったものなのでしょうか。
新生活・新社会人が新しい人間関係のストレス解消にできること

新生活・新社会人が新しい人間関係のストレス解消にできること

進学や新社会人、人事異動によって新しい環境の生活が始まることが多い時期です。環境が変わると身体だけでなく心にも負担がかかってきます。特にストレスを招きやすく複雑なことが多い人間関係。新生活を順調にスタートさせるために頑張ることも大切ですが、ストレスを解消する方法を知り、前向きに過ごす秘訣をご紹介します。
「小1の壁」、子どものストレスに気をつけて!連休後に不登校にさせないポイント

「小1の壁」、子どものストレスに気をつけて!連休後に不登校にさせないポイント

小学生になると、それまでの生活環境とまるっきり変わってしまい、子どもの不安は増加します。「小1の壁」とは小学生に上がったばかりの子供たちが新生活でストレスを受けることを指します。連休明けに子どもが不登校にならないように今回はポイントをまとめました。
甘いものが大好き!でも太りたくない、キレイでいたい!糖分摂りすぎ回避のためにできること

甘いものが大好き!でも太りたくない、キレイでいたい!糖分摂りすぎ回避のためにできること

甘いものには目がない!という女性は多いかと思いますが、糖分の摂りすぎがダイエットの大敵なことは皆さんご存知ですよね。糖分(糖質)は脳や体のエネルギーとなる人間にとって欠かせない栄養素ですが、実は、過剰に摂取すると肥満だけでなく肌、骨などの老化やさまざまな病気を引き起こす原因に……。今回はそんな糖分を摂りすぎないためにできる、日々の工夫についてお話しします♪
健康グッズの効果が出ない人へ、疲れの取り方・注意点まとめ

健康グッズの効果が出ない人へ、疲れの取り方・注意点まとめ

通信販売や情報番組などで、美容や健康に絶大な効果があるというグッズが紹介されると、ついつい買ってしまうという方は多いですが、期待した効果を得られて満足した経験のある方はごくわずかなのではないでしょうか。健康グッズの効果を十分に得るためには、使用前にある準備をすることが大切です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部