2016年10月26日 更新

高血圧は大病のもと!原因と対策4選

日本にはおおよそ780万人いるといわれている、高血圧患者。65歳以上の約6割が発症しているといわれている病気です。高血圧とは血圧の高さから血管に負担がかかり、血管の内壁が傷ついたりする症状です。放置すれば動脈硬化や心筋梗塞といった大病を引き起こすため注意が必要です。今回は高血圧を防ぐための原因と対策をご紹介いたします。

87 view お気に入り 0

1.食生活の乱れ、塩分のとりすぎ

 (148)

高血圧のおもな原因のひとつに食生活の乱れが挙げられます。たとえば、お菓子やジャンクフードなど栄養バランスが悪いものを食べ過ぎたり、肉中心の生活など、乱れた食生活を継続してしまったりすると、高血圧の原因になってしまいます。塩分過多も高血圧の原因のひとつです。塩分を摂りすぎると血管内の水分量を増やそうと身体が働き、血液量が増えて心拍数が上がると血圧が上がるのです。もっとも大切なのは、バランスがとれた食事を心がけることでしょう。塩分を控えめにして、ビタミンやミネラルを意識して多く摂取するとベター。また塩分を排出する作用があるカリウム、高血圧予防に効果あるDHA、血圧を下げる効果があるタウリンなどを含む食品を摂ると症状が緩和されるでしょう。

2.運動不足、喫煙、飲酒、ストレス、睡眠不足

 (151)

生活習慣の乱れからくる、運動不足、喫煙、飲酒、ストレス、睡眠不足などの問題は高血圧とも密接に関係しています。しっかり運動をして、ぐっすり眠ることで身体のリズムを取り戻し、健康を意識しましょう。

3.遺伝的な要因や加齢

Free illustration: Dna, Deoxyribonucleic Acid, Dns - Free Image on Pixabay - 1500076 (385)

高血圧の原因として、遺伝や加齢といったものがあります。「本態性高血圧」と呼ばれる症状は、遺伝的な原因により、明らかな異常がなくても血圧が高くなってしまう傾向にあります。加齢により、高血圧が引き起こされることもあります。これらは規則正しい食事や運動、睡眠などで、症状を軽減することができます。

4.肥満

 (156)

体脂肪が多い肥満の人は、標準体型の人に比べて高血圧になる確率が高いのです。その確率は、1.5倍以上といわれています。肥満の人は食生活が乱れていることが多いので、ダイエットをする感覚というよりかは食事を正しいものに戻すように意識を持つことが大切です。バランスの良い食事と適度な運動で肥満が解消されることで、高血圧を予防したり、症状を緩和できます。

まとめ

 (436)

生活習慣病とも呼ばれる高血圧ですが、意外にも基本的なことを気をつけるだけで防げるものなのかもしれません。食生活の乱れや、不規則な生活を送っている人は、いま高血圧の心当たりがなくても早めに対策を立てることが大切です。
15 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

その痛み、本当に痛い?脳や心が痛みの原因を作り出すことも

その痛み、本当に痛い?脳や心が痛みの原因を作り出すことも

「慢性痛」という言葉は聞いたことはありますか? 聞いたことがないあなたも、もしかしたら原因不明の慢性化した痛みに悩まされているかもしれません。今回は、「慢性痛」のメカニズムと向き合い方をご紹介します。少しでも症状がある方は参考にしてみてください。
飛行機、車、バスでもなり得る!? 「エコノミー症候群」の症状と予防策

飛行機、車、バスでもなり得る!? 「エコノミー症候群」の症状と予防策

よく耳にする機会も多い「エコノミー症候群」は、その名の通り、狭い空間に同じ体勢で長時間過ごした時に生じやすいことからいわれています。夏休み目前、乗り物に長時間乗って出かける機会も増えるので気をつける必要がありますよね。特に車では渋滞などにハマると同じ姿勢で何時間も、なんてことも避けられないかもしれません。今回は、その症状と予防策についてご紹介します。
アトピー以外のアレルギーがどんどん増加している理由とは

アトピー以外のアレルギーがどんどん増加している理由とは

現代の日本人の約20%以上の人がなにかしらのアレルギーを持っており、現代病のひとつといわれています。しかし、アレルギーという言葉は知っていてもそのメカニズムを詳しく語れる人は少なく、よく理解されてないことも事実です。今回はアレルギーの症状とその対策である予防法をご紹介します。
新生活・新社会人が新しい人間関係のストレス解消にできること

新生活・新社会人が新しい人間関係のストレス解消にできること

進学や新社会人、人事異動によって新しい環境の生活が始まることが多い時期です。環境が変わると身体だけでなく心にも負担がかかってきます。特にストレスを招きやすく複雑なことが多い人間関係。新生活を順調にスタートさせるために頑張ることも大切ですが、ストレスを解消する方法を知り、前向きに過ごす秘訣をご紹介します。
暖かくなると増える食中毒を避けるために―原因と注意点

暖かくなると増える食中毒を避けるために―原因と注意点

季節が春めいてきて、いよいよ梅雨を目前にしています。梅雨どきから夏にかけては、細菌の増殖が活発になり食中毒に気をつけなければいけません。もっとも注意すべきなのが、牛肉に付着している「腸管出血性大腸菌」や「カンピロバクター」というもので特に子供や高齢者は避けましょう。ここでは食中毒の原因と注意点をレクチャーします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部