2017年1月18日 更新

「うつ病」の方、お薬手帳持っていますか?必要となる3つのシーン

最近、病院や薬局に行くとまずお薬手帳の提示を求められることが多いと思います。お薬手帳をお持ちですかと。お薬手帳は持っていると便利なことがたくさんあります。持っているだけではなく、管理もしておくと提示の際に助かることがあります。特に薬や医療の専門的な知識がない人には必須になってきます。今までの通院歴が説明しなくても一目で分かるのです。

73 view お気に入り 0

転院時に必要になるお薬手帳

Free photo: Coffee, Flowers, Notebook - Free Image on Pixabay - 1250409 (4250)

仕事や人間関係、マイホーム購入など引越しをすることがこれから絶対にないというわけではないですよね。遠方への引越しや、市内の引っ越しでも、今まで通っていた病院には遠いな、となると必然的に転院することになると思います。転院時にお薬手帳があると非常に便利になります。私は受付時に保険証などと一緒にお薬手帳を出します。初診の受付の時、もしくは受診時にお薬手帳の提示をすると、それを見るだけで今まで飲んでいた薬が一目瞭然なだけでなく、薬がわかることで今までの病気も大体分かるのでほとんど説明がいりません。先生からお薬手帳を見てちょっとした質問があるくらいだと思います。そして今までの治療歴がわかるからこそ治らなかったという場合は、今までとは違う治療法を選んでもらえることや、この薬が使えてこの薬が使えないというのも分かるので便利です。専門知識が無い人はこの薬がどんな効能があってどんな副作用があるなど分からないですし、飲み合わせでの良し悪しもお薬手帳の提示で一挙解決できます。

各種制度受給時にあると一目でわかる

 (2611)

身体障害や精神障害などで国の制度で補助金を受給して医療費の負担を軽減できることがあります。それらを受け取るには申請が必要で、申請をするにもいろいろと条件があります。病名はもちろんですが、初診からどのくらいの年月が経過しているか。世帯収入によっても受けられるかが変わってきます。この条件である病名と初診日がお薬手帳をしっかりと病院や薬局に行くたびに提示して、管理をしていれば、お薬手帳を見るだけでわかります。これらの制度は医療費が生活を圧迫している人を助ける制度です。申請するには、まずかかりつけのお医者さんに相談してみて病院から申請書をもらいます。そして先生に申請書の記入をお願いしてお近くの役所に提出となります。提出してから1か月ほどで受給者証が自宅に届きて、使えるようになります。ただし、受給者証を提示しないと使えませんし、特定の病気が対象の支援制度なのでどこの病院や薬局、どの病気でも使えるわけではないのでご注意を。

お薬手帳提示で助かること

 (2622)

お薬手帳は病院を受診するときや薬局で薬をもらうとき、薬剤師さんにお薬の相談をするときに必要になってきますがそれはなぜでしょう。お薬手帳を見るだけで今まで飲んだことのある薬を見て薬でのアレルギー症状が出たことが無いかを把握したり、今飲んでいる薬がないか、あれば今から出す薬との飲み合わせは大丈夫なのかを把握したり、今までどんな病気にかかってきたか、どんな病気にかかりやすいかを見ています。お薬手帳を見るだけでだいたいのことが分かるので、お医者さんに聞かれることは少なくて済みます。そして2016年の4月からはお薬手帳を提示するだけで、お薬代が安くなることがあります。全ての場合ではなく安くなる条件があるのですが、同じ薬局を利用することが前提です。かかりつけの薬局を作ることを推進することを目的としたことであるようです。ちょっとでもお薬代が安くなるのであればかかりつけの薬局を作るのは良いのかもしれません。

定期的に見直したいお薬手帳

お薬手帳は私たちの意外と知らないとこで必要となってきます。私は今まで服用したことのある薬を把握するためだけにあるのかと思っていました。しかし、条件によってですが薬が少し安くなったり、うつ病などの精神障害での医療費の軽減制度の申請時に必要になったり様々な時で活躍します。子供や高齢の方のお薬手帳は病院の回数が自ずと増えるので管理されていると思いますが若い大人の方も役に立つのでしっかり管理をしましょう。
11 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

水でも注意!薬を飲む時の落とし穴とは!?

水でも注意!薬を飲む時の落とし穴とは!?

ご家庭にあるミネラルウォーターサーバーで薬を飲む人も少なくないかと思いますが、薬との飲み合わせの相性はどうなのでしょうか。また、薬に適している水は硬水なのでしょうか軟水なのでしょうか。かかりつけの先生や、調剤の際の薬剤師聞いてみると良いでしょう。その際に活用できるのがお薬手帳です。病院に行く際には必ず必要となってくるものなので、お薬手帳に書いていればまず忘れにくいかと思います。
海外旅行に行くなら、持っていくべき薬とお薬手帳活用法

海外旅行に行くなら、持っていくべき薬とお薬手帳活用法

楽しい海外旅行先で、急な病気やケガにおそわれることがあります。病気などの健康面のトラブルは時間や場所を選んでくれません。楽しい旅行にするために備えて、体調を整えておくのも大切です。そして、常備薬がある人は忘れずに持参して、もしかしたら現地のクリニックを訪れることになるかもしれないので、お薬手帳も持参しましょう。お薬手帳の活用法をチェックします!
飲み会続き・ストレスで胃が痛い!市販の胃薬を買う時の注意点【お薬手帳メモ】

飲み会続き・ストレスで胃が痛い!市販の胃薬を買う時の注意点【お薬手帳メモ】

度重なる歓迎会や送別会、あるいは人間関係のトラブルで胃が痛いという人はいませんか。付き合いで断れず、さらにストレスが溜まるという悪循環もあることでしょう。通院する時間がないときに、市販の胃薬は心強い味方ですが、市販薬を飲むときには注意点があります。今回は市販の胃薬を購入するときの注意点と、お薬手帳の活用方法をご紹介します。
ジェネリック医薬品を服用する人のお薬手帳の使い方

ジェネリック医薬品を服用する人のお薬手帳の使い方

医師からの処方には先発薬とジェネリック医薬品とよばれる後発薬があります。先発薬の利用からジェネリック医薬品に変更した場合は、薬剤の過剰投与を避けるためには、お薬手帳の活用が便利です。使い方は処方箋薬局に忘れず持って行くだけ。それだけで安全にジェネリック医薬品を服用することができます。安心して服用するためにもお薬手帳を上手に利用することが大切です。
歯医者さんで出される薬って?治療のために通う時はお薬手帳を忘れずに!

歯医者さんで出される薬って?治療のために通う時はお薬手帳を忘れずに!

治療中の歯の痛みを和らげる場合など、歯科医でも薬を処方してもらうことがあります。その際、ほかの医療機関で処方された薬と似たものを処方されることもあり得ます。今回は、歯科でよく処方される薬やお薬手帳の活用方法についてご紹介します。副作用や飲み合わせに気をつけて服薬しましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部