2017年2月19日 更新

喘息にはチョコレートが効く?ただし、注意しないと・・・【お薬手帳メモ】

喘息持ちの人は止まらない咳の症状に苦しい思いを経験したことがあるはずです。実は身近な存在であるチョコレートには咳を止める成分が入っていることはご存知でしょうか? しかし、そのためにほかの薬との食べ合わせにも注意しなくてはいけないことがあります。今回はチョコレートと喘息の関係や食べ合わせの際の注意事項をご紹介いたします。

3,460 view お気に入り 0

チョコレートと咳止め

Free photo: Cocoa Beans, Cocoa, Cacao, Candy - Free Image on Pixabay - 499970 (7280)

チョコレートの原料はカカオですが、そのカカオには咳を抑制する作用があります。カカオに含まれている「テオブロミン」という成分が、咳を止めるのに有効なのです。テオブロミンは気管支拡張作用があるとされるテオフィリミンと同じ効果があるのだそう。そのため、喘息にはチョコレートがいいといわれるのです。しかし、どんなチョコレートを食べても咳が止まるわけではありません。カカオが70%ほど入っている「ダークチョコレート」と呼ばれるものを、50グラムほど食べると咳が止まる効果を感じられるそうです。しかし、咳を止めるのに効果的だからといって、50グラム以上摂取すると咳止めの効果が薄れてしまうことも。食べる際は、適量を心がけましょう。また、まれにチョコレートにアレルギーを持つ体質の人もいます。そのような体質の人、喘息も患っている場合は喘息がひどくなることもあるので気を付けましょう。それ以外の人はチョコレートが咳止めに良い効果があるので、上手に取り入れてみるのもいいですね。風邪のひき始めなどにも効果があるそうです。

チョコレートに含まれるテオフェリン

 (5846)

気管支拡張作用のあるテオフィリンですが、チョコレートの中に含まれるテオブロミンと同じような作用を持っているため、一緒に食べると過剰摂取になる可能性があります。また、テオフィリン服用中は、ほかの薬との飲み合わせも考慮しなくてはなりません。たとえば、ほかのキサンチン誘導体は、お互いに効果を増強して、作用が強く出すぎる恐れがあります。
また、フェノバールやリファンピシンなども、テオフィリンの作用が強くなる恐れがあります。反対にフェニトインやカルバマゼピンは、お互いの作用が弱くなる恐れがあります。
エリスロマイシン、クラリスロマイシン、エノキサシン、シプロキサシン、チクロピジン、メキシレチン、ペラパミル、ジルチアゼム、アロプリノール、シクロスポリンなどは、テオフィリンの作用が強くなります。
これらの薬を飲んでいるときはテオフィリンと似た構造をもつテオブロミンの摂取を控えましょう。そのためにもお薬手帳などを活用して、いま自分がどんな種類の薬を飲んでいるのか把握することが大事です。

チョコレートの注意点

Free photo: Cake, Eat, Food, Sweet, Eating - Free Image on Pixabay - 1746435 (7279)

体に良いといわれるチョコレートですが、食べ過ぎはよくありません。前述したように薬との飲みあわせも懸念すべき点なので、毎日少量ずつ食べましょう。ダークチョコレートにはカカオポリフェノールが多く含まれます。ポリフェノールに慣れていないと苦く感じることもあります。
1日の摂取量の目安としては、約1500mgが適量。ある市販のダークチョコレート 100gには、およそ840mgのポリフェノールが含まれています。

ポリフェノールはチョコレートだけではなく、コーヒーや緑茶、赤ワインにりんご、バナナ、マンゴー、春菊、ブロッコリーなどなど他の食品にも含まれています。
いくら体に良いとはいえ、チョコレートは砂糖や油脂を含みます。高カロリーな食品でもあるので、食べ過ぎには注意しましょう。

まとめ

チョコレートと喘息には意外な関係性がありました。処方薬を服用している方は、いま自分がどのような成分の薬を飲んでいるのかしっかり把握しておきましょう。お薬手帳を活用すればとっさのときにすぐに調べられるので、普段から習慣づけると良いはずです。
11 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

チーズに納豆も!風邪の方必見、風邪薬に影響する食べ物・飲み物【お薬手帳メモ】

チーズに納豆も!風邪の方必見、風邪薬に影響する食べ物・飲み物【お薬手帳メモ】

医師や薬剤師は、薬を処方する際にその組み合わせに注意を払っています。複数の医療機関で薬を処方される場合は、お薬手帳を活用すると副作用が起きることも避けられるでしょう。しかしこの組み合わせには薬同士ではなく、食べ物が影響することがあります。今回は身近な風邪薬に影響する食べ物や飲み物について調べてみました。
スクヨカ編集部 | 2,025 view
キャベツにステーキ、あんこも?!意外と知らない薬別NG組み合わせ【お薬手帳メモ】

キャベツにステーキ、あんこも?!意外と知らない薬別NG組み合わせ【お薬手帳メモ】

薬は水で飲むようにといわれていますが、手元にないからといってジュースやお茶などで飲んだことはありませんか? 実は薬を水以外のもので飲むと、体に危険な作用をもたらすことがあるのです。また食べ物に関しても副作用を引き起こすことがあります。今回はやってはいけない薬の飲み合わせや食べ合わせをご紹介いたします。
揚げ物、ケーキに注意!抗生物質を処方されたら気をつけたい食べ物・飲み物【お薬手帳メモ】

揚げ物、ケーキに注意!抗生物質を処方されたら気をつけたい食べ物・飲み物【お薬手帳メモ】

薬同士の組み合わせで思わぬ副作用が出ないように、医師や薬剤師は注意を払っています。ドラッグストアで購入したサプリメントやのど飴などもお薬手帳に記入し、病院で薬を処方されるときに提出しましょう。飲み物や食べ物と薬の相性も見逃せません。ここでは処方されることが多い抗生物質と相性が悪い食べ物や飲み物を調べてみました。
スクヨカ編集部 | 1,166 view
夏前まで注意!子どもの「水ぼうそう」、薬を飲む時の注意点は?【お薬手帳メモ】

夏前まで注意!子どもの「水ぼうそう」、薬を飲む時の注意点は?【お薬手帳メモ】

全身にかゆみを伴うブツブツが広がる水ぼうそう。小さい子供に流行しやすく、子供のころにかかったという経験を持つ人も多いのではないでしょうか。水ぼうそうはまれに重症化し命に関わるケースもあるので、早めに気付き治療してあげることが重要です。今回は、子供が水ぼうそうにかかったときに注意したい薬の飲み方についてご紹介します。
大腸がん手術した人はコーヒーを飲むべき?再発リスク減って本当!?【お薬手帳メモ】

大腸がん手術した人はコーヒーを飲むべき?再発リスク減って本当!?【お薬手帳メモ】

日本人の死因として有名な「がん」ですが、意外にも女性がかかるがんの種類でもっとも多いのが「直腸がん」です。このがんの再発や、死亡リスクを低下させる作用があるとして注目を浴びているのがコーヒーです。普段何気なく飲んでいるコーヒーが、症状の回復に影響するとは興味深いですね。今回はコーヒーが大腸がんに与える影響をまとめてみました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部