2017年2月21日 更新

災害時は血栓ができやすい? エコノミークラス症候群予防法を知ってもしもに備えよう

エコノミークラス症候群とは、整脈血栓塞栓症といわれており、肺を包み込んでいる静脈に血の塊ができることによって発症する病気です。この血栓がはがれて肺血管に流れた結果呼吸困難やショック状態に陥り、最悪の場合は死に至るというケースも。今回はエコノミークラス症候群の予防法をご紹介します。

74 view お気に入り 0

エコノミークラス症候群は災害時になぜ起こるのか

Free photo: Building, Destroyed, Destruction - Free Image on Pixabay - 1030838 (7150)

日本には東日本大震災や熊本地震などでも見られたように、震災時にエコノミークラス症候群にかかってしまう患者が非常に多くいます。その理由は、災害時の避難環境に問題があるからです。寝返りが自由にできない狭い寝床で何日も寝泊まりをするために足の血行が悪化したり、水不足やもしくは排泄回数を減らしたいがために、水分摂取を控えていると血液がドロドロになってしまうなど、健康を害するリスクが高まります。
また、馴染みもなく恐怖と隣り合わせの避難環境では、緊張感からか横にならずに座ったままの姿勢で休む人も見受けられます。この場合も、重力に逆らう方向のため血液が足から心臓へ流れにくくなり危険です。車中泊なども同様です。足を動かせないような状況を作ってしまうとエコノミークラス症候群の原因になってしまうので、注意しましょう。
心臓が十分に機能しなくなると、災害のニュースでもしばしば報道があるように、突然死を引き起こすこともあるので「たかが少し血流が悪くなっただけで…」と甘く見ず、もっと真摯に向き合うべきなのです。

エコノミークラス症候群予防に、大切な4つのこと

Free photo: Cube, Four, Roll The Dice - Free Image on Pixabay - 949116 (7153)

エコノミークラス症候群を防ぐための4つの重要事項をご紹介します。

ひとつ目は、脱水予防の工夫をすることです。日常生活ではもちろん、水分を補給することはすごく大事なのですが、災害時では、適度な水分を確保することすら難しいこともあります。もし、水分の量に制限があるようであれば、水分を摂取するタイミングの工夫も必要になります。例えば、睡眠後は脱水になりやすいので、寝る前に摂取をしたりするのもコツです。

次のポイントは、足のストレッチやマッサージを欠かさないということです。避難時は、狭いスペースで多くの人と共同生活を送ることが多いので、自然と歩数が減ったり、同じ姿勢でいることが多くなります。これは、血栓になる可能性が高まるため、ふくらはぎや太ももをしっかりと動かしストレッチをするようにしましょう。1時間に1回は立ち上がり、足踏みや屈伸をするのもおすすめです。さらに最も懸念されるのが車中泊です。座った状態は横になった状態よりも血流が悪くなりやすいので、なるべく避けるのがベターです。
Free photo: Foot, Massage, Foot Reflexology - Free Image on Pixabay - 740206 (7175)

三つ目は、お薬手帳を持って避難するとうことです。特に、高齢者や何かの病気を患っている方は、お薬手帳があれば、避難時にそういう状況に陥ったとしても、服薬履歴を参考に薬をもらうことができます。

四つ目は、弾性ストッキングやメディキュットなどのようなものがあれば、それを着用してむくみを予防しましょう。ストッキングは、ホースの出口の部分をつまむと水が遠くまで届くように、血管も圧迫されると内側の流れが早くなり血流が良くなります。また女性は筋肉量が少ないため日々の生活でもむくみやすいと自分で認識している方は、災害時ではより意識して対策するのがいいでしょう。ストッキングはこのような役目をしてくれるので避難時にあると便利です。いつどんな災害が起こるか分からないので、日頃からしっかり備えておきましょう。

普段から起こり得るエコノミークラス症候群

エコノミー症候群は、原因や体内の仕組みなどの正しい知識と工夫で引き起こす可能性を下げることができる病気だともいわれています。一昔前は、エコノミークラス症候群という名の通り、飛行機で起こる症状でしたが、災害時はもちろん、長時間の電車やデスクワークでも起こる危険性もあります。今回ご紹介した予防方法を参考に、避難時はもちろん日常生活においても注意するようにしましょう。
10 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

地震に備えて「お薬手帳」?それってどういうこと!?

地震に備えて「お薬手帳」?それってどういうこと!?

日本は正真正銘地震大国。日本人は世界各国の中でもトップクラスの高い防災意識を持っていると言われています。そんな私たちでも「お薬手帳が命を守ってくれるツール」であることは意外に知らないのではないでしょうか? 今回はまだ記憶に新しい熊本地震を事例に、お薬手帳の大切さを改めて考えてみました。
KEI | 1,046 view
GWの長距離運転、ドライバーに注意してほしいこと

GWの長距離運転、ドライバーに注意してほしいこと

ゴールデンウィークに遠出をすることもあるはず。そこで車で長距離運転するときに気を付けてほしい注意点をまとめてみました。不慮の事故ほど悲しいものはありません。常に初心者のつもりで心構えをしましょう。レジャーを十分楽しむためにも万全に用意しておきましょう!
夏前まで注意!子どもの「水ぼうそう」、薬を飲む時の注意点は?【お薬手帳メモ】

夏前まで注意!子どもの「水ぼうそう」、薬を飲む時の注意点は?【お薬手帳メモ】

全身にかゆみを伴うブツブツが広がる水ぼうそう。小さい子供に流行しやすく、子供のころにかかったという経験を持つ人も多いのではないでしょうか。水ぼうそうはまれに重症化し命に関わるケースもあるので、早めに気付き治療してあげることが重要です。今回は、子供が水ぼうそうにかかったときに注意したい薬の飲み方についてご紹介します。
お薬手帳なんかいつも同じ薬だから必要ない?大間違いです!!

お薬手帳なんかいつも同じ薬だから必要ない?大間違いです!!

あなたはいつも病院に行く時に、お薬手帳を必ず持って行きますか。この質問をすると、多くの人が持って行くと言いますが、中にはお薬手帳なんて必要ないと思い持ってもいないと言う人も少なからずいます。お薬手帳は、自分自身が使っている薬の名前・日数・使用法・量などを細かく記録できる手帳です。いつも健康だと思っていても、いつ何時病気にかかるか分かりません。そのような時に特に重要なのです。
大腸がん手術した人はコーヒーを飲むべき?再発リスク減って本当!?【お薬手帳メモ】

大腸がん手術した人はコーヒーを飲むべき?再発リスク減って本当!?【お薬手帳メモ】

日本人の死因として有名な「がん」ですが、意外にも女性がかかるがんの種類でもっとも多いのが「直腸がん」です。このがんの再発や、死亡リスクを低下させる作用があるとして注目を浴びているのがコーヒーです。普段何気なく飲んでいるコーヒーが、症状の回復に影響するとは興味深いですね。今回はコーヒーが大腸がんに与える影響をまとめてみました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部