2017年1月9日 更新

マイコプラズマ肺炎の症状をチェック!薬の副作用も確認しよう

現在「マイコプラズマ肺炎」という病名をよく耳にするでしょう。肺炎となると症状自体が軽く自然治癒できる場合もありますが、入院といった重症化する場合も増えています。症状が悪化してしまった場合には、抗生剤を用いての治療が必要となりますが、薬での治療となると副作用などが心配になるでしょう。使用する薬によってどのような副作用があるのか理解しておきましょう。

108 view お気に入り 0

知っておきたい治療薬について

 (2638)

マイコプラズマ肺炎は重症化するととても危険な肺炎です。症状が悪化し、自然治癒が期待できない場合には早めの対処が必要になります。細菌性の肺炎では、一般的によく知られているβラクタム系のペニシリンや、セフェム系の抗生剤が主に使用されています。細菌性の肺炎では肺炎球菌と言われる細菌が引き起こすものですが、マイコプラズマ肺炎は名前の通り「マイコプラズマ」という病原微生物が引き起こしています。その為、マイコプラズマ肺炎の場合、一般的なセフェム系の抗生剤などとは使用する薬も違ってきます。主に用いられるのはマクロライド系の抗生剤です。また、最近ではマクロライド系に対し耐性のある病原微生物も出てきている為、その場合にはテトラサイクリン系やニューキノロン系の薬を用いることになるでしょう。ひと口に肺炎と言っても、細菌や病原微生物などさまざまな種類が存在しているため、それに合った薬を使用することが必要となるのです。

知っておくべき治療薬の副作用とは

Free photo: Sadness, Africa, Disease, Face - Free Image on Pixabay - 1783794 (4214)

症状や検査によりマイコプラズマ肺炎となると、薬での治療を行います。その際にはしっかりとその薬について理解しておく必要があります。一番重要なのは副作用です。治療薬には、さまざまな副作用が存在しますので軽度なものから重度なものまでを確認しておくべきでしょう。まず軽度な副作用であげられるものは、食欲不振や吐き気など、または消化不良や腹痛、下痢、腹部不快感、その他には頭痛や発疹です。肺炎の際には発熱などの症状もありますので、副作用での症状なのか様子を見て判断する必要があります。更に重度の症状では、めまいやけいれん、皮膚や粘膜症状、不整脈や肝臓、腎臓などの症状です。どれも症状が重く出ることがある為、注意が必要です。更に重篤の場合、冷や汗や悪寒、紅斑、顔面蒼白や呼吸困難など「アナフィラキシーショック」と言われる症状が出ることもあります。消化不良や下痢なども、飲み続けると症状が重くなっていく場合がある為、副作用と思われる症状が出た場合には、すぐに服用をやめ医師に相談することが重要です。

安心に備えるためにすべきこととは

Free photo: Lozenges, White, Mint, Shape - Free Image on Pixabay - 166975 (4236)

肺炎などは小さな子供や高齢者がかかる病気と思っている人も多いでしょう。しかし、肺炎は細菌や病原微生物によって発症するものです。その為、年齢を問わずかかってしまう可能性があります。自身がかかってしまってからでは、なかなか判断が難しいものです。更に、普段の風邪などで処方される薬とは違った投薬治療を行う場合が多いことを考えると、副作用についてはしっかりと理解しておく必要があるでしょう。とはいっても、なかなか記憶しておくことは難しいものです。現在、病院で薬を処方された際に、薬局でお薬手帳をおすすめされたことがあるでしょう。お薬手帳には、処方された薬の情報を記載するだけではなく、自身の体質やアレルギー、持病などを書き込むことが出来ます。お薬手用のメモ欄には医師や薬剤師さんに知ってほしいこと、自身が覚えておくべきことを記入することが出来ますので、記入していない人はすぐにでも活用すべきでしょう。

流行り病に要注意

健康な人でもいつかかるかわからない病原微生物「マイコプラズマ肺炎」についてしっかりと理解し、薬や副作用について把握しておく必要があります。何かが起きた場合に備え、事前に準備しておくのが良いでしょう。現在普及しているお薬手帳を利用し、自身や家族の健康について改めて考える時間を作ってみるのがおすすめです。
11 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

子供が高熱に!市販薬は大丈夫?とお悩みの方へ【お薬手帳メモ】

子供が高熱に!市販薬は大丈夫?とお悩みの方へ【お薬手帳メモ】

大人と違い、子供は思いがけず病気になったり、その症状が見えづらかったりするもの。子供を持つ親ならだれでも不安となることでしょう。今回はお子様が高熱を発症した際、市販薬で対応するべきかどうか悩んでいる親御さん向けにその是非を考えてみましょう。
スクヨカ編集部 | 1,046 view
抗がん剤の副作用、辛い手足のしびれは漢方薬で抑えられるかも?【お薬手帳メモ】

抗がん剤の副作用、辛い手足のしびれは漢方薬で抑えられるかも?【お薬手帳メモ】

病気に馴染みのない人でも、抗がん剤と聞けば副作用という言葉が思い当たるほど、両者は切っても切れない関係にあります。抗がん剤の副作用の中でも「手足のしびれ」は代表的ですが、漢方薬によって和らげることができるという結果がでています。今回は、抗がん剤との上手な付き合い方について考えてみましょう。
高齢者の肺炎に注意! 抗菌薬治療のためにもお薬手帳を家族で管理しよう

高齢者の肺炎に注意! 抗菌薬治療のためにもお薬手帳を家族で管理しよう

一般的に、肺炎は簡単に治る病気だといわれている一方で、ここ最近の日本では高齢者の死因のベスト3に入るほど、危険な病気とされています。肺炎の治療には抗菌剤が使用されることが多いのですが、今回は肺炎における抗菌治療にフォーカスしその治療の仕方についてみていきましょう。
20代も麻しん(はしか)に要注意!発症者の38%も!?【お薬手帳メモ】

20代も麻しん(はしか)に要注意!発症者の38%も!?【お薬手帳メモ】

一般的にはしかと呼ばれますが、正式には「麻しん」。麻しんは高熱が出たり、全身に発疹が出たりするウイルス性の感染症です。特に、小さい子どもにとっては重症度の高い病気で予防の重要です。今回は麻しん(はしか)の予防接種の必要性や、その症状などを調べました。
意外と知らない「RSウイルス」の怖さ・・・乳児は特に注意が必要!【お薬手帳メモ】

意外と知らない「RSウイルス」の怖さ・・・乳児は特に注意が必要!【お薬手帳メモ】

「RSウイルス」はインフルエンザウイルスのようにワクチンがなく事前に予防接種などで対策することができないウイルスです。呼吸器系に感染し、2歳頃までにほぼ100%の子供がかかります。また、1度かかっても小さな子供は免疫が十分にできていないので何度もかかってしまうのが特徴です。今回は、「RSウイルス」の症状と治療法をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部