2017年1月9日 更新

薬で治らない?「メニエール病」でのお薬手帳の使い方

メニエール病をご存知でしょうか。詳しく知らなくても、その病名は耳にした事があるという方も多いのではないでしょうか。ここではメニエール病の場合の、お薬手帳を上手に活用したお薬の管理の仕方をご紹介します。メニエール病をお持ちの方や、身近にメニエール病の方がいる方などは是非ご参考にして頂き実際に活用してみて下さい。

29 view お気に入り 0

メニエール病の具体的な症状

 (2932)

メニエール病の代表的な症状は、めまいや難聴です。その原因となるのは、内耳のリンパが増え、水ぶくれの状態となる内リンパ水腫です。内耳には、聞こえの細胞がある蝸牛と、平衡機能をつかさどる三半規管と耳石器で成り立っています。そのどちらが水ぶくれとなるかによって、出る症状も変わってきます。蝸牛の方が水ぶくれになれば、聞こえにくい、耳が詰まったような感覚になることがあり、三半規管の方が水ぶくれとなればめまいの症状になります。
また、めまいや耳の不具合などの症状が一度だけの場合はメニエール病とは診断されません。他にも同じような症状がでる病気はいくつかあるためです。めまいを伴う突発性難聴や、聴神経腫瘍、内耳梅毒、脳幹・小脳を中心とした中枢性疾患などもメニエール病に似たような症状が出る為、こういった類似の病気から除外できた場合にメニエール病と診断されます。メニエール病と確実に診断するには厳密な検査や観察が必要なのです。

メニエール病の治療方法

 (2938)

メニエール病の診断には厳密な検査が必要ですが、具体的には目を閉じて足踏みをするなど、体のバランスの検査や、目の動きの異常を調べる検査を行います。耳に関しては耳内の診察と聴力検査を行います。メニエール病の症状にはめまいのみの場合と聞こえの不具合のみの場合もありますが、検査の中ではめまいのみの方でも隠れた難聴がないか、難聴のみの場合でも隠れためまいがないかも調べます。このような検査を行っていく上で小脳や脳幹の障害が発見される事もあります。具体的な治療方法では、症状が強く、吐き気があり薬を飲めない場合はめまいを止める点滴を行います。薬が飲める場合にはめまい止めを中心に、抗不安薬、循環改善薬、ビタミン剤などを組み合わせた薬を使用します。症状の初期に上手に薬を服用すれば大きな発作の予防や、症状を軽くすることができます。他にはそもそもの原因であるストレスや睡眠不足などを改善する必要もあります。

メニエール病の方の為のお薬手帳の活用方法

 (2958)

メニエール病の代表的な症状はめまいや難聴ですが、その症状の度合いは人により千差万別です。めまいのみ、難聴のみ、めまいと難聴両方、またそれぞれの症状の強さも様々です。メニエール病の治療には適切な薬の服用が重要となります。服用する薬の種類としては、利尿剤、ステロイド剤、制吐剤、精神安定剤などがあります。症状に合わせてその内容や組み合わせ、量も変わってきますので、管理の仕方には十分注意をしなければなりません。そんな時に便利なのがお薬手帳です。お薬手帳は、自分が服用している薬の名前、量、使用方法などを記録できる手帳ですが、メニエール病の方が別の病気になってしまい薬を処方してもらう時に、医療機関でお薬手帳を提示すれば医師や薬剤師は薬を重複して出さない様にしたり、飲み合わせに注意したりしながら薬を処方します。また、メニエール病の方をはじめ、お薬手帳は常に携帯していれば旅行先や災害時などでも、自分の病気や服用している薬の内容について正確な情報を伝える事ができます。

まずは生活習慣を見直そう

メニエール病はストレスや睡眠不足などが主な原因となる、めまいや難聴が症状の病気です。もともとの原因を取り除く生活習慣の改善と、薬の服用により症状を軽減していきます。薬の種類は症状や度合いにより様々ですので、お薬手帳を使う事、携帯する事で、服用している薬を正確に記録し、他の病気になった時の薬の処方も適切に行う事ができます。
12 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

地震に備えて「お薬手帳」?それってどういうこと!?

地震に備えて「お薬手帳」?それってどういうこと!?

日本は正真正銘地震大国。日本人は世界各国の中でもトップクラスの高い防災意識を持っていると言われています。そんな私たちでも「お薬手帳が命を守ってくれるツール」であることは意外に知らないのではないでしょうか? 今回はまだ記憶に新しい熊本地震を事例に、お薬手帳の大切さを改めて考えてみました。
KEI | 784 view
海外旅行に行くなら、持っていくべき薬とお薬手帳活用法

海外旅行に行くなら、持っていくべき薬とお薬手帳活用法

楽しい海外旅行先で、急な病気やケガにおそわれることがあります。病気などの健康面のトラブルは時間や場所を選んでくれません。楽しい旅行にするために備えて、体調を整えておくのも大切です。そして、常備薬がある人は忘れずに持参して、もしかしたら現地のクリニックを訪れることになるかもしれないので、お薬手帳も持参しましょう。お薬手帳の活用法をチェックします!
災害時は血栓ができやすい? エコノミークラス症候群予防法を知ってもしもに備えよう

災害時は血栓ができやすい? エコノミークラス症候群予防法を知ってもしもに備えよう

エコノミークラス症候群とは、整脈血栓塞栓症といわれており、肺を包み込んでいる静脈に血の塊ができることによって発症する病気です。この血栓がはがれて肺血管に流れた結果呼吸困難やショック状態に陥り、最悪の場合は死に至るというケースも。今回はエコノミークラス症候群の予防法をご紹介します。
皮膚科でもお薬手帳は必要?持っていくべき3つの理由

皮膚科でもお薬手帳は必要?持っていくべき3つの理由

皮膚科というと塗り薬が処方されるイメージがありますので、内服薬の飲み合わせを検討する為に使われるお薬手帳は、必要無いのではと思われる方がいらっしゃるかもしれません。しかし、皮膚科を受診する際にも、お薬手帳は持参した方が良いです。皮膚科を受診する時にお薬手帳を持参した方が良い3つの理由をご紹介します。
飲み会続き・ストレスで胃が痛い!市販の胃薬を買う時の注意点【お薬手帳メモ】

飲み会続き・ストレスで胃が痛い!市販の胃薬を買う時の注意点【お薬手帳メモ】

度重なる歓迎会や送別会、あるいは人間関係のトラブルで胃が痛いという人はいませんか。付き合いで断れず、さらにストレスが溜まるという悪循環もあることでしょう。通院する時間がないときに、市販の胃薬は心強い味方ですが、市販薬を飲むときには注意点があります。今回は市販の胃薬を購入するときの注意点と、お薬手帳の活用方法をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部