2017年4月8日 更新

健康グッズの効果が出ない人へ、疲れの取り方・注意点まとめ

通信販売や情報番組などで、美容や健康に絶大な効果があるというグッズが紹介されると、ついつい買ってしまうという方は多いですが、期待した効果を得られて満足した経験のある方はごくわずかなのではないでしょうか。健康グッズの効果を十分に得るためには、使用前にある準備をすることが大切です。

60 view お気に入り 0

入浴やホットタオルで血行を良くしておくのがポイント

 (8279)

健康グッズを使っても、ぜんぜん疲れが取れないとお悩みの方は、使用する前に体を温めるようにしましょう。運動前にウォーミングアップをするのと同じで、マッサージの前にも体をほぐし、リラックスすることが大切です。時間をかけた入浴やホットタオルなどで血行を良くしておくと、マッサージの効果をアップすることができます。

入浴剤には香りや効能などで様々な種類がありますが、疲れを取りたいときには炭酸ガス系の入浴剤が効果を発揮します。お湯に溶けた炭酸ガスは末梢の血管に作用し、身体を芯から温めてくれるのでオススメです。入浴の際は湯船の中でふくらはぎを揉みほぐすと、冷えやむくみの対策になり効果的です。

摩擦を伴う健康グッズは肌の保湿をしてから使う

 (8282)

足つぼや美顔ローラーなど、肌に直接触れるグッズを使う前には、保湿クリームなどで滑りを良くする必要があります。保湿を怠ると、摩擦によって色素沈着が起き、肌のしわやたるみにつながる恐れがあるのです。

また、美顔ローラーのやりすぎは逆効果をもたらします。鎖骨から首へ、口元から頰へ、目元から耳へという方向を意識し、適切な回数を守って使いましょう。

マッサージ機を使ってはいけない疾病に注意

 (8285)

家庭で本格的なマッサージを受けられると人気の家庭用電気マッサージ機ですが、間違った使用による骨折や内出血などの事故は近年増加傾向にあります。特に60歳以上の女性はその被害を受けやすいため、該当するご家族がいる場合は取り扱い説明書をよく読み、正しい使用法を周知徹底するようにしましょう。

また、特定の持病のある方がマッサージ機を使用すると人体に重大なトラブルを招くことがあります。持病のある方は使用前に医師に相談する必要があるので注意してください。

健康グッズの中には効果が出るまで時間がかかるものも

健康グッズは使い方次第で効き目に差が生じたり、逆効果になったりすることがあります。また、十分な効果を得るには継続した使用が前提である場合もあるので、正しい使用法を守り、根気強く続けることが大切です。
11 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

まだまだツライ花粉症、ランチで改善できるかも!

まだまだツライ花粉症、ランチで改善できるかも!

花粉症の季節も終盤に差し掛かっていますが、まだまだ猛威をふるっている花粉症の症状に悩まされている方も多いのではないでしょうか?漢方や薬膳などの東洋医学の観点から見てみると、花粉症と食事の間には大きな関係があると言われています。今回はそういった東洋医学の観点から花粉症の原因や対策を見ていきたいと思います。
相乗効果?相殺効果?食べ合わせを考えて、美味しく健康食生活!

相乗効果?相殺効果?食べ合わせを考えて、美味しく健康食生活!

皆さんはお味噌汁に「わかめとねぎ」を入れてはいませんか?その食べ方、実は損をしているかもしれません。普段の食事でやりがちな食べ合わせにも実は損をしている合わせ方が数多く存在しています。しかしその逆に、一緒に食べることで効果がアップする組み合わせも数多くあるのも事実。今回はそんな食べ合わせについて見ていきましょう。
夏までに美脚を目指して! O脚を矯正してすらっと美人になろう!

夏までに美脚を目指して! O脚を矯正してすらっと美人になろう!

気温も安定し、今年もまた夏がやってきます。この時期気になるのが露出が増えること。今までは着込んで隠せば気づかれなかったパーツも、ごまかしが効かなくなります。ここでは、美脚に近づくための注意点やO脚を改善する方法をご紹介します。
「小1の壁」、子どものストレスに気をつけて!連休後に不登校にさせないポイント

「小1の壁」、子どものストレスに気をつけて!連休後に不登校にさせないポイント

小学生になると、それまでの生活環境とまるっきり変わってしまい、子どもの不安は増加します。「小1の壁」とは小学生に上がったばかりの子供たちが新生活でストレスを受けることを指します。連休明けに子どもが不登校にならないように今回はポイントをまとめました。
「ネガティブ」から「ポジティブ」に!思考を根本から変える6つのコツ

「ネガティブ」から「ポジティブ」に!思考を根本から変える6つのコツ

「ネガティブじゃなくてポジティブにならなきゃ」と思っていても、なかなかポジティブ思考になれない人も多いのではないでしょうか? 今回は、根本からポジティブ思考に変えるコツを6つご紹介します。今日からさっそく試してみてください!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部