2017年6月3日 更新

運動不足の現代人におすすめしたい呼吸法「腹式呼吸」と「胸式呼吸」とは

人間が生活する上で無意識におこなっている「呼吸」ですが、意識的におこなうことによって運動不足を解消できると評判です。忙しくてまとまった運動の時間が取れない人は実践してみてはいかがでしょうか?

50 view お気に入り 0

呼吸法の大切さ

Free photo: Happiness, Joy, Pure Air, Freedom - Free Image on Pixabay - 1866081 (8790)

人間は無意識に「呼吸」していますが、意識的に呼吸することを「呼吸法」といいます。呼吸が酸素を取り入れ二酸化炭素を排出するものであるのに対し、「呼吸法」は心身を調整する健康法です。呼吸法により、体幹部にある体の内側の筋肉を動かすのでダイエット効果も期待できるのです。呼吸法は若々しい姿勢を保つのにも有効。呼吸法を実践することで姿勢を支えるための筋肉を刺激する作用もあるのです。呼吸法には心を落ち着かせる効果もあります。呼吸と脳の関係性は非常に密接ですが、リラクス感を味わえる脳内物質「セロトニン」が分泌されるからです。またデスクワークで陥りがちな肩こりなどの症状緩和にも役立ちます。呼吸法をおこなうことで肩や首の筋肉もしっかりストレッチでき、血流が良くなります。呼吸に関わる筋肉を鍛えることができるので、代謝も上がります。また長くゆっくり吐くことで自律神経が整い、腸の調子が良くなるといった効果も期待できます。

腹式呼吸とは

 (8864)

腹式呼吸のポイントは、お腹を緩めながら息を鼻から吸うこと。まずは鼻からゆっくりと息を吸い、お腹がゆったりと膨らんでいることを確認しましょう。手をお腹に乗せるなどするとわかりやすいはずです。腹式呼吸で大切なのは「吐く」こと。お腹をぐっとへこませながら、口からゆっくりと息を履きましょう。お腹の中央だけがへこむのではなく「お腹が筒状に縮まるようなイメージ」でおこなうとベター。

胸式呼吸とは

 (8865)

腹式呼吸はお腹に意識を向けてする呼吸のこと。一方で胸式呼吸とは助骨と胸の筋肉を動かして胸部を大きく膨らませることを意識する呼吸法です。加齢や運動不足は猫背を招きやすいですが、胸式呼吸は猫背を防ぐのに効果的といわれています。

まとめ

無意識におこなう「呼吸」と違い、「呼吸法」には身体や心に作用するさまざまな効果があります。忙しい人こそ生活に「呼吸法」を取り入れて、生活改善をしてみてはいかがでしょうか。ストレスフリーに健康体を目指しましょう。
11 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

米発アンガーマネジメントで親子の関係構築を

米発アンガーマネジメントで親子の関係構築を

自分の子どもであっても子育てにイライラしてしまう人やストレスをため込んでしまう人は多いようです。そんな時感情的に子どもを怒ってしまったり、時には叩いてしまうといったことをしてしまっては親子関係にひびが入ってしまうことに繋がりかねません。そうならないためにも子育てにアンガーマネジメントを取り入れてみませんか?
身体の悲鳴?ストレスからくる過敏性腸症候群とは

身体の悲鳴?ストレスからくる過敏性腸症候群とは

お腹の痛みに下痢や便秘の症状が伴う病気を、過敏性症候群といいストレスで症状が悪化することから心身病とされています。過敏性腸症候群はストレスに対する身体からのSOSで悪化していき、心身症のひとつとされています。ここでは過敏性腸症候群について症状と原因、そして治療についてご紹介します。
新生活・新社会人が新しい人間関係のストレス解消にできること

新生活・新社会人が新しい人間関係のストレス解消にできること

進学や新社会人、人事異動によって新しい環境の生活が始まることが多い時期です。環境が変わると身体だけでなく心にも負担がかかってきます。特にストレスを招きやすく複雑なことが多い人間関係。新生活を順調にスタートさせるために頑張ることも大切ですが、ストレスを解消する方法を知り、前向きに過ごす秘訣をご紹介します。
もうすぐ梅雨、気分がのらない?雨の効果を知れば好きになるかも

もうすぐ梅雨、気分がのらない?雨の効果を知れば好きになるかも

梅雨の時期が近づくと憂鬱に感じる人も多いかもしれません。出かけるのに不便を感じたり、叙情的な気分になったりすることもあるでしょう。しかし雨にはたくさんのメリットがあることはご存知でしょうか。今回は梅雨時期に覚えておきたい、雨が人にもたらす効果についてまとめました。
「小1の壁」、子どものストレスに気をつけて!連休後に不登校にさせないポイント

「小1の壁」、子どものストレスに気をつけて!連休後に不登校にさせないポイント

小学生になると、それまでの生活環境とまるっきり変わってしまい、子どもの不安は増加します。「小1の壁」とは小学生に上がったばかりの子供たちが新生活でストレスを受けることを指します。連休明けに子どもが不登校にならないように今回はポイントをまとめました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部