2017年2月7日 更新

黒目付近の充血、放置すると失明の恐れも!?

パソコンやスマートフォンを使用している時間が1日のうちで最も長いとされる現代人は、目の乾燥や充血の状態に慣れてしまっており、その状態を深刻だと認識してない場合が多いです。今回は目のSOSのサインでもある充血についてをご紹介します。

196 view お気に入り 0

目の充血には種類がある

Free photo: Eye, Eyelashes, Face, Woman - Free Image on Pixabay - 211610 (7435)

一般的に、目の白目の部分が赤くなっていると充血しているということになるのですが、その充血の仕方によって「結膜充血」と「毛様充血」の2種類に分けることができるのはご存知でしょうか。どちらの充血なのかをきちんと見極めることでその後の対処法や治療が異なってきます。「結膜充血」とはその名の通り、結膜と呼ばれる部分が赤くなっている状態を指します。結膜には、白目をいう「眼球」とまぶたの裏の「眼瞼」の2つがあり、よくある結膜炎では、この「結膜充血」が起きていることが多いのです。

充血に見える病気がある!?

Instagram (7438)

一方、角膜や黒目の周りが赤くなっていることを指すのが「毛様充血」です。虹彩炎や角膜疾患、そしてぶどう膜炎などが原因で発症します。この場合、「結膜充血」よりも重病度が高いので、治療が必要です。
さらに、充血と間違いやすい目の出血があります。出血といっても目の奥で起きているため、目の表面では充血しているように見え、勘違いをする人もいます。白目が真っ赤になり見た目も分かりやすい「結膜下出血」はその代表といえます。この場合は、見た目が派手なので驚きますが、特に治療が必要なく、自然と出血が引くのを待つだけしかできることはありません。

充血を見た目で判断する

Free photo: Adult, Crazy, Expression, Face - Free Image on Pixabay - 19210 (7437)

「結膜充血」なのか「毛様充血」なのかを素人が見た目で判断するのは非常に困難です。しかし見分けるコツとしては、黒目から離れるに従って充血が強くなっている場所があったり、あっかんべーをして眼瞼が赤くなっていれば「結膜充血」、黒目付近が充血が強くなっている場合は、「毛様充血」の可能性があります。しかしこれらは、両方の充血が混ざっている場合もあるので、一度眼科で診察してもらうのが懸命です。

目を大切に

今回ご紹介したこと意外にも、ドライアイや花粉症、コンタクトによる影響や紫外線によってなど、目の充血を引き起こす原因はさまざまに考えられます。場合によっては失明をもたらす重大な充血かもしれず、意外とあなどれないものなのです。充血を見つけたら目のSOSと捉えて、早期に治療をするようにしましょう。
12 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

もしかして病気!?寝起きの目痛、ひどい目ヤニの原因とは?

もしかして病気!?寝起きの目痛、ひどい目ヤニの原因とは?

寝起きの目の痛みやひどい目ヤニに悩まされた経験はありませんか?それらの症状は不快なだけでなく、大切な器官である目の不調のサインではと不安になりますよね。寝起きの目の痛みや目ヤニには、実はさまざまなトラブルが隠されている可能性があります。ここでは、考えられる原因についてご説明します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部