2017年4月18日 更新

もしかして病気!?寝起きの目痛、ひどい目ヤニの原因とは?

寝起きの目の痛みやひどい目ヤニに悩まされた経験はありませんか?それらの症状は不快なだけでなく、大切な器官である目の不調のサインではと不安になりますよね。寝起きの目の痛みや目ヤニには、実はさまざまなトラブルが隠されている可能性があります。ここでは、考えられる原因についてご説明します。

429 view お気に入り 0

ドライアイ

 (8393)

ドライアイは目の表面を常に覆う涙の量が減ったり、成分のバランスが崩れたりすることで引き起こされるトラブルです。代表的な症状は「目が乾く」ことですが、目の乾き以外にも、目が痛んだりゴロゴロしたりするなどの症状があります。

人間は瞬きによって角膜の上の涙を循環させて目の表面をうるおしていますが、寝ている間は瞬きをしません。普通の人であれば問題ありませんが、ドライアイの場合は分泌される涙が元々少ないため、瞬きをせず涙が循環しない時間が長くなると目が乾燥してしまいます。これが寝起きの目の痛みや不快感の原因となります。

結膜炎

 (8396)

健康な人でも寝起きには多少の目ヤニがつくことはありますが、結膜炎を患うと大量の目ヤニが発生し、目が開けられなくなるほどになることがあります。結膜炎は感染によって広まるウイルス性や細菌性のものと、感染はしないアレルギー性のものがあります。ウイルス性の場合は白っぽくネバネバした目ヤニが、細菌性の場合は膿のような黄色い目ヤニが出ます。

結膜炎にかかると、目ヤニがたくさん出るほか、目が充血する、まぶたが腫れる、目がゴロゴロするなどの症状が出ることも特徴です。

再発性角膜上皮びらん

 (8399)

過去に角膜に傷がついたことのある人がかかりやすい病気で、激しい痛みを伴います。起床時に目を開けたときにまぶたの裏側で角膜がこすれ、過去に傷がついて接着が悪くなっていた部分の角膜上皮がめくれてしまうことで起こります。朝起きたときに目に激しい痛みを感じる場合は、この病気の可能性があります。

目に異常を感じたらすぐに眼科へ行きましょう

寝起きの目の痛みや目ヤニの原因となる代表的なトラブルについてご紹介しました。治療が必要な病気や感染性の病気である可能性も考えられるため、目に異常を感じたらすみやかに眼科で診察を受けましょう。
11 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

PMS対策!女性にしかわからない生理前の辛さ改善策

PMS対策!女性にしかわからない生理前の辛さ改善策

「なんか太った?」「どうして怒ってるの?」と周囲から指摘されても、「生理前だから」と答えるのには抵抗がありますよね。優しく接したいのにできない、胸が張って痛い、とにかく眠いなどPMS(月経前症候群)の症状には、多くの女性が悩まされています。これらの辛い症状を和らげるには日常生活でどんな対策を取り入れればいいのでしょうか。
ニキビでわかる身体の不調、一挙紹介!

ニキビでわかる身体の不調、一挙紹介!

ニキビが顔にできても、「目立つから嫌だな」と思う程度で、余り深刻にとらえる人はいないのではないでしょうか。しかし、実はそのニキビ、あなたの身体に異変が起こっているサインかもしれません。あのとき気付いていれば……と後悔する前に、ここで顔にできるニキビが何を意味しているか、しっかり確認しておきましょう。
赤ちゃんによくある肌荒れ、「乳児湿疹」とは?特徴と原因は?

赤ちゃんによくある肌荒れ、「乳児湿疹」とは?特徴と原因は?

大人と比べるとバリア機能が脆弱な赤ちゃんの肌には、様々なトラブルが起こります。その中でもよくあるのが「乳児湿疹」です。乳児湿疹には様々なタイプのものがあり、中には赤ちゃんの命に危険が迫ってしまうものあります。そうした事態を未然に防ぐためにも、一体乳児湿疹にはどんな種類があるのか、ここで確認しておきましょう。
まだまだツライ花粉症、ランチで改善できるかも!

まだまだツライ花粉症、ランチで改善できるかも!

花粉症の季節も終盤に差し掛かっていますが、まだまだ猛威をふるっている花粉症の症状に悩まされている方も多いのではないでしょうか?漢方や薬膳などの東洋医学の観点から見てみると、花粉症と食事の間には大きな関係があると言われています。今回はそういった東洋医学の観点から花粉症の原因や対策を見ていきたいと思います。
眠い時のビクッとなる現象、「ジャーキング」原因と対策をご紹介

眠い時のビクッとなる現象、「ジャーキング」原因と対策をご紹介

授業中や仕事中など眠さに負けてデスクでうたた寝をすると、ビクッとして目覚めるという経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか。実はこのビクッとなる現象は「ジャーキング」と名付けられており、ちゃんとした意味がある動作なのです。今回はこの原因と対策をレクチャーします。
スクヨカ編集部 | 1,438 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部