2017年4月14日 更新

ご飯に混ぜて健康に!食物繊維最強、大麦の効果とは

大麦はその昔、刑務所の受刑者が食べていたり、貧乏な人が食べたりしている印象からイメージの悪い食材として知られていました。しかし、現在では健康食品として注目され始めています。ダイエット効果も期待できるため、女性から人気のある大麦。大麦の特徴や効果を詳しく見ていきましょう!

51 view お気に入り 0

大麦の栄養素は?

 (8051)

大麦は一般的に言われる麦のことで、ビールや焼酎などお酒に使用されたり、麦とろや麦チョコとして一般家庭で親しまれたりしています。この大麦の主な栄養素はカルシウムやナトリウムなどです。大麦はミネラル数が多いだけでなく、食物繊維の多さも魅力です。白米の18倍もの水溶性と不溶性の食物繊維が含まれているため、バランス良く食物繊維を摂ることができます。

その含有食物繊維の一種、β-グルカンが特に健康効果を期待できると言われています。

大麦の効果

 (8054)

大麦のβ-グルカンに期待できる効果は主に4つ。「生活習慣病の予防」「免疫力向上」「肥満予防」「疲労回復・胃腸機能改善」が挙げられています。

生活習慣病予防

糖尿病を始めとする生活習慣病に良いとされている「大麦」。大麦は水に溶けるとゲル化する特徴があり、大麦と一緒に食べたものをゆっくり消化・吸収する働きがあります。そのため、糖を吸収するスピードが抑えられ、血糖値の上昇を抑制する作用が働きます。

免疫力の向上

大麦に含まれている水溶性の食物繊維が免疫力を向上させてくれます。免疫力が向上することで風邪や花粉症の抑制や、腫瘍抑制効果も期待できるため、免疫力をアップさせたい人に最適でしょう。

肥満予防

大麦に含まれている水溶性の食物繊維は肥満予防にも効果があると言われています。水に溶けた水溶性食物繊維はゲル化する特徴があるため、ゆっくりと消化吸収を行います。ゆっくり消化吸収することで満腹感を維持することができるでしょう。便秘や腸のむくみ改善にもつながるため、下腹のぽっこりが改善されるとも言われています。

疲労回復・胃腸機能改善

大麦は薬膳としても活躍しており、胃腸の働きを促す食材として知られています。大麦はビタミンやミネラルを豊富に含んでいるため、疲労回復に効果があると言えるでしょう。水溶性食物繊維が働くことで消化吸収をゆっくりと行うため、胃腸環境の改善も期待できます。

大麦のとり入れ方!

 (8065)

食物繊維やビタミン、ミネラルを豊富に含む大麦を日々の生活の中で積極的に摂り入れていきましょう!大麦を使った料理も数多くあります。大麦が入っているコロッケや、大麦ご飯を使用してチャーハンを作るなど、大麦を使った料理方法は多岐にわたります。作れそうなものから是非チャレンジしてみてください!

大麦効果を引きだすために…

大麦を摂り入れているのに効果が感じられないという方は、「冷え」に注意しましょう。身体の冷えは血のめぐりを悪くする原因となります。また、冷たいものを摂り入れ過ぎてしまうと胃や腸が冷えてしまい、胃腸機能を低下させてしまうので注意が必要です。食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富な大麦を摂り入れて体の内側からキレイになりましょう!
19 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

甘いものが大好き!でも太りたくない、キレイでいたい!糖分摂りすぎ回避のためにできること

甘いものが大好き!でも太りたくない、キレイでいたい!糖分摂りすぎ回避のためにできること

甘いものには目がない!という女性は多いかと思いますが、糖分の摂りすぎがダイエットの大敵なことは皆さんご存知ですよね。糖分(糖質)は脳や体のエネルギーとなる人間にとって欠かせない栄養素ですが、実は、過剰に摂取すると肥満だけでなく肌、骨などの老化やさまざまな病気を引き起こす原因に……。今回はそんな糖分を摂りすぎないためにできる、日々の工夫についてお話しします♪
食中毒にしない・ならない!キッチン周りでできること

食中毒にしない・ならない!キッチン周りでできること

ニュースでしばしば集団食中毒が取り上げられるイメージから、食中毒は飲食店や食堂など家の外で起こるものだと思っていませんか?実は、一歩間違えば食中毒は家の中でも十分発生する可能性があるのです。一見キレイに見えるあなたのお家のキッチンにも、食中毒を引き起こす菌が繁殖しているかも?大切な家族を食中毒から守るために、普段からできる対策についてお話しします。
相乗効果?相殺効果?食べ合わせを考えて、美味しく健康食生活!

相乗効果?相殺効果?食べ合わせを考えて、美味しく健康食生活!

皆さんはお味噌汁に「わかめとねぎ」を入れてはいませんか?その食べ方、実は損をしているかもしれません。普段の食事でやりがちな食べ合わせにも実は損をしている合わせ方が数多く存在しています。しかしその逆に、一緒に食べることで効果がアップする組み合わせも数多くあるのも事実。今回はそんな食べ合わせについて見ていきましょう。
血行を良くして肩こり解消!改善のためにまず食事から

血行を良くして肩こり解消!改善のためにまず食事から

現代人の多くが悩まされている、つらい肩こり。毎日長時間パソコンの前に座っていたり、重い荷物を持ったりすることでなかなか治らず、慢性的な痛みを抱えているという人もいるのではないでしょうか。 肩こりはストレッチやマッサージで解消するのが一般的ですが、実は普段の食事に気をつけることでも改善できるんです。今回は、「肩こり改善のための食事」についてご紹介します。
豆苗効果でよくなろう!美容効果も?食べ方の注意点とは

豆苗効果でよくなろう!美容効果も?食べ方の注意点とは

スーパーで通年を通して売られており、かいわれ大根のようなルックスをしている豆苗。リーズナブルである上に、栄養価が高いことでよく知られています。しかし、一体どんな効果があるのか知らない人は多いのではないでしょうか。今回は豆苗の効果と注意点を紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部