2017年1月24日 更新

冬の食事で高コレステロール血症になっちゃった?クレストールを飲む注意点【お薬手帳メモ】

冬の食事では、年末などに忘年会や新年会などがあり、外食する機会が増えます。また、寒い季節には、味の濃いものをよく食べるので冬の食生活や食事から高コレステロールになりやすいです。高コレステロールになった際にクレストールというお薬で血中のコレステロールを下げる作用のお薬があります。どのような効果や副作用があるのかみていきます。

282 view お気に入り 0

高コレステロールになると

 (2542)

高コレステロール血症になる原因は、食生活が大きく関わってきます。肉類、暴食暴飲、油っこい食事、慢性的な運動不足、アルコールの摂取、喫煙です。特に、冬の時期は、高コレステロールになりやすいです。理由として忘年会や新年会などで飲み会の席に参加することが多く、そこでのアルコール摂取や油っこい食事、暴食暴飲になりやすいです。また、寒い季節なので体を動かすのにおっくうになってしまい運動不足になりやすいからです。高コレステロール血症になってしまうと中性脂肪が増加し血液がドロドロになってしまいます。そのため体が重く感じられそれを疲労と勘違いしそのまま放置してしまうと高血圧や糖尿病、動脈硬化のリスクが高くなってしまいます。また、正常な血液を確保できないので心臓に大きな負担がかかり狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などの合併症のリスクも非常に高くなっています。自覚症状がわかりにくい病気なので命にかかわる場合があるので気をつけなければなりません。

血中のコレステロールを下げるクレストール

 (2546)

クレストールとは、高コレステロール血症の患者さんに使われる体内の血中コレステロールを下げる薬です。肝臓に作用し、コレステロールの合成を抑制し、血中コレステロールを減少させます。悪玉コレステロールを減らす作用が高く、中性脂肪も減少させる作用があります。その反面、善玉コレステロールについては増加させる作用があります。この薬は、心筋梗塞の予防や改善効果も高く心筋梗塞のリスクを30%減らす効果があります。しかし、薬なので副作用もあります。副作用として筋肉痛や、肝機能異常がみられるなどの報告があります。クレストロールを服用して5日くらいでみられる副作用ですが、服用を中止すると回復するといわれています。特に横紋筋融解症で筋肉に障害が残る場合があり、稀な副作用ですが高齢者や腎臓が悪い患者さんには注意が必要です。横紋筋融解症は、高脂血症薬との併用で発症する場合が多いので医師や薬剤師に相談する必要があります。

副作用をお薬手帳に記載する

 (2555)

クレストールは、強い薬なので様々な重篤な副作用が想定されます。先程述べた横紋筋融解症や肝炎、肝機能障害、血小板減少などが想定されるので症状がでた場合はすぐに医師に相談する必要があります。また、重篤ではないですが蕁麻疹がでたり、便秘になったり、めまいがするなどの副作用もあります。多量もアルコールの摂取は、副作用を起こすやいので注意が必要です。体内でのコレステロールの合成は夜に活発となるので夕食後に服用すると効果が高くなります。また、薬を服用するだけではなくきちんとした食生活を心がけることと定期的な診察が大事になってきます。強い薬なので飲み忘れた時は、1度に2回摂取することはやめてください。このように副作用や効果やクレストールの重要な摂取の仕方などは、医師や薬剤師の人の話を聞きお薬手帳に記載する必要があります。なぜなら緊急時の薬の相互作用のチェックに役立つのでお薬手帳への記載をおすすめします。

よく効く薬ほど注意して

クレストールは、非常に強い薬だからこそ副作用や用量用法を守らなければなりません。気をつけるためにお薬手帳への副作用や用量用法のメモをしておくことや薬についての知識を持つことが大切だと思います。他のサイトでも副作用の詳しい症状や飲み合わせの例などが記載してあるので調べてお薬手帳を活用する方法が良いです。
12 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

夏前まで注意!子どもの「水ぼうそう」、薬を飲む時の注意点は?【お薬手帳メモ】

夏前まで注意!子どもの「水ぼうそう」、薬を飲む時の注意点は?【お薬手帳メモ】

全身にかゆみを伴うブツブツが広がる水ぼうそう。小さい子供に流行しやすく、子供のころにかかったという経験を持つ人も多いのではないでしょうか。水ぼうそうはまれに重症化し命に関わるケースもあるので、早めに気付き治療してあげることが重要です。今回は、子供が水ぼうそうにかかったときに注意したい薬の飲み方についてご紹介します。
大腸がん手術した人はコーヒーを飲むべき?再発リスク減って本当!?【お薬手帳メモ】

大腸がん手術した人はコーヒーを飲むべき?再発リスク減って本当!?【お薬手帳メモ】

日本人の死因として有名な「がん」ですが、意外にも女性がかかるがんの種類でもっとも多いのが「直腸がん」です。このがんの再発や、死亡リスクを低下させる作用があるとして注目を浴びているのがコーヒーです。普段何気なく飲んでいるコーヒーが、症状の回復に影響するとは興味深いですね。今回はコーヒーが大腸がんに与える影響をまとめてみました。
ダイエットのために漢方薬「防風通聖散」を使うなら注意すべきこと【お薬手帳メモ】

ダイエットのために漢方薬「防風通聖散」を使うなら注意すべきこと【お薬手帳メモ】

テレビやSNSを通して目にする機会が多い「脂肪を減らす漢方薬」。飲むだけで脂肪減少作用があるとは非常に魅惑的ですが、きちんとした知識がなしでは良かれと思って飲んだものがマイナスに働いてしまうこともあります。今回はダイエットのための漢方薬出ある「防風通聖散」を使う際に注意すべきことをご紹介します。
抗がん剤の副作用、辛い手足のしびれは漢方薬で抑えられるかも?【お薬手帳メモ】

抗がん剤の副作用、辛い手足のしびれは漢方薬で抑えられるかも?【お薬手帳メモ】

病気に馴染みのない人でも、抗がん剤と聞けば副作用という言葉が思い当たるほど、両者は切っても切れない関係にあります。抗がん剤の副作用の中でも「手足のしびれ」は代表的ですが、漢方薬によって和らげることができるという結果がでています。今回は、抗がん剤との上手な付き合い方について考えてみましょう。
あなたのサプリは大丈夫?こんな病気の人は要注意!【お薬手帳メモ】

あなたのサプリは大丈夫?こんな病気の人は要注意!【お薬手帳メモ】

忙しい現代人にとってバランスのとれた食事をすることは、なかなか難しいこと。手軽なサプリを飲んで栄養補給をしようとしている人も多いのではないでしょうか。サプリは食事の延長線上にあるとつい捉えてしまいがちですが、サプリと薬の組み合わせによっては注意が必要なものがあります。今回はサプリと病気の関係性に関してみてみましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部