2017年6月25日 更新

夏までに美脚を目指して! O脚を矯正してすらっと美人になろう!

気温も安定し、今年もまた夏がやってきます。この時期気になるのが露出が増えること。今までは着込んで隠せば気づかれなかったパーツも、ごまかしが効かなくなります。ここでは、美脚に近づくための注意点やO脚を改善する方法をご紹介します。

日常生活でO脚を改善

 (8661)

O脚はふくらはぎの辺りに隙間ができるので、脚が短く太く見えてしまいがち。しかしO脚は生活習慣が影響しており、努力によって改善することが可能なのです。まず一番大きな原因は歩き方。O脚は歩き方に問題があることが多いため、矯正できる見込みがあります。つま先を正面に向けてかかとから着地するように意識し、親指の付け根で地面を蹴るように意識しましょう。O脚は外側に体重がかかっているので、平均台を歩く感覚で実践してみてください。次に、立つ方と座る姿勢も大事です。ポイントは、膝の内側をくっつけるように体を両足で支えるようにして立つということ。そして座るときは、足を組まないで背骨と太ももの角度と太ももとふくらはぎの角度を90度にするようにしましょう。

ストレッチで美脚をつくる

Free photo: Sundress, Summer Dress, Girl, Woman - Free Image on Pixabay - 336590 (8662)

日々のストレッチにより筋肉をほぐしていくとO脚が改善されることもあります。ここでは4つのストレッチをご紹介します。ひとつ目は、両膝をくっつけるストレッチで、足を揃え両膝がくっつくまでゆっくり前にまげ、この状態で5秒キープしてゆっくりと足を戻します。2つ目は、椅子を使ったストレッチで、椅子に座り1〜1.5cmの雑誌をはさんでゆっくりと立ち上がるという動きを何度か繰り返す運動です。3つ目は、寝たままできるストレッチ。両腕をおろして床に仰向けになり両膝を立てます。片側の足を上げ、寝たままの状態で足を組みこの状態を10秒キープします。最後は、ペタンコ座りのストレッチです。正座をしてつま先を外側に広げてお尻をおとし、この姿勢をしばらくキープさせます。このように、無理のないストレッチで少しずつ改善することができます。

O脚に有効な運動で対策

 (8846)

O脚を治すのに筋肉を鍛えるのは非常に効果的です。ストレッチと一緒に取り入れてみるのがいいかもしれません。ここでは2つご紹介します。まず、体操座りで行うエクササイズ。体操座りをして、両膝ににぎりこぶしが入る程度に開きます。右膝、左膝かの外側から押し、膝に開けたスペースを保つように力をいれ、これを10セット行います。2つ目はスクワットです。通常のスクワットではなく、まっすぐに立ち両膝をくっつけてスタート。内側の筋肉に集中しながら膝を曲げていきます。

まとめ

夏本番までもう少し。毎日少しずつ意識したりエクササイズを行うことでO脚は改善することができます。いままで諦めていた方もこの機会に努力を初めてみてはいかがでしょうか?
11 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アトピー以外のアレルギーがどんどん増加している理由とは

アトピー以外のアレルギーがどんどん増加している理由とは

現代の日本人の約20%以上の人がなにかしらのアレルギーを持っており、現代病のひとつといわれています。しかし、アレルギーという言葉は知っていてもそのメカニズムを詳しく語れる人は少なく、よく理解されてないことも事実です。今回はアレルギーの症状とその対策である予防法をご紹介します。
身体の悲鳴?ストレスからくる過敏性腸症候群とは

身体の悲鳴?ストレスからくる過敏性腸症候群とは

お腹の痛みに下痢や便秘の症状が伴う病気を、過敏性症候群といいストレスで症状が悪化することから心身病とされています。過敏性腸症候群はストレスに対する身体からのSOSで悪化していき、心身症のひとつとされています。ここでは過敏性腸症候群について症状と原因、そして治療についてご紹介します。
高齢者だけじゃない!赤ちゃんにも注意したい「誤涎性肺炎」とは

高齢者だけじゃない!赤ちゃんにも注意したい「誤涎性肺炎」とは

「誤涎性肺炎」 という言葉を聞いたことがある人はあまり多くないかもしれません。飲み込んだ食べ物などが食道に誤って入り、その食べ物に付着した細菌が感染して起こる肺炎で、高齢者や赤ちゃんに多い病気とされています。ここでは「誤涎性肺炎」の症状や注意点などを見ていきます。
もうすぐ梅雨、気分がのらない?雨の効果を知れば好きになるかも

もうすぐ梅雨、気分がのらない?雨の効果を知れば好きになるかも

梅雨の時期が近づくと憂鬱に感じる人も多いかもしれません。出かけるのに不便を感じたり、叙情的な気分になったりすることもあるでしょう。しかし雨にはたくさんのメリットがあることはご存知でしょうか。今回は梅雨時期に覚えておきたい、雨が人にもたらす効果についてまとめました。
「小1の壁」、子どものストレスに気をつけて!連休後に不登校にさせないポイント

「小1の壁」、子どものストレスに気をつけて!連休後に不登校にさせないポイント

小学生になると、それまでの生活環境とまるっきり変わってしまい、子どもの不安は増加します。「小1の壁」とは小学生に上がったばかりの子供たちが新生活でストレスを受けることを指します。連休明けに子どもが不登校にならないように今回はポイントをまとめました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部