2017年2月10日 更新

やっぱり凄かった!ルイボスティーの効能が最強すぎる

ルイボスティーとは南アフリカ原産のお茶で、ノンカフェインであることから妊娠中にも愛飲できるお茶です。しかしルイボスティーはノンカフェインであるだけでなく、ほかにもうれしい効能がたくさんあります。今回はルイボスティーの効能を美味しい飲み方とともにご紹介します。

343 view お気に入り 0

体質改善効果が!

Free photo: Water, Lemon, Cloves, Tea, Winter - Free Image on Pixabay - 1962386 (7381)

ルイボスティーがノンカフェインであることは先ほどもご紹介しましたが、健康にも美容にも効果が高いのはご存知でしょうか。アンチエイジングに興味津々な女性たちの間では、近年その効能が注目されています。
ルイボスティーの驚くべき効能には、まず、活性酸素の除去を促すというはたらきがあります。活性酸素はよく知られているとおり、老化の原因にもなります。それを除去してくれるということで、ルイボスティーが注目されているのです。この活性酸素は、病気を引き起こす原因ともいわれています。
また、ルイボスティーには「SOD様酵素」というものが多く含まれており、これには体内の毒素を取り除く効果があるのです。体質改善にも効果的で、女性にうれしい痩せやすい体作りや、便秘解消という効能が期待できます。

体調を整えるルイボスティー

 (6378)

ナトリウムイオンが含まれているルイボスティーには、夏バテ防止効果があります。汗をかきやすい職業の人や、夏場などは、失われたナトリウムを補える効果があります。さらにルイボスティーには安眠効果もあり、またストレスを抑える効果もあるためにリラックスできます。ノンカフェインの温かいルイボスティーを飲むと、体が内側から温まるのを感じるでしょう。眠る前に飲むと、質の高い睡眠が期待できます。
さらに活性酸素を除去する効果もあるため、二日酔いにも有効です。肝臓の働きを良くして、アルコール分解速度を速めてくれます。

ルイボスティーの美味しい飲み方

 (6379)

ルイボスティーの飲み方ですが、普通のお茶とは少し違います。それは10~30分間、煮出すことです。煮出すことによって、ルイボスティーの成分が良く抽出され、味にも深みが出ます。また、冷やして飲むときにはティーパックを冷水に浸して出すのもいいでしょう。こうすることで、糖尿病などの生活習慣病のリスクを下げる「フラボノイド」が多く出るのです。ただし、一日の摂取目安量ははコップに2~3杯以上。継続して飲み続けることが大切なのです。毎日ルイボスティーを飲むことで、美容と健康の効能を実感しましょう。

継続は力なり

ルイボスティーの健康と美容についてのうれしい効能をまとめてみました。しかし、どんなにいい効能があるルイボスティーでも、飲み続けなくては意味がありません。毎日無理のない範囲で続けていきましょう。
11 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

玉ねぎの持つ嬉しい効能を引き出すには、食べ方が重要

玉ねぎの持つ嬉しい効能を引き出すには、食べ方が重要

サラダや煮物などどんな料理でも活躍する、玉ねぎ。野菜のなかでも人気があるので、普段から食べる習慣がある方も多いかもしれませんが、玉ねぎにはさまざまな効能があることはご存知でしょうか。今回は玉ねぎの効能と目的にあった効率的な食べ方をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部