2017年7月21日 更新

旅行に行く時忘れてはいけない健康保険証とそのワケ

いよいよ今年も待ちに待った夏休みがスタート。この長期休みを利用して海外に行くという人も多いのではないでしょうか。旅先で体調を崩したりけがなどに備えて国民保険証を手荷物のなかに常に所持しておくのが懸命です。ここではその仕組みと大事な理由についてご紹介します。

28 view お気に入り 0

海外の医療費にも保険が適用

Free photo: Wing, Plane, Flying, Airplane, Sky - Free Image on Pixabay - 221526 (8705)

日本国内では、保健証を見せれば全国のどの医療機関でも医療を受けることができ、医療費の7割を加入している健康保険が支払ってくれます。海外ではそうはいかずどこの国も基本的には有料で、多くはすべて自己負担となります。
しかし、日本の保険には「海外療養費」というものがあり帰国後に申請すれば現地の医療機関に支払いをした一部を給付してもらえるというのをご存知でしたか? 原則的に海外旅行先で受けたのと同様の治療を日本で受けたと仮定をして、算出した総合医療費の7割を負担してもらえることになっています。請求には診療内容の分かる書類や領収書が必要になるので、必ずもらうようにしてください。帰国後、明細と領収書に翻訳をつけ提出すると、2ヶ月後に払い戻しが行われるという仕組みです。

海外療養費と海外旅行損害保険を使い分けよう

 (8853)

アメリカのように医療費が高額な国もありますが、外国人でも医療費は無料とされている国もあります。例えば、イギリスの公立病院の救急外来は、外国人であっても薬代をのぞけば無料で受けられる事になっています。
しかし日本と同じように、イギリスでも医師不足や看護師不足が見られ、たとえ病院にいってもスムーズに診療してもらうということが難しい場合が多いのも事実です。大事のときに海外ですぐ見てもらうのは、有料でかつ高額な費用がかかるケースも多いですが、私立病院を選ぶことのほうが辛くない場合もあるかもしれません。自身の体調や程度で判断することが必要ですね。

きちんと対策をして出かける

 (8852)

海外での医療費は全額自己負担が原則と考えて、そのような場合にも耐えうる準備をして出かけるようにするのが得策です。やはり日本とは制度の異なる海外ではすべてをカバーしきれないところがあります。そのため、損害保険に入るなど別の対策をしておくのがベターです。なかにはクレジットカードに損害保険が自動で付帯されているという人もいるかもしれませんが、最低ランクのクレジットカードに付帯している保証は50万程度だったりと、やや心もとないこともあります。
注意すべきなのは、この損害保険も以前にかかっていた持病が悪化したり虫歯や妊娠に関することだと通常は対象外となりますので気をつけてください。あとで後悔しないように、旅行前に一度は規約をキチンと読んでおきましょう。

まとめ

これから海外に旅行に行く人は、渡航先の医療事情について、ネットや書籍で簡単に得られる程度の知識は知っておくことが大切です。もしもの時はいつ来るかわかりません。自分自身以外に家族、友人など、周りの人の急変にもさっと行動ができるように準備しておきましょう。
日本の感覚でいると大きな衝撃を受けることになる海外でも医療費。利用できる制度を活用して個人負担を減らすように工夫しましょう。旅先で病気や怪我、災害に遭遇しないことがもちろんベストですが、何があるかわからないのも旅というもの。「備えあれば憂い無し」、まさに健康保険証をセキュリティーケースに入れて持参するのは、その一歩目といえます。
では、よい旅行を!
11 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

海外旅行に行くなら、持っていくべき薬とお薬手帳活用法

海外旅行に行くなら、持っていくべき薬とお薬手帳活用法

楽しい海外旅行先で、急な病気やケガにおそわれることがあります。病気などの健康面のトラブルは時間や場所を選んでくれません。楽しい旅行にするために備えて、体調を整えておくのも大切です。そして、常備薬がある人は忘れずに持参して、もしかしたら現地のクリニックを訪れることになるかもしれないので、お薬手帳も持参しましょう。お薬手帳の活用法をチェックします!
糖尿病でも旅行したい!もっていくべき持ち物リスト

糖尿病でも旅行したい!もっていくべき持ち物リスト

糖尿病になると、家庭では通常インスリンの薬、血糖測定器や体重計が必要ですが、旅行などの外出時にはこれに加え糖尿病連携手帳・お薬手帳や糖尿病IDカードなどの持参が必須となります。低血糖を防ぐためのブドウ糖(または砂糖)も必要です。血糖測定器や食事が摂れないときの補食(アメ、ビスケットなど)、また海外旅行では治療に必要な薬や注射器と英文の診断書または英文カードが必要でしょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部