2017年2月26日 更新

国民病とも言われる「ガン」、リスクを減らすには運動が一番!?

厚生労働省の発表によると、ガンによって亡くなる人の数は年間36万人以上。実に、3人に1人がガンで亡くなっている計算になります。性別によってかかりやすいガンは違うものの、誰もがかかり得る病が「ガン」です。その発症リスクを減らすためにできることはあるのでしょうか。

46 view お気に入り 0

週2~3時間の運動がガンのリスクを低減させる

 (7785)

2016年5月、「JAMA Internal Medicine」オンライン版に掲載された調査で、定期的な運動にはさまざまなガンのリスクを低減させる可能性があることが示唆されました。この結果は、米国立がん研究所の研究グループが19~98歳の成人140万人のデータベースを作成し、その検討によって導いたものです。
研究グループは、米国およびヨーロッパからデータを集め、自己申告された運動の内容によって、26種類のガンのリスクに差がみられるかどうかを検討しました。中心人物のSteven Moore氏は「運動をするとさまざまなガンとの関連が認められているホルモンの値が低下するほか、インスリンおよびインスリン様増殖因子の値も制御される」と、運動とガンのリスクの関係を指摘しました。

また、米ノースカロライナ大学教授のMarilie Gammon氏は「運動する人の細胞は酸化ストレスを受けにくく、DNA損傷を修復する能力も高い」とその関連を説明しています。週に2~3時間程度の運動をするだけでも、ガン発症のリスクは低減されるのだそうです。

運動でリスクを減らすことができるガンの種類とは?

 (7790)

この研究では、検討したうちの半数である13種類のガンのリスクに運動との関連が認められました。リスク軽減の範囲は、食道ガンの42%から乳ガンの10%まで多少の開きはあったものの、致死率の高いガンに大きなリスク低減が認められたことは、運動不足の人々への大きなアドバイスになっていると言えるでしょう。

日本における部位別死亡者数が多いガンの上位3位は、肺ガン、大腸ガン、胃ガンですが、これら3つのガンが運動によって発症リスクを低減できると明らかになりました。超高齢化社会で患者数の増加が懸念される日本にとって、「朗報」であることは間違いありません。

女性特有の乳ガン・子宮内膜ガンの予防にも運動は有効

 (7792)

また、米シティ・オブ・ホープがんセンターのLaura Kruper氏は「ソファーから降りて歩きまわるだけでも効果がある」と助言していますが、これは冗談のようで本当の話。2013年に発表された米国ガン協会の研究では、毎日歩いている高齢女性は乳ガンの発症リスクが低いことが報告されています。

ガン予防はできることから始めよう

これらのデータをまとめると、「まったく運動しない人よりは、少しでも運動する人のほうがガン発症のリスクが低くなる」ことは、どうやら明らかなようです。運動不足を自覚している人やずっと座って仕事をしている人は、未来の健康のために運動を習慣にしてみてはいかがでしょうか。
12 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

寝ながらできる、おすすめエクササイズ!運動が苦手でも簡単にカロリー消費できる!

寝ながらできる、おすすめエクササイズ!運動が苦手でも簡単にカロリー消費できる!

健康的な体作りのため、エクササイズをやりたい!けれど、運動は苦手……という人は多いのではないでしょうか。そんな方のために、寝ながらでも簡単にカロリーが消費できるエクササイズについてご紹介します。ゴロゴロしながら健康的になりたいという、贅沢な願望を持っている人は必見ですよ!
早食い注意!高まるリスクと対策方法まるっと紹介

早食い注意!高まるリスクと対策方法まるっと紹介

時間に追われる現代人の宿命か、早食いの方が増えています。柔らかいもの、食べやすいものが多くなったのも原因かもしれません。しかし早食いは太るだけではなく、さまざまな弊害を引き起こします。ここでは早食いの悪影響とその対策を調べてみました。早食いのリスクを知り、健康管理をしっかりとしましょう。
新生活・新社会人が新しい人間関係のストレス解消にできること

新生活・新社会人が新しい人間関係のストレス解消にできること

進学や新社会人、人事異動によって新しい環境の生活が始まることが多い時期です。環境が変わると身体だけでなく心にも負担がかかってきます。特にストレスを招きやすく複雑なことが多い人間関係。新生活を順調にスタートさせるために頑張ることも大切ですが、ストレスを解消する方法を知り、前向きに過ごす秘訣をご紹介します。
「小1の壁」、子どものストレスに気をつけて!連休後に不登校にさせないポイント

「小1の壁」、子どものストレスに気をつけて!連休後に不登校にさせないポイント

小学生になると、それまでの生活環境とまるっきり変わってしまい、子どもの不安は増加します。「小1の壁」とは小学生に上がったばかりの子供たちが新生活でストレスを受けることを指します。連休明けに子どもが不登校にならないように今回はポイントをまとめました。
「ネガティブ」から「ポジティブ」に!思考を根本から変える6つのコツ

「ネガティブ」から「ポジティブ」に!思考を根本から変える6つのコツ

「ネガティブじゃなくてポジティブにならなきゃ」と思っていても、なかなかポジティブ思考になれない人も多いのではないでしょうか? 今回は、根本からポジティブ思考に変えるコツを6つご紹介します。今日からさっそく試してみてください!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部