2017年3月19日 更新

肥満じゃないのに生活習慣病?代謝異常に注意せよ!

生活習慣病と聞くと、「肥満の人がなるもの」という先入観を持っている人は多いのではないでしょうか。もちろん肥満も一つの原因ではありますが、例え肥満ではなかったとしても、生活習慣病にかかるリスクは十分にあるのです。 今回は、「知っているようで知らない生活習慣病」についてご説明していきましょう。

62 view お気に入り 0

生活習慣病とは?

 (7797)

生活習慣病(代謝異常)とは、読んで字のごとく、健康に悪い生活習慣が原因で発症してしまう病気のこと。健康に悪い生活習慣とは、主に偏った食事、運動不足、過度の飲酒、喫煙、ストレスなどが挙げられ、こういった習慣や環境が積み重なれば積み重なるほど発症の可能性も高まります。

生活習慣病には糖尿病や高血圧などが含まれますが、これらの特徴の一つとして自覚症状がほとんどないことが挙げられます。これが、生活習慣病が“サイレントキラー”と呼ばれる所以。本人が全く自覚しないうちに病気の進行によって脳や心臓にダメージが蓄積されていき、ある日突然、心筋梗塞や脳卒中などで命を落としてしまうといった危険性を秘めているのです。

肥満は関係ない!?生活習慣病になる原因とは

 (7800)

順天堂大学大学院・医学研究科の田村好史准教授らの研究グループは、「骨格筋の質の低下」が生活習慣病にかかる重要な要因となっていることに、世界で初めて言及しました。骨格筋の質は”骨格筋インスリン抵抗性”と関連しているという研究結果が発表されており、心血管の代謝に異常が見られる人は要注意と言われています。インスリン抵抗性は、膵臓から分泌される血糖を下げるホルモンとして知られるインスリンが効きにくい、抵抗性を持つ状態のこと。糖尿病やメタボリックシンドロームの原因の一つと考えられています。

肥満ではない人が生活習慣病を予防するためには、この”骨格筋インスリン抵抗性”と代謝異常に注意することで、「骨格筋の質の低下」を防ぐ必要があるということです。

生活習慣病にならないためには

 (7803)

少し専門的な話もあったため難しく考えてしまうかもしれませんが、普段から少し気を付けていれば予防できることのようです。
生活習慣病につながる「骨格筋の質の低下」が起こる原因としては、内臓脂肪の蓄積だけでなく、体力の低下や生活活動量の低下、高脂肪食などが挙げられます。生活習慣病を予防するためには、減量以外にもやるべきことがあるということですね。

何よりも重要だとされているのは、常日頃からの運動です。例えば、職場まで一駅歩くなど、普段から歩く量を少しずつ増やすとともに、休日は公園でジョギングをするなど、体力向上の取り組みを始めてみてはいかがでしょうか。

誰でもかかる可能性がある生活習慣病

生活習慣病は、かかってしまっても症状に気付きにくいため、予防をすることが第一です。肥満でなくとも発症する可能性があると分かった以上、「痩せているから安心」とは言えません。生活習慣病になりにくい身体をつくるため、まずは適度な運動をすることをおすすめします。
12 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

コレステロールは注意が必要!ただし、脳にとっては必要なもの?

コレステロールは注意が必要!ただし、脳にとっては必要なもの?

コレステロールと聞くと、悪いイメージを持つ人も多いでしょう。しかし、実は身体に必要な栄養素なのです。大切なのは、悪玉と善玉の比率である「LH比」。ここではコレステロールとはなにか、またその注意点や危険性をご紹介します。
耳掃除のし過ぎに注意!耳を守るためのポイントとは?

耳掃除のし過ぎに注意!耳を守るためのポイントとは?

子どものころからなんとなく続けている習慣のひとつである耳掃除。風呂上がりに綿棒で耳の中を掃除すると、なんとも言えない気持ちよさにうっとりしてしまいます。でも、耳掃除で耳の中を傷つけると、かえって耳あかが増えてしまうので注意が必要です。
赤ちゃんによくある肌荒れ、「乳児湿疹」とは?特徴と原因は?

赤ちゃんによくある肌荒れ、「乳児湿疹」とは?特徴と原因は?

大人と比べるとバリア機能が脆弱な赤ちゃんの肌には、様々なトラブルが起こります。その中でもよくあるのが「乳児湿疹」です。乳児湿疹には様々なタイプのものがあり、中には赤ちゃんの命に危険が迫ってしまうものあります。そうした事態を未然に防ぐためにも、一体乳児湿疹にはどんな種類があるのか、ここで確認しておきましょう。
治りかけこそ注意!春の陽気を満喫するためにも風邪をしっかり治そう!

治りかけこそ注意!春の陽気を満喫するためにも風邪をしっかり治そう!

体調を崩しやすい冬も終わり、心機一転春は元気に過ごしたいものですよね! であればこそ、もしも今風邪をひいてしまっている場合は、しっかりと治す必要があります。特に、治りかけの時期は注意が必要です。治りかけかどうかが分からない、という人は、下記をチェックしてみてくださいね。
季節の変わり目に注意したい「寒暖差アレルギー」って知ってる?

季節の変わり目に注意したい「寒暖差アレルギー」って知ってる?

食べ物や金属、ほこりや花粉症など様々な要因で引き起こされる「アレルギー」ですが、そのうちの一つに「寒暖差アレルギー」というものがあります。今回は、季節の変わり目に注意したい寒暖差アレルギーについて解説していきましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部