2017年1月9日 更新

お薬手帳で薬歴管理は日本だけ?海外と比べてみた

医療機関で処方箋をもらったら、調剤薬局でその薬を出してもらうときにお薬の名前や服用回数、量などが細かく記載されている用紙をもらいます。それを貼り付けておくのがお薬手帳です。それ以外にも患者の情報が書き込めるようになっていて薬剤の服用管理ができる大切なものです。では、海外ではどう管理しているのでしょうか。国によって異なる仕組みをみてみましょう!

32 view お気に入り 0

お薬手帳のさまざまな役割

 (2498)

私たち日本人が医療機関や調剤薬局で提示するお薬手帳は、二年ごとに制度内容が改定されます。お薬手帳がつくられてから、有料で配布されたり、無料になったりして、2016年4月の改定では、半年以内に同じ薬局で薬を出してもらうとき、お薬手帳を提示すると、ほとんどの薬局で、支払う料金のなかの自己負担金が値引きされることになりました。一割負担で10円、三割負担で40円ほどの値引きになります。自己負担金が減額されるというだけでなく、お薬手帳を活用することでスムーズな治療につながり、自分にあったお薬を処方してもらえて、安心して服用できるというメリットがあります。これまでどんな薬を服用して、どれぐらいの期間、その薬を服用したことで症状が回復されたのかもわかります。薬の情報だけでなく、患者さん自身が、自分のその薬を処方してもらった時の症状などを書いておくことで、健康管理にもつながりますし、ドクターは、現在の症状の原因を特定する参考になるのです。

お薬手帳は日本のPHRのひとつ

 (2508)

それぞれの国の薬歴管理にはEHRとPHRというシステムが利用されています。
EHRは、地域や国家レベルで共有するシステムで、医療機関がもっている診療情報、そして調剤薬局がもっている情報、患者さんの薬歴などを共有するもので、Electronic Health Record の略です。
PHRは、Personal Health Recordの略で、個人が服用したお薬の履歴や医療、健康情報を管理するシステムで、個人が自分自身の生活や健康についてクオリティを維持し、向上させるためにあります。そして、このPHRシステムは国によってその定義が違い、日本で医療機関や調剤薬局で提示するお薬手帳は、そのPHRのひとつなのです。
お薬の組み合わせについての確認ができ、副作用やアレルギーによるトラブルを防ぐこともできるお薬手帳は、ドクターや薬剤師だけでなく、個人が、症状が出るタイミングを知ることができて、有効なお薬を知ることもできるのです。

諸外国の医療情報の扱い方

 (2524)

諸外国の薬歴管理をみてみましょう。

アメリカ

国民一人ひとりにあてられている社会保障番号で管理されています。医療分野ではIT化によって、EHR、PHRともにネットワーク化が進んでいます。しかし、医療制度は民間中心ということもあって、大手のIT企業が行っているサービスもあれば、民間業者が行っているサービスもあり、管理の仕方がさまざまです。

フランス

アメリカと同じ社会保障番号が国民に配布されているので、インターネットで個人の診療記録が行えるシステムを使用して管理されています。健康情報教諭システム庁という国の組織が無料で行っているサービスを利用するのですが、データの保存期間は本人の希望によって、10年で削除することも可能なのです。

イギリス

主治医制度があるので、主治医以外のお医者さんに診てもらう場合は、紹介状が必要になります。また、その医療情報の原本は保険会社や医療機関が保管しています。個人が簡単に自分の情報を知ることができるようになっています。

日本はまだまだ個人で管理を

国民一人ひとりに保障番号やIDなどが配布されている国は、医療情報をネットワーク化して本人と多くの専門家が共有することができるシステムの導入が進んでいます。医療機関や薬剤師さんが把握することでお薬手帳は効力をなすものなので、現在の日本では自分で管理していかないといけません。でも、自分が手帳にいろいろと書き込むことで個人の健康意識が高まるといえるでしょう。
18 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

地震に備えて「お薬手帳」?それってどういうこと!?

地震に備えて「お薬手帳」?それってどういうこと!?

日本は正真正銘地震大国。日本人は世界各国の中でもトップクラスの高い防災意識を持っていると言われています。そんな私たちでも「お薬手帳が命を守ってくれるツール」であることは意外に知らないのではないでしょうか? 今回はまだ記憶に新しい熊本地震を事例に、お薬手帳の大切さを改めて考えてみました。
KEI | 784 view
海外旅行に行くなら、持っていくべき薬とお薬手帳活用法

海外旅行に行くなら、持っていくべき薬とお薬手帳活用法

楽しい海外旅行先で、急な病気やケガにおそわれることがあります。病気などの健康面のトラブルは時間や場所を選んでくれません。楽しい旅行にするために備えて、体調を整えておくのも大切です。そして、常備薬がある人は忘れずに持参して、もしかしたら現地のクリニックを訪れることになるかもしれないので、お薬手帳も持参しましょう。お薬手帳の活用法をチェックします!
災害時は血栓ができやすい? エコノミークラス症候群予防法を知ってもしもに備えよう

災害時は血栓ができやすい? エコノミークラス症候群予防法を知ってもしもに備えよう

エコノミークラス症候群とは、整脈血栓塞栓症といわれており、肺を包み込んでいる静脈に血の塊ができることによって発症する病気です。この血栓がはがれて肺血管に流れた結果呼吸困難やショック状態に陥り、最悪の場合は死に至るというケースも。今回はエコノミークラス症候群の予防法をご紹介します。
皮膚科でもお薬手帳は必要?持っていくべき3つの理由

皮膚科でもお薬手帳は必要?持っていくべき3つの理由

皮膚科というと塗り薬が処方されるイメージがありますので、内服薬の飲み合わせを検討する為に使われるお薬手帳は、必要無いのではと思われる方がいらっしゃるかもしれません。しかし、皮膚科を受診する際にも、お薬手帳は持参した方が良いです。皮膚科を受診する時にお薬手帳を持参した方が良い3つの理由をご紹介します。
飲み会続き・ストレスで胃が痛い!市販の胃薬を買う時の注意点【お薬手帳メモ】

飲み会続き・ストレスで胃が痛い!市販の胃薬を買う時の注意点【お薬手帳メモ】

度重なる歓迎会や送別会、あるいは人間関係のトラブルで胃が痛いという人はいませんか。付き合いで断れず、さらにストレスが溜まるという悪循環もあることでしょう。通院する時間がないときに、市販の胃薬は心強い味方ですが、市販薬を飲むときには注意点があります。今回は市販の胃薬を購入するときの注意点と、お薬手帳の活用方法をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部