2017年1月23日 更新

薬の飲み方再確認!水以外で飲む場合の注意点は?

持病のお持ちの方で、普段から薬を飲まれる習慣のある方は薬の飲み方について注意が必要です。薬の飲み合わせによっては効果を半減さるものや、思わぬ悪影響を招く恐れがあります。普段飲んでいるからと言って、水以外で薬を服用されている方、正しい薬の飲み方を知っておけば薬の効用を最大限引き出せ、恐い副作用に悩まされることも無くなります。正しい飲み方を理解しましょう。

72 view お気に入り 0

コップ一杯の水で飲む

無料の写真: 水, ガラス, 鮮度, 水のドロップ, 手, ドリンク - Pixabayの無料画像 - 1160541 (2682)

薬を水なしで服用される方を見かける事があります。この行為は危険なもので水なしで服用した際、薬がのどや食道に引っ掛かったまま溶け出し、炎症や潰瘍を引き起こす可能性があります。水と一緒に飲むことで薬を胃へ流し込み、薬は胃で溶け始めます。薬を飲む際にコップ一杯の水と服用する事はそのような効果があります。一緒に飲む水の量にも注意が必要です。コップ一杯の水は薬を流し込み、溶かすために必要な量になります。一口、二口の水量でも薬を飲むことは出来ますが、薬が十分溶けず、薬の持つ効果を十分に発揮出来ない事があります。また薬によっては水なしで服用した際、薬が十分に溶けずそのまま排泄される事もあります。これでは薬の効果が無く、捨てている事と同じになります。最近では水無しで服用できる薬もありますが、処方された薬の飲み方をきちんと理解し、正しい飲み方を心がけましょう。不明点は薬剤師の方へ相談しましょう。

水以外で飲むとどうなるか

無料の写真: 飲料, 飲み物, ソーダ, アルコール, ジュース, カクテル - Pixabayの無料画像 - 918656 (2700)

薬は水もしくは白湯で飲むことが進められていますが、水以外で服用すると、薬の効果を低下させる事があり、場合によっては思わぬ副作用を引き起こす事があります。飲み合わせで避けたほうが良い飲み物として、牛乳、カフェイン入りの飲み物、アルコール、スポーツドリンクやグレープフルーツジュース等があります。牛乳は抗生物質や骨相しょう症の薬と飲み合わせる事で、牛乳に含まれるカルシウムが薬の成分と結合し、十分な効果を得られなくなります。カフェイン入りの飲み物、コーヒーや緑茶などと飲み合わせた場合、利尿作用により効果を得られないばかりか、胃腸系の薬の場合はカフェインの排出が低下し、脈拍が上昇するなど副作用を引き起こします。スポーツドリンクには栄養成分が多く含まれているため牛乳と同様、薬の効果を低減させる事に繋がり、アルコールは風邪薬と服用すると、胃で溶けなければならない薬が腸で溶け始める事となり、思わぬ副作用に繋がる事となります。服用期間中は飲み合わせに注意が必要です。

薬を服用するタイミング

無料の写真: 時計, 時間, 待機する - Pixabayの無料画像 - 650753 (2726)

薬の注意書きに関して、水で飲むこと以外に飲むタイミングについても記載があります。これは薬の飲み忘れの防止や、胃に負担をかけないような配慮があります。また一日の飲む回数も指定があります。市販の薬や、病院、薬局で処方される薬には必ず飲む回数とタイミングについて記載があります。また薬剤師から飲み方についての説明を受けた事のある方も多いのではないでしょうか。正しい服用が出来なければ、治用期間が長引く恐れがあります。注意書きは正しく理解して服用を心がけましょう。しかし、その時の体調や食事のタイミングなどで注意書き通りに服用できない場合もあります。そのような場合は医師や薬剤師に相談し、服用している薬と症状、どのような状態にあるかを相談しましょう。また、外出し、薬の一部を持ち出した際、今から服用しようとしている薬が何になるか分からなくなる事があります。そのような場面の多い方はお薬手帳を活用しましょう。手帳に症例と薬の名前が記載してありますので確認に便利となります。

不明点は薬剤師に相談を

薬の効果を正しく発揮しようとする際、飲むタイミングや飲み合わせに注意が必要になります。薬の注意書きなどで確認する事は出来ますが、記載以外の事で判断が出来ない場合、自己判断でなく薬剤師に相談しましょう。その際、お薬手帳があると便利です。実際に使用する薬の記載欄にメモを残すなど活用する事が出来ます。分からない事はまず相談、お薬手帳を活用し正しい服用を心がけましょう。
11 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

水でも注意!薬を飲む時の落とし穴とは!?

水でも注意!薬を飲む時の落とし穴とは!?

ご家庭にあるミネラルウォーターサーバーで薬を飲む人も少なくないかと思いますが、薬との飲み合わせの相性はどうなのでしょうか。また、薬に適している水は硬水なのでしょうか軟水なのでしょうか。かかりつけの先生や、調剤の際の薬剤師聞いてみると良いでしょう。その際に活用できるのがお薬手帳です。病院に行く際には必ず必要となってくるものなので、お薬手帳に書いていればまず忘れにくいかと思います。
海外旅行に行くなら、持っていくべき薬とお薬手帳活用法

海外旅行に行くなら、持っていくべき薬とお薬手帳活用法

楽しい海外旅行先で、急な病気やケガにおそわれることがあります。病気などの健康面のトラブルは時間や場所を選んでくれません。楽しい旅行にするために備えて、体調を整えておくのも大切です。そして、常備薬がある人は忘れずに持参して、もしかしたら現地のクリニックを訪れることになるかもしれないので、お薬手帳も持参しましょう。お薬手帳の活用法をチェックします!
飲み会続き・ストレスで胃が痛い!市販の胃薬を買う時の注意点【お薬手帳メモ】

飲み会続き・ストレスで胃が痛い!市販の胃薬を買う時の注意点【お薬手帳メモ】

度重なる歓迎会や送別会、あるいは人間関係のトラブルで胃が痛いという人はいませんか。付き合いで断れず、さらにストレスが溜まるという悪循環もあることでしょう。通院する時間がないときに、市販の胃薬は心強い味方ですが、市販薬を飲むときには注意点があります。今回は市販の胃薬を購入するときの注意点と、お薬手帳の活用方法をご紹介します。
ジェネリック医薬品を服用する人のお薬手帳の使い方

ジェネリック医薬品を服用する人のお薬手帳の使い方

医師からの処方には先発薬とジェネリック医薬品とよばれる後発薬があります。先発薬の利用からジェネリック医薬品に変更した場合は、薬剤の過剰投与を避けるためには、お薬手帳の活用が便利です。使い方は処方箋薬局に忘れず持って行くだけ。それだけで安全にジェネリック医薬品を服用することができます。安心して服用するためにもお薬手帳を上手に利用することが大切です。
歯医者さんで出される薬って?治療のために通う時はお薬手帳を忘れずに!

歯医者さんで出される薬って?治療のために通う時はお薬手帳を忘れずに!

治療中の歯の痛みを和らげる場合など、歯科医でも薬を処方してもらうことがあります。その際、ほかの医療機関で処方された薬と似たものを処方されることもあり得ます。今回は、歯科でよく処方される薬やお薬手帳の活用方法についてご紹介します。副作用や飲み合わせに気をつけて服薬しましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部