2016年12月21日 更新

薬の「相互作用」、予防にはお薬手帳を活用しよう

同時に複数の薬を服用すると、薬の効果が「相互作用」によっては変化することがあります。この相互作用には、重複、対抗、変化と3種類あります。 この相互作用によって変化した薬が人体に良い影響を及ぼすということは稀で、ほとんどの場合は有害です。 そこで3種類の相互作用とその予防法についてご紹介します。

113 view お気に入り 0

「相互作用」とは?

薬物相互作用(やくぶつそうごさよう、英: Drug Interaction)は、血中に複数種類の薬物が存在することにより、薬物の作用に対して影響を与えることである。薬物相互作用により薬物の作用が増強する場合や減弱化する場合、新たな副作用が生じる場合がある。薬物相互作用は一般に薬物動態学的相互作用と薬力学的相互作用に分類される。また、食品なども薬物の作用に影響を及ぼすこと(合食禁)があり、これらも薬物相互作用の一種である。

同じ効果の薬を使用【重複】

 (2228)

市販薬でよくあることなのですが、ついうっかり同じような有効成分を持つ2種類の薬を服用すると、薬の効果だけではなく副作用までもが強まることがあります。これを重複といいます。

これを上手く利用した治療法があり、例をあげると高血圧の患者さん向けに降圧薬を処方するときに行われます。1種類の薬を多めに処方するよりも、複数の薬を処方して重複の作用を利用することで血圧を下げた方が副作用のリスクを軽減できるのです。

また、副作用を軽減することを目的としてがんの治療にも重複は利用されています。重複という作用を利用して複数の薬を投与することを、併用化学療法といいます。
この治療法は、複数の医師が1人の患者さんに対して行うと、深刻な問題が起こることがあります。例えば、3人の医師のうち2人は睡眠補助薬を処方し、もう1人が沈静作用のある薬を処方したら、強烈な鎮静作用とめまいを起こす可能性があります。

重複を効果的に使うことは、専門知識をもった医療従事者による処方、指導が必ず必要ですので、自己判断による安易な実行は厳禁です。

反対の作用を持つ薬を使用【対抗(拮抗)】

Free illustration: Arrows, Plus, Minus, Opposites - Free Image on Pixabay - 1668909 (2126)

反対の効果を持つ2つの薬を服用すると、片方もしくは両方の薬効が低下することがあります。これを対抗(拮抗)といいます。
たとえば、痛みを抑える効果があるイブプロフェンは、体内に塩分や水分を溜め込む作用があり、利尿薬として用いられるヒドロクロロチアジドなどは、体から塩分や水分を排出する効果があります。
この両方を服用した場合には、それぞれが反対の効果を持つので対抗が起こり、利尿薬の効果を低下させてしまいます。

プラス・マイナスで薬の効果を打ち消すと期待する結果には当然なりませんので、こちらも良く医師や薬剤師と相談しましょう。

薬の吸収や代謝が変化する【変化】

 (2229)

薬の作用によって、他の薬の吸収・分布・代謝・排泄が変わることがあります。これを変化といいます。薬に薬としての効果を期待できる状態のことを活性といい体内で作用し、その後、不活性化により薬の効果が無効化されて薬が消滅します。薬は体にとっては異物なので有害物質と判断されて、肝臓からP-450酵素系が作用して不活性化が行われます。このような肝臓による薬の不活性化に影響を与える薬もあり、薬の不活性化を速めたり遅くしたりします。

たとえば、癇癪の痙攣発作や抗不安薬として用いられるフェノバルビタールが肝臓のP-450酵素系の活性を高めると、血栓症の治療に使用されるワルファリンという抗凝固剤を不活性化してしまい効果が減少してしまいます。そのためワルファリンの量を増やすことで対処します。ワルファリン増量後に、フェノバルビタールの服用をやめてしまうと、今度は出血のリスクを高めるので、患者さんの経過をこまめに観察することと、薬剤投与量の調整が必要です。

身近なものでいくと、タバコに含まれる化学物質にも肝臓の酵素活性を高める作用がありますので、投薬を受ける前に喫煙しているかどうかは必ず医師に報告しましょう。

薬の相互作用のリスクを減らす方法

ダウンロード完了|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (2128)

処方薬同士の組合せでおこることが多い薬の相互作用ですが、一般的な市販薬でも十分に起こる可能性があります。知っている方も多いですが、アルコールも薬物と同様に薬と一緒に飲むとこれも相互作用を引き起こします。
また、市販のサプリメントや栄養補助食品でも薬と相互作用を起こすものがあるので、自分が服用している薬は全て一覧表にしておき、どんな薬でも初めて服用するときは、かかりつけの医師に相談するとよいでしょう。

以下のリンク先記事も基本的な知識として一読をおすすめします。
薬の相互作用リスクを減らすためには、薬局選びも大切です。患者さんごとの薬暦管理を実施している薬局を見つけて「かかりつけ薬局」とし、処方せんを受け取ったら原則毎回必ずその薬局で調剤することで、相互作用の危険性をチェックしてもらうことができます。

かかりつけ薬局を見つけたら、薬の効果や副作用、相互作用について不安があれば詳細な内容を薬剤師に確認しましょう。今ではインターネットなどで検索することで自分でも知識を得ることは可能ですが、その情報の正確さや信頼性はやっぱりかかりつけ薬局で薬剤師にきちんと確認することが大切です。

また、そのためには自分自身の情報を正確に伝聞できるように、アレルギーの有無や薬の服用後の体調の変化などの過去の異変をお薬手帳にメモを残しておきましょう。
16 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

おくすり手帳の持参で、かかりつけ薬局を活用しましょう

おくすり手帳の持参で、かかりつけ薬局を活用しましょう

2016年の4月から、かかりつけ薬局を利用する場合と、その他の薬局を利用する場合で、医薬品の価格に大きな開きが出るようになりました。医療費はできるだけ抑えたいけど、どうしたらよいのかわからないという方の疑問にお答えします。
あなたの薬の飲み方、あってますか?基本的な知識を復習しよう

あなたの薬の飲み方、あってますか?基本的な知識を復習しよう

薬の服用は、必ず水分と一緒に薬を飲むことが基本です。手元に水がないからという理由で、無理やり飲み込んだり、水以外の飲み物で飲んだりしていないでしょうか。薬は正しく服用しないと、効果が出なかったり、予期せぬ副作用を引き起こしたりしてしまうこともあります。今回は薬を正しく服用するための、「薬の飲み方」についてご紹介します。
しっかり書いて「もしも」に備える、お薬手帳の活用例まとめ

しっかり書いて「もしも」に備える、お薬手帳の活用例まとめ

みなさんはお薬手帳を持っていますか?持っていてもその重要性は意外と認識されていないのではないでしょうか。そもそもお薬手帳とはどう使うのか、実はあまり理解していない方が多いように思われます。 お薬手帳に「情報」を記載することで、いざという時に命を救われるかもしれません。「めんどくさい」「そのうちに」と考えている方にぜひ知ってほしい、お薬手帳の活用例をご紹介したいと思います。
活用しないのはもったいない!お薬手帳の4つのメリットを解説

活用しないのはもったいない!お薬手帳の4つのメリットを解説

「お薬手帳」という名前を一度は聞いたり、薬局でもらったりしたことある方、多いのではないでしょうか。しかし、正しい使い方や使うことのメリットなど、詳しく調べたりしたことありますか?お薬手帳を使用することは、ご自身の体、健康を守ることでもあるのです。ここでは、お薬手帳を使うことのメリットをご紹介します。
地震に備えて「お薬手帳」?それってどういうこと!?

地震に備えて「お薬手帳」?それってどういうこと!?

日本は正真正銘地震大国。日本人は世界各国の中でもトップクラスの高い防災意識を持っていると言われています。そんな私たちでも「お薬手帳が命を守ってくれるツール」であることは意外に知らないのではないでしょうか? 今回はまだ記憶に新しい熊本地震を事例に、お薬手帳の大切さを改めて考えてみました。
KEI | 1,046 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部