2017年6月23日 更新

コレステロールは注意が必要!ただし、脳にとっては必要なもの?

コレステロールと聞くと、悪いイメージを持つ人も多いでしょう。しかし、実は身体に必要な栄養素なのです。大切なのは、悪玉と善玉の比率である「LH比」。ここではコレステロールとはなにか、またその注意点や危険性をご紹介します。

13 view お気に入り 0

コレステロールとは

Free photo: Burger, Burgers, Cheeseburger - Free Image on Pixabay - 1868732 (8735)

コレステロールがなにかをよく知らないまま、メディアを鵜呑みにして「コレステロールは悪いもの」という固定観念を持っていませんか。実はコレステロールは身体を作る上で必要不可欠な栄養素であり、生きてく上で欠かせない脂質の一種で細胞膜を構成するうえで大切な成分です。しかし、副賢皮質ホルモンや性ホルモンのもとになる成分でもあり、栄養分の分解や吸収をする胆汁酸の主成分でもあるため、血中にコレステロールが増えすぎると血管が詰まり、動脈硬化をはじめとする生活習慣病を引き起こしてしまいます。

大切なのは「LH比」!

 (8736)

コレステロールには大きく分けてふたつの種類があります。ひとつはコレステロールを体へ運ぶLDコレステロール、もうひとつが蓄積されたコレステロールを排出するHDLコレステロールです。これらのバランスがきちんと摂れていれば、コレステロールは決して身体に悪いものではありません。冒頭で少しご紹介したように、最近の研究ではLDLコレステロールとHDLコレステロールの比率のことを指す「LH比」という指標が注目されており、動脈硬化が進んでいるか判断する目安となっています。このバランスが崩れてしまうのは、おもに喫煙や運動不足、肥満や食べ過ぎなどが原因です。これらは普段の生活から意識することで予防できます。コレステロールの2/3は体内で生成されており、1/3は自分で補う必要があります。トマトや椎茸、大豆、青魚にも含まれているので食生活に取り入れてみましょう。

コレステロールとアルツハイマー

 (8737)

アルツハイマー病における脳コレステロールの役割を研究してきた科学者によると、コレステロールを運ぶAPOEというたんぱく質が変異すると、アルツハイマー病のもっとも強い遺伝的リスク因子となるとのこと。さらに、心血管系のコレステロール濃度を低下させる薬物は、糖尿病や糖尿病関連疾患のある人には有効であるが、血液中のコレステロールは通常脳に入り込むことができません。そのためコレステロール代謝は脳内とそれ以外では大きく異なるものといわれており、心臓には悪いが脳には必要であるということが分かりました。

まとめ

コレステロールはバランスが大事で多すぎても少なすぎてもよくないものです。血液検査で正確な値を測定する事もできるので、気になる方は一度病院で検査をしてみるのもいいかもしれません。
11 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

休みの日は親と一緒に外出しませんか?自宅にこもる高齢者にはこんな危険性が・・・!

休みの日は親と一緒に外出しませんか?自宅にこもる高齢者にはこんな危険性が・・・!

年をとると外出を避けるようになりがち。しかし、自宅にこもったまま毎日を過ごすという単調な生活は、認知症やうつ病の発症確立を高める危険性があります。今回は、家族だからこそできる対策や原因をご紹介します。夏休みなどまとまった休みを取りやすいタイミングで、1日は自分の両親や祖父母との外出を考えてみてはいかがでしょうか。
身体の悲鳴?ストレスからくる過敏性腸症候群とは

身体の悲鳴?ストレスからくる過敏性腸症候群とは

お腹の痛みに下痢や便秘の症状が伴う病気を、過敏性症候群といいストレスで症状が悪化することから心身病とされています。過敏性腸症候群はストレスに対する身体からのSOSで悪化していき、心身症のひとつとされています。ここでは過敏性腸症候群について症状と原因、そして治療についてご紹介します。
高齢者だけじゃない!赤ちゃんにも注意したい「誤涎性肺炎」とは

高齢者だけじゃない!赤ちゃんにも注意したい「誤涎性肺炎」とは

「誤涎性肺炎」 という言葉を聞いたことがある人はあまり多くないかもしれません。飲み込んだ食べ物などが食道に誤って入り、その食べ物に付着した細菌が感染して起こる肺炎で、高齢者や赤ちゃんに多い病気とされています。ここでは「誤涎性肺炎」の症状や注意点などを見ていきます。
耳掃除のし過ぎに注意!耳を守るためのポイントとは?

耳掃除のし過ぎに注意!耳を守るためのポイントとは?

子どものころからなんとなく続けている習慣のひとつである耳掃除。風呂上がりに綿棒で耳の中を掃除すると、なんとも言えない気持ちよさにうっとりしてしまいます。でも、耳掃除で耳の中を傷つけると、かえって耳あかが増えてしまうので注意が必要です。
赤ちゃんによくある肌荒れ、「乳児湿疹」とは?特徴と原因は?

赤ちゃんによくある肌荒れ、「乳児湿疹」とは?特徴と原因は?

大人と比べるとバリア機能が脆弱な赤ちゃんの肌には、様々なトラブルが起こります。その中でもよくあるのが「乳児湿疹」です。乳児湿疹には様々なタイプのものがあり、中には赤ちゃんの命に危険が迫ってしまうものあります。そうした事態を未然に防ぐためにも、一体乳児湿疹にはどんな種類があるのか、ここで確認しておきましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部