2017年2月21日 更新

海外旅行に行くなら、持っていくべき薬とお薬手帳活用法

楽しい海外旅行先で、急な病気やケガにおそわれることがあります。病気などの健康面のトラブルは時間や場所を選んでくれません。楽しい旅行にするために備えて、体調を整えておくのも大切です。そして、常備薬がある人は忘れずに持参して、もしかしたら現地のクリニックを訪れることになるかもしれないので、お薬手帳も持参しましょう。お薬手帳の活用法をチェックします!

230 view お気に入り 0

服用中のお薬のリストは英語で!

Free photo: Schüssler, Tablets, Homeopathy - Free Image on Pixabay - 957258 (4188)

海外旅行に行くときに、いつも飲んでいるお薬がある場合は、そのお薬を忘れずに持参するのはもちろんですが、お薬手帳に英文の薬剤リストを貼っておくといいでしょう。処方箋により出されたお薬の情報は、お薬の名前はほとんどのものがカタカナ名で書いてありますし、クリニック名やドクターの名前は漢字やカタカナなど、日本人である私たちがわかりやすいスタイルで記載されています。海外にお薬を持参する場合、訪れる国によっては、手続きが必要になります。麻薬が治療に使われている国もありますが、持っているだけで違法になる日本のような国もあります。向精神薬も手続きが必要な場合があります。注射薬については、量にかかわらず、資料の提出が必要になります。主治医に相談するか、地方厚生局に確認してください。そして英語で書かれたお薬についての情報をお薬手帳に貼っておくことで、それが医療品であることがわかりますし、英語で書かれた診断書を持参すればなおいいでしょう。

胃腸薬や整腸剤なども持参する

 (2937)

旅先で急な病気になったりしたとき、クリニックに行ける時間ではなかったり、クリニックにいくほどではないという症状の場合は、飲み慣れた薬を持参して、症状を緩和させるのが一番です。海外旅行の場合は、ドラッグストアに出かけても、お薬の名前も服用の仕方も母国語で書かれているのでどれを買っていいのかわからなくなる人も少なくありません。いざという時のことを考えて、日本から薬を持ち込みましょう。例えば、海外でお水があわなかったり、食べ物の違いからおこったりする下痢や胃痛のために胃腸薬や整腸剤は持っていった方がいいです。そして、時差や過密スケジュールからくる頭痛や発熱にきく鎮痛時もあったほうがいいでしょう。長時間歩くことで足や腰が披露し、靴擦れがおこることもありますので、シップや炎症鎮痛剤、絆創膏も持参しましょう。そして、持参した薬剤は英語でリストを作成しておくと税関などでのトラブルを防ぐことになるでしょう。

飲みなれた薬を常備する

 (2945)

海外の旅行先でやってしまうのが、日差しの様子がわからずに、熱い日差しをたっぷりとうけてしまった腕や肩、脚がやけどのように赤くなってしまうということです。ひどい場合は水ぶくれ状態になります。特に子供の場合は、元気に遊びまわることで、日焼け止めなども汗で流れ落ちてしまい、塗り直しをしないままの状態でいると大変なことに!いろいろなことを想定して、子供のお薬も持参しておきましょう。使い慣れたお薬が一番です。現地の季節や気温、風土、日差しなどを調べておいて、正しい情報を得たうえで必要になるかもしれない医薬品を持参してください。もし、可能であれば、行き先の国に、そのお薬を持ち込むことができるかどうかの確認もしておいたほうがいいでしょう。国によってお薬の基準はさまざまですので、もし万が一、持ち込み許可を得る必要がある場合、書類提出が必要になるので、英語でリストを作成しておきましょう。

旅行のときは下調べと準備を入念に

お薬の基準や、お薬の成分は国によってさまざまです。もし海外旅行でお薬が必要になることがあったときには、使い慣れたものを服用するのが一番です。いくつかの薬を常備する場合はお薬手帳を活用しましょう。持ち込むお薬については英語で書いた薬剤リストを作成して貼り、ドクターに英語の診断書を出してもらうのもひとつです。
11 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

水でも注意!薬を飲む時の落とし穴とは!?

水でも注意!薬を飲む時の落とし穴とは!?

ご家庭にあるミネラルウォーターサーバーで薬を飲む人も少なくないかと思いますが、薬との飲み合わせの相性はどうなのでしょうか。また、薬に適している水は硬水なのでしょうか軟水なのでしょうか。かかりつけの先生や、調剤の際の薬剤師聞いてみると良いでしょう。その際に活用できるのがお薬手帳です。病院に行く際には必ず必要となってくるものなので、お薬手帳に書いていればまず忘れにくいかと思います。
飲み会続き・ストレスで胃が痛い!市販の胃薬を買う時の注意点【お薬手帳メモ】

飲み会続き・ストレスで胃が痛い!市販の胃薬を買う時の注意点【お薬手帳メモ】

度重なる歓迎会や送別会、あるいは人間関係のトラブルで胃が痛いという人はいませんか。付き合いで断れず、さらにストレスが溜まるという悪循環もあることでしょう。通院する時間がないときに、市販の胃薬は心強い味方ですが、市販薬を飲むときには注意点があります。今回は市販の胃薬を購入するときの注意点と、お薬手帳の活用方法をご紹介します。
ジェネリック医薬品を服用する人のお薬手帳の使い方

ジェネリック医薬品を服用する人のお薬手帳の使い方

医師からの処方には先発薬とジェネリック医薬品とよばれる後発薬があります。先発薬の利用からジェネリック医薬品に変更した場合は、薬剤の過剰投与を避けるためには、お薬手帳の活用が便利です。使い方は処方箋薬局に忘れず持って行くだけ。それだけで安全にジェネリック医薬品を服用することができます。安心して服用するためにもお薬手帳を上手に利用することが大切です。
歯医者さんで出される薬って?治療のために通う時はお薬手帳を忘れずに!

歯医者さんで出される薬って?治療のために通う時はお薬手帳を忘れずに!

治療中の歯の痛みを和らげる場合など、歯科医でも薬を処方してもらうことがあります。その際、ほかの医療機関で処方された薬と似たものを処方されることもあり得ます。今回は、歯科でよく処方される薬やお薬手帳の活用方法についてご紹介します。副作用や飲み合わせに気をつけて服薬しましょう。
災害時の備え、お薬手帳をわすれずに!

災害時の備え、お薬手帳をわすれずに!

災害時において、お薬手帳の持つ役割について世間の目が変わりつつあります。今までの処方された薬の量や種類等を記載し、服用履歴を管理するためのお薬手帳。東日本大震災時にこのお薬手帳の有無によって医療機関での待ち時間に大きな違いが生じていました。大災害に見舞われた時、医療機関のスムーズな対応が、大きな混乱を防ぐ手立てとなります。持病のある方、掛かり付けの医師をお持ちの方はお薬手帳の有無を確認しましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部