2017年1月8日 更新

スマホ買い替え時にチェック!お薬手帳アプリ、入れていますか?

最近は病院に受診しても、お薬は院外処方になっており、調剤薬局に出向かなければならない場合が増えています。また、病院で診察を受ける際にも、必ず「現在飲んでいる薬はありますか?」と質問されます。そんな時に、お薬手帳を持っていればすぐに答えられるのですが、お薬手帳を持って出かけるのを忘れてしまうことも多いです。

133 view お気に入り 0

忘れてしまいがちなお薬手帳

 (2648)

病院を受診する時は、診察券や保険証と共にお薬手帳も持参するのがおすすめです。初診でかかる病院では必ず問診が行われますが、その時に必ず尋ねられるのが、「現在飲んでいるお薬があれば教えて下さい」という質問です。自分が飲んでいる薬の名前をきちんと覚えている人ならすぐに答えられますが、そうでないと漠然としか答えることができません。そんな時に、お薬手帳を持っていれば、それを見せることでお医者様には、どんな持病があるのかということが伝えられますし、現在の症状を改善する薬を出す際に、飲み合わせを検討してもらえます。しかし、意外と持って行くのを忘れてしまいがちなのもお薬手帳です。お薬手帳は持って行くのを忘れても、最近の人ならスマホは必ず持って行かれる方も多いのではないでしょうか。お薬手帳のスマホ用アプリがあり、便利な機能も多いので、スマホの買い替えを検討している方は、ダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

電子お薬手帳のメリット

Free vector graphic: Qr Code, Scanner, Bar Code - Free Image on Pixabay - 156717 (4212)

お薬手帳を常に持ち歩く人はあまり多くないでしょうし、複数のお薬手帳を持っているという方も多いのではないでしょうか。また、前回もらったシールを貼り忘れてしまったという方も多いと聞きます。そんな方にとって朗報とも言えることですが、2016年4月から、一定の要件を満たした電子お薬手帳が紙媒体のお薬手帳と同様の役割を果たすものとして利用できるようになりました。電子お薬手帳はアプリになっているものが多いので、スマホにダウンロードしておけば、お薬手帳の持ち忘れを防ぐことができますし、災害時などにも役立ちます。個人差がある副作用などについての情報を、薬剤師と共有することもできます。このアプリを使用することで、事前に病院で出された処方箋を調剤薬局に送付しておくことができるため、調剤薬局での待ち時間を減らせます。さらに、家族のお薬手帳をまとめて管理することができるなど、便利な機能が満載です。

電子お薬手帳の課題と今後

Free photo: Iphone, Smartphone, Apps, Apple Inc - Free Image on Pixabay - 410311 (4213)

魅力の多い電子お薬手帳ですが、各薬局でお薬手帳の出力機能を追加したものの、データ量の都合から紙媒体のお薬手帳と必ずしも一致しない場合もあります。個人情報流出についての配慮が必要なことや、薬局での電子お薬手帳の閲覧方法や利用者からの薬局への情報提供の方法などが統一されていないという課題があります。しかしその一方で、厚生労働省は、利用者が1つのお薬手帳サービスを利用してもらうように促すことを推奨しています。以前は、薬局が独自のアプリを利用していた場合は、他の薬局では対応できない場合もありました。各薬局が用いているアプリでなければ利用できなかったために、利用者は薬局に合わせてアプリを複数持たなければならず、お薬手帳を持っていることで飲み合わせの悪い薬を提供するのを防ぐという目的が果たされていませんでした。それが、標準化に向けて一歩踏み出したと言えます。厚生労働省も、2018年度までに電子版のお薬手帳の機能を向上させ、普及させていくことを目標としています。

現代人の必需品

2016年4月から、一定の要件を満たした電子お薬手帳が紙媒体のお薬手帳と同様の役割を果たすものとして利用できるようになりました。電子お薬手帳はアプリになっているものが多く、事前に処方箋を調剤薬局に送付することや、家族のお薬手帳を一括管理できるなど便利な機能も揃っています。スマホの買い替えを検討している方は、アプリをダウンロードすることをおすすめします。
11 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

政府が後押し「病院丸ごとデジタル化」、お薬手帳もデジタル化しよう!

政府が後押し「病院丸ごとデジタル化」、お薬手帳もデジタル化しよう!

日本の政府が後押ししている医療行為のデジタル化には、一例として患者を問診する時、主な訴えのデジタル化があります。そうすることで、医療現場を効率よくすることが狙いとなっています。それに伴ってお薬手帳をアプリ化に進めていくことで、お薬手帳を携帯していない時でもスマホ等のアプリで瞬時に確認ができるので便利になります。
【お薬手帳アプリレビュー】~EPARKお薬手帳編~薬検索、処方箋自動反映機能など満載!

【お薬手帳アプリレビュー】~EPARKお薬手帳編~薬検索、処方箋自動反映機能など満載!

病院で受診するときや、薬局で調剤をしてもらうときに便利な「お薬手帳」ですが、近年アプリにダウンロードする電子版のお薬手帳に注目があつまっています。今回はEPARKが提供するお薬手帳に関してレビューします。紙版と違い、電子版ならではの便利な使い方は必見です!
【お薬手帳アプリレビュー】~お薬手帳プラス編~健康管理コンテンツも続々!

【お薬手帳アプリレビュー】~お薬手帳プラス編~健康管理コンテンツも続々!

これまでお薬手帳といえば、紙製のものがポピュラーでしたが近年ではさまざまな企業が独自の電子版お薬手帳を配布しています。今回はそのうち、調剤薬局の国内大手である「日本調剤」が提供する「お薬手帳プラス」についてレビューします。使い心地や便利な機能をおさえてぜひ有効活用してみてください。
【お薬手帳アプリレビュー】~ホッペクラブ編~こどもに使いたい可愛さ!

【お薬手帳アプリレビュー】~ホッペクラブ編~こどもに使いたい可愛さ!

紙製に代わる形で人気を集めている電子版のお薬手帳ですが、現在ではさまざま企業が独自にアプリを開発しています。今回注目したいのが「ホッペクラブ」。可愛らしいデザインや便利な機能で話題を呼んでいます。今回はホッペクラブの使い方と各機能の詳しい解説をいたします。
病院電子化へ―2020年運用開始の「PeOPLe」って知ってた?

病院電子化へ―2020年運用開始の「PeOPLe」って知ってた?

今年10月に厚生労働省は、「PeOPLe(ピープル)」という医療システムの導入を決定しました。これは国民の基本的な医療履歴をデータベース化し、幅広く活用するシステムのことです。では「PeOPLe」とは具体的にどんなシステムなのでしょうか? 今回はこれから導入が開始される上記サービスに関して解説いたします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部