2016年12月29日 更新

「おせち料理」は健康料理! 健康な一年を祈念して美味しく食べよう

もうまもなく今年も終わり。忘年会やクリスマスが慌ただしく過ぎた後は、新しい年に向けて急ピッチで準備をしていく時期です。日本のお正月に欠かせないものは、家族や親戚などが寄り集まって食べる「おせち料理」。その由来は諸説ありですが、実は健康料理ともいわれていることをご存知でしょうか。今回はそんな「おせち料理」の健康に良いポイントをご紹介いたします。

45 view お気に入り 0

「おせち料理」の由来は!?

 (2047)

「おせち」という言葉のルーツは、平安時代の朝廷行事にさかのぼるといわれています。
現代のように年の初めはもちろん、3月3日や5月5日などのご節句に悪魔払いを祈願して用意するようになったのが「おせち」のはじまり。この習慣が江戸時代後半には「おせち料理」の原形になり、その後料理文化が発展して現代のような豪華なお正月の料理として知られるようになりました。正式に「おせち料理」と呼ぶようになったのは、明治時代以降といわれています。
その他にも、普段休みのないお母さんを休ませるために慣習化された説など、その由来には様々ありますが、いずれにしても平成の世となった現代でも、日本のお正月には欠かせない風物詩にはかわりまありません。

「おせち料理」は健康的!

 (2050)

「おせち料理」は年神さまを迎えて、健やかな新年をお祝いするための食事です。
卵や野菜、肉や魚などのさまざまな食材が盛り込まれたおせちは、一年の最初の料理としてとても豪華に作られます。
様々な食材が散りばめられたおせち料理は、野菜や海藻類、豆や芋など1日に摂取したい食品をほぼ網羅しており、実は栄養面でも非常に優れているのが特徴。「この一年間を、健康的にすごせますように」という願い通り、とても理にかなったメニューなのです。

たとえば、「一年をまめに暮せるように」と願いが込められた「黒豆」には、良質なタンパク質を含みビタミンBを含むため疲労回復にもぴったり。またカタクチイワシの稚魚を干した「ごまめ」には、小魚なのでカルシウムやミネラルが豊富です。なんと15g程度で1日に必要なカルシウムの3分の1を摂取することができます。
また、お子さんや女性から人気の「栗きんとん」には「財産が溜まるように」との意味が込められているといわれます。栗きんとんは便秘に効くヤラピンといった成分を含み、またビタミンCも豊富なので肌にも嬉しい効果が見込めるのがいいですね。
その他にも、食物繊維を含む「たたきごぼう」や、魚のすりみでありタンパク質が摂れる「かまぼこ」など、体に必要な栄養素がふんだんに使用されています。重箱の中にある様々なおせち料理が、私たちの健康をサポートしてくれていると考えると、またありがたみが増すことでしょう。

新年は「おせち料理」で迎えましょう

 (2051)

「おせち料理」には私たちが普段の生活を過ごす上で上で非常に大切な栄養のある食材が様々な味付けに工夫され、豊富に使用されております。まさに、新しい年の自分の心身の健康を願うタイミングには、ぴったりの料理。

ただここで一つ注意点。市販のおせち料理の場合、糖分や塩分などが思ったよりも多く使われていることもあるので注意が必要です。ついついつまんでしまうおせち料理ですので、知らず知らずに糖分や塩分の過多になってしまうかもしれません。そうなったら本末転倒。ちょっと意識しておきましょう。

もし少し時間に余裕がある方は、一品だけでも自分で作ってみてはいかがでしょうか。インターネットには、簡単に作れるおせち料理のレシピも様々公開されています。ほんのちょっとしたものでも自分で作った料理は格別ですよね。

日本の伝統文化であるおせち料理。新しい気持ちで新年の始まりを迎える儀礼として、おめでたくもあり栄養価も高い「おせち料理」を再認識してみましょう。でも調子に乗って食べ過ぎには注意ですよ!?
9 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

細胞の生まれ変わり「ターンオーバー」を意識して、健康・キレイをつくろう!

細胞の生まれ変わり「ターンオーバー」を意識して、健康・キレイをつくろう!

肌の細胞が代謝によって定期的に生まれ変わる「ターンオーバー」。このリズムの乱れは肌のごわつきや、くすみ、ニキビなどの厄介なトラブルを引き起こします。肌の健康のためには外部の刺激から肌の細胞を守り、ターンオーバーのリズムを正常に保つことが大切です。
味の組合せで、色んな調味料を再現してみよう

味の組合せで、色んな調味料を再現してみよう

料理をするうえで、全体の味を構成する決め手となりときには隠し味として活躍する調味料。自宅にある調味料の持ち味や特徴をきちんと理解するだけで、料理の腕が格段にアップします。今回はそんな調味料についてご紹介します。
日本酒のすごさ!健康・美容への効果、適量は?

日本酒のすごさ!健康・美容への効果、適量は?

近年改めてそのヘルケア効果で注目されつつある日本の食文化。そのなかでも、「醸造酒」と呼ばれる発酵させてつくられるお酒のひとつ・日本酒が見直されています。有機酸やアミノ酸、ビタミンを代表とする100種類以上の成分が入っていてさまざまな症状に働きかけてくれるのだとか。今回は日本酒の効果効用についてご紹介します。
健康的な体作り、まずはウォーキングから始めてみませんか?

健康的な体作り、まずはウォーキングから始めてみませんか?

「食欲の秋」、「スポーツの秋」、「芸術の秋」といった言葉があるように、秋はなにかに打ち込むのには最適な季節。夏はうだるような暑さのために計画的に運動を継続することができなかったという人も、この気候を利用して健康的な身体づくりを意識してみてはいかがしょうか。激しい運動が苦手で抵抗がある人にぜひともオススメしたいのが、ウォーキング。今回は気軽に続けられるウォーキングのメリットややり方についてご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部