2017年1月9日 更新

シニアの親を持つなら、お薬手帳について理解しよう

薬を服用する機会が増えるシニア世代、普段何気なく口にしているサプリや食材との組み合わせによっては、薬が危険をもたらし、時には死に至る食べ合わせとなってしまうこともあります。シニア世代にとって潜んでいる多くの危険を未然に防ぐためにも、シニアの親を持つ一人一人がお薬手帳の重要性を理解することで、身近にあるリスクも未然に対応していくことができるでしょう。

年齢層にあったお薬手帳の活用法

 (4300)

インターネット調査会社、マイボイスコムが結果を公開しているお薬手帳に通手のアンケートがあります。回答者は、50代以上の方が半数を占め、お薬関係のテーマへの関心が伺えます。お薬手帳の利用状況を調べたアンケートによると、お薬手帳の利用者は、71%と半数以上にわたり、その中でノート版のお薬手帳の利用者は71.3%、電子版お薬手帳の割合が1.9%となりました。回答をしたお薬手帳を利用する世代には、スマホになじみの薄い高齢者が多いこともこの結果に影響しているようです。電子版のお薬手帳には、ノート型に比べ履歴を多く残せることや、お薬手帳を忘れるということもなくなり、万一の災害場面でも利用することができるなど多くの利点があります。また、家族分の登録も可能な為、スマホに馴染みのない高齢者の方々のお薬手帳を家族が把握することができるので、シニア世代を持つ方々にとって、万一の場合にもスムーズに対応することが可能になります。

お薬手帳で高齢者を守る

 (2605)

アレルギーや副作用歴、薬の重複や相互作用を防ぐため、薬の使用歴を記録するためのお薬手帳は、受診する際に、医師に提示する他、薬局で薬を処方してもらう際に薬剤師が確認することにより防ぐことができます。より適切化した薬物治療につながるお薬手帳は、必要不可欠と言えます。日常的に、薬を服用する機会が多く頻繁に薬局を利用する高齢者のお薬手帳の利用率が高い反面、利用していない方々がいるのも現状です。複数の診療科を受診し、服用する薬剤の数も増えるとお薬の重複や相互作用が起こりやすくなってしまうのは確かです。薬が適正使用されるだけでなく、医療費の負担を軽減することにもなるお薬手帳の特性を高齢者の方々だけでなく、シニア世代を親に持つ、30代、40代の方々が理解し、活用していくことで、より適正化した治療につながります。一人一人意識し普及につなげていくことで、高齢者の健康を守ることにもつながっていくことになるでしょう。

お薬手帳で事故への注意喚起

 (2619)

近年、高齢者がかかわる交通事故がよくニュースで見られるようになりました。それを受け県警は、お薬手帳を活用した事故防止の広報活動を始めました。シニア世代が薬局で薬を処方してもらうときに、薬の服用履歴を記録するためのお薬手帳に、自発公式反射材を貼り、事故に遭わないように注意喚起を図るというものです。高齢者は、日常的に薬を服用している人が多く、お薬手帳を8割近くの方々が利用しているということもあり、頻繁に目にとめてもらえるお薬手帳への貼り付けが効果的と考え、一部の店舗で薬剤師が手帳に貼り、事故防止の注意喚起を呼びかけています。色々な形で高齢者の身体の健康と安全を守るお薬手帳には、たくさんの利点があるようです。シニア世代を持つ30代40代の方々のお薬手帳の利用率も今後重要視され、お薬手帳を広めようと展開されていく中で、より一層高齢者の方々だけでなく、それぞれの世代にもお薬手帳が、活用されていくでしょう。

年とともに重要になるお薬手帳

高齢者が薬局で薬をもらう際に薬の服用履歴を記録するためのお薬手帳が、医療現場だけでなく、近年多発する交通事故への注意喚起を促すツールとしても活用されるようになりました。お年寄りの、身体の安全を守る為にもお薬手帳は、重要な役割を果たしています。今後、利用率が今一つのシニア世代を親に持つ世代の理解が高齢者の健康を守っていく上で重要な鍵となっていくでしょう。
11 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

高齢者のためのお薬手帳活用法!

高齢者のためのお薬手帳活用法!

高齢者になると病気や怪我などが多くなり、医療費の負担が増加傾向になります。健康保険には、医療費をお得に抑えられる高額療養費制度などがあり誰でも利用することが可能なのです。お薬手帳には病院で出された領収書を貼る、メモをとるなどして、こまめな医療費のチェックが大切になります。お薬手帳をうまく活用しながら、お金の出費を減らすことは不可能ではないのです。
意外と高い、お薬手帳の利用率「73%」!まだ持ってないのはモッタイナイ!

意外と高い、お薬手帳の利用率「73%」!まだ持ってないのはモッタイナイ!

公的医療の診療報酬が4月から改定されました。薬局を利用する際に、お薬手帳を持参すると支払い料金が最大40円程安くなります。お薬手帳とは、薬の服用履歴やアレルギー、既往症など医療関係者が必要とする情報を記載する手帳のことで、医師や歯科医師、薬剤師がどのくらいの期間どのような薬を使ったのかを確認するために使う手帳のことです。
「うつ病」の方、お薬手帳持っていますか?必要となる3つのシーン

「うつ病」の方、お薬手帳持っていますか?必要となる3つのシーン

最近、病院や薬局に行くとまずお薬手帳の提示を求められることが多いと思います。お薬手帳をお持ちですかと。お薬手帳は持っていると便利なことがたくさんあります。持っているだけではなく、管理もしておくと提示の際に助かることがあります。特に薬や医療の専門的な知識がない人には必須になってきます。今までの通院歴が説明しなくても一目で分かるのです。
あなたの親が認知症になってしまったら気をつけたいこととお薬手帳

あなたの親が認知症になってしまったら気をつけたいこととお薬手帳

認知症患者は450万人以上、予備軍と言われる患者さんは400万人以上と言われます。介護者によるサポートを受け、主に投薬治療や生活支援などを受けています。認知症は治らない病気として知られていますが、投薬治療により進行を遅らせることが出来ます。病気が進むにつれ、他人へ気持ちを伝えることが困難になっていきます。投薬治療を行う際には気を付けるべき点がいくつかあるでしょう。
処方される薬の一般名(成分名)と商品名ってどういうこと?

処方される薬の一般名(成分名)と商品名ってどういうこと?

医師に処方箋をもらう際、なにげなく薬局の受付に提出していませんか? 実は処方される医薬品には一般名(成分名)と商品名があり、場合によっては医師の判断で「一般名処方」されていたり、「商品名処方」されていることがあります。今回はその両者の特徴やメリットやデメリットについて解説します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部