2017年1月9日 更新

処方される薬の一般名(成分名)と商品名ってどういうこと?

医師に処方箋をもらう際、なにげなく薬局の受付に提出していませんか? 実は処方される医薬品には一般名(成分名)と商品名があり、場合によっては医師の判断で「一般名処方」されていたり、「商品名処方」されていることがあります。今回はその両者の特徴やメリットやデメリットについて解説します。

446 view お気に入り 0

一般名処方って?

Free photo: Medical, Appointment, Doctor - Free Image on Pixabay - 563427 (4036)

一般名とは商品に含まれる成分から、調剤するお薬をざっくりと指定することです。たとえば頭痛や解熱用に使われる有名な薬で「ロキソニン」と呼ばれるものがあります。「ロキソニン」とは製薬メーカーがつけた商品名であり、実際に含まれる成分は「ロキソプロフェン」です。この成分が薬の作用を支えています。一般的に処方箋には、商品名で薬を指定することが多いです。しかし、医薬品や薬局の規模によっては必要な薬を置いていないこともあり、そんなときに活躍するのが「一般名処方」なのです。
たとえば「ロキソプロフェン」と処方箋に指定されていれば、「ロキソニン」でも結構ですし、「ロキソプロフェン」を含有するほかのジェネリック医薬品でも構いません。しかし、一般名処方の場合は大抵においてジェネリック医薬品を調剤することが推奨されています。ジェネリック医薬品は、新薬(先発医薬品)の開発後、特許が切れたあとにほかの企業から発売される医薬品です。開発費が抑えられるために比較的価格が安価であり、新薬と同様の効果が国によって認められており、認められていない限りは製造も販売もできないものです。一般名処方には、このようにしてジェネリック医薬品を普及させようとする目的もあります。

一般名処方の利点と問題点

Free photo: Medic, Hospital, Laboratory - Free Image on Pixabay - 563423 (3210)

ではここで、一般名処方のメリットとデメリットをみてみましょう。ジェネリック医薬品を調剤することで、薬局側は店舗の過剰な在庫を回避することができます。また患者にとっても新薬と同等の有効性がある薬を安価で手に入れられるのでありがたいことでしょう。また医師は一般名処方をすることで、処方箋1枚につき、2点(20点)を加算することができます。
一方デメリットといえば、成分名を指定して処方するために医師側は患者にどの薬品が渡ったのかわかりづらいということです。薬局は都度、どんな薬を患者に渡したのか医師に都度報告する必要が出てきます。しかしこれが何度も発生すると、なかなかの手間にもなることでしょう。また患者からしても薬局が変わるたびに、違うジェネリック医薬品を調剤されることもあります。
ただし、商品名はあくまでも国内でのみ有効な可能性があることも念頭にいれておきましょう。日本で販売されている薬が海外でも同じ名前で通用するとは限らない、ということです。そのため日頃から成分名を把握しておくことで、万が一外国で病気を発症しても安心できます。

一般名処方と商品名処方の見分け方

Free photo: Medicine, Remedy, Pill, Pills - Free Image on Pixabay - 1582472 (3211)

ここでは処方箋に書かれた薬が一般名処方か、商品名処方かについて見分けるポイントを解説いたします。

一般名処方薬:
医薬品の記載欄に、【般】と書いてあり、「一般的名称(成分名)」+「剤形」+「含量」が記載されている。【般】と書いているので処方箋を受け取ったときに、一般名処方」であるとわかりやすいのが特徴です。
商品名処方(後発医薬品処方)薬:
「一般的名称(成分名)」+「製造企業名」
一般名のあとに企業名が書いてあるので商品名だとわかります。商品名には、成分の名前が含まれることが多くなっています。

気になるものは調べよう

一般名処方には利点も多くありますが、自分にあまり馴染みのない成分名を記載されている場合、不安に感じる人も少なくないかもしれません。もし気になる薬があれば、日頃からお薬手帳のシールの一般名近くに商品名を書いておいてはいかがでしょうか。
12 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

水でも注意!薬を飲む時の落とし穴とは!?

水でも注意!薬を飲む時の落とし穴とは!?

ご家庭にあるミネラルウォーターサーバーで薬を飲む人も少なくないかと思いますが、薬との飲み合わせの相性はどうなのでしょうか。また、薬に適している水は硬水なのでしょうか軟水なのでしょうか。かかりつけの先生や、調剤の際の薬剤師聞いてみると良いでしょう。その際に活用できるのがお薬手帳です。病院に行く際には必ず必要となってくるものなので、お薬手帳に書いていればまず忘れにくいかと思います。
海外旅行に行くなら、持っていくべき薬とお薬手帳活用法

海外旅行に行くなら、持っていくべき薬とお薬手帳活用法

楽しい海外旅行先で、急な病気やケガにおそわれることがあります。病気などの健康面のトラブルは時間や場所を選んでくれません。楽しい旅行にするために備えて、体調を整えておくのも大切です。そして、常備薬がある人は忘れずに持参して、もしかしたら現地のクリニックを訪れることになるかもしれないので、お薬手帳も持参しましょう。お薬手帳の活用法をチェックします!
飲み会続き・ストレスで胃が痛い!市販の胃薬を買う時の注意点【お薬手帳メモ】

飲み会続き・ストレスで胃が痛い!市販の胃薬を買う時の注意点【お薬手帳メモ】

度重なる歓迎会や送別会、あるいは人間関係のトラブルで胃が痛いという人はいませんか。付き合いで断れず、さらにストレスが溜まるという悪循環もあることでしょう。通院する時間がないときに、市販の胃薬は心強い味方ですが、市販薬を飲むときには注意点があります。今回は市販の胃薬を購入するときの注意点と、お薬手帳の活用方法をご紹介します。
ジェネリック医薬品を服用する人のお薬手帳の使い方

ジェネリック医薬品を服用する人のお薬手帳の使い方

医師からの処方には先発薬とジェネリック医薬品とよばれる後発薬があります。先発薬の利用からジェネリック医薬品に変更した場合は、薬剤の過剰投与を避けるためには、お薬手帳の活用が便利です。使い方は処方箋薬局に忘れず持って行くだけ。それだけで安全にジェネリック医薬品を服用することができます。安心して服用するためにもお薬手帳を上手に利用することが大切です。
歯医者さんで出される薬って?治療のために通う時はお薬手帳を忘れずに!

歯医者さんで出される薬って?治療のために通う時はお薬手帳を忘れずに!

治療中の歯の痛みを和らげる場合など、歯科医でも薬を処方してもらうことがあります。その際、ほかの医療機関で処方された薬と似たものを処方されることもあり得ます。今回は、歯科でよく処方される薬やお薬手帳の活用方法についてご紹介します。副作用や飲み合わせに気をつけて服薬しましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部