2017年1月21日 更新

一般の薬と漢方薬、併用しても大丈夫?【お薬手帳メモ】

内科に受診したとき、一般的に処方される薬は西洋薬です。効き目が早く、楽に服用できますが、種類が多くなってしまうことが欠点でもあります。自然界の生薬をブレンドし、様々な症状に穏やかに効き目を発揮するのが漢方薬です。自分の薬に対する考えや、具体的どのように治療したいかによって選択することができます。また、西洋薬と漢方薬との併用についても紹介します。

1,275 view お気に入り 0

西洋薬と漢方薬の治療目的の違い

 (2553)

風邪をひいたときに内科に受診しますよね。頭痛や喉が痛いなどの症状を先生に伝えるかと思います。患者さんが訴える症状に合わせて処方されるのが、一般的には西洋薬です。西洋薬は、頭痛なら頭痛薬、喉の痛みなら痛み止めなど、特定の症状に効き目があることで治療します。しかし、総合的な治療を一つの薬で賄うことができないものが多いため、薬の処方される種類が多くなります。一方で、漢方薬には体の不調を根本的に治すことを目的とされているので、種類が少なくて済みます。漢方は基本的に二種類以上併用することはありません。漢方薬は、自然界の生薬をブレンドしたものなので、体の自然治癒力を高めることも期待できます。しかし、効き目は比較的穏やかで、西洋薬のように即効性が感じにくいことが欠点です。症状の治癒に即効性を求める場合や、明らかに炎症の原因がわかるときには西洋薬を。体のバランスを整えて、症状を抑えていきたい場合には漢方薬をしようとする使い分けも可能です。

西洋薬と漢方薬の飲み方の違い

 (2566)

西洋薬は食後に服用するものが多く、飲み忘れの心配も少ないのですが、漢方薬は食膳に服用したほうが効き目が発揮されるものが多く、飲み忘れに気をつけなければなりません。西洋薬は数が多く、一日の服用回数も薬や症状によって異なってきます。中には、服用の間隔を何時間以上空けなければならないと決められているものもあるため注意が必要です。
漢方薬は粉のイメージがありますが、これはお湯に溶かして食前にゆっくりと飲むことがおすすめです。漢方はもともと、生薬をブレンドして煎じて飲まれていました。その形に近い方法で飲むと、より効果が発揮されます。食前の服用が一般的な漢方薬ですが、胃腸に負担がかかる生薬もあるため心配がある人は食後の服用がおすすめです。基本的には、毎日の継続した服用により、少しずつ効果を発揮するのが漢方薬ですが、症状によっては頓服で処方されることもあるので、医師の指導の下で服用するように心がけましょう。

西洋薬と漢方の併用は可能?

 (2575)

西洋薬と漢方薬の併用は基本的には可能です。しかし、効き目が偏ってしまい、逆に体に負担をかけてしまうこともあるので、処方される場合には薬剤師の方に伝えるようにします。処方の際に薬剤師の方が確認するための材料がお薬手帳です。記録として残すことができるので、この薬は効いた、あの薬は自分には合わないなど、今後の処方に役立たせることもできます。服用のタイミングとしては、胃腸に問題がない場合、食前に漢方薬を食後に西洋薬を服用し、少しの時間を空けることをおすすめします。漢方薬同士であっても、同じ生薬の重複した摂取により、副作用が出てしまうことがあります。自分で市販のものを購入する際にも、ドラッグストアなどの薬剤師の方にしっかりと聞いてから購入し、服用するようにしましょう。体質の改善と自然治癒力を高めるための漢方薬、即効性を感じることができる西洋薬のいい点を、副作用を出すことなく取り入れ、症状を改善するためにも、自己判断は禁物です。

状況に応じて使い分けよう

風邪などの一時的な症状が出た場合に、西洋薬は効き目が早く、体が楽になるからと選択される方が多いと思います。実際、内科の処方でも、明らかな症状がある場合、西洋薬が多く使われています。一方で、長い目で自分の体質を変えていきたい、あまり薬に頼ってしまいたくないと考える方には、比較的副作用が出にくい漢方薬を使うこともおすすめします。
11 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ダイエットのために漢方薬「防風通聖散」を使うなら注意すべきこと【お薬手帳メモ】

ダイエットのために漢方薬「防風通聖散」を使うなら注意すべきこと【お薬手帳メモ】

テレビやSNSを通して目にする機会が多い「脂肪を減らす漢方薬」。飲むだけで脂肪減少作用があるとは非常に魅惑的ですが、きちんとした知識がなしでは良かれと思って飲んだものがマイナスに働いてしまうこともあります。今回はダイエットのための漢方薬出ある「防風通聖散」を使う際に注意すべきことをご紹介します。
抗がん剤の副作用、辛い手足のしびれは漢方薬で抑えられるかも?【お薬手帳メモ】

抗がん剤の副作用、辛い手足のしびれは漢方薬で抑えられるかも?【お薬手帳メモ】

病気に馴染みのない人でも、抗がん剤と聞けば副作用という言葉が思い当たるほど、両者は切っても切れない関係にあります。抗がん剤の副作用の中でも「手足のしびれ」は代表的ですが、漢方薬によって和らげることができるという結果がでています。今回は、抗がん剤との上手な付き合い方について考えてみましょう。
風邪はひき始めが肝心!葛根湯についてまとめ【お薬手帳メモ】

風邪はひき始めが肝心!葛根湯についてまとめ【お薬手帳メモ】

「もしかして風邪かも」と感じたら、漢方薬である葛根湯がおすすめです。葛根湯は風邪のひき始めに効果があるとされていますが、病院で処方されることもあれば、薬局などで購入することもできます。今回は風邪の初期症状を感じたらぜひ試してみたい葛根湯の役割や、効果的な飲み方、注意点をご紹介します。
漢方薬は普通の薬と何がちがうの?【お薬手帳メモ】

漢方薬は普通の薬と何がちがうの?【お薬手帳メモ】

良く名前を聞く漢方、または漢方薬ですが、一般の西洋薬とはどう違うのでしょうか。もし、西洋薬じゃなくて漢方薬の方が効き目があるのなら適材適所で薬をつかっていきたいですよね。忘れないためにも、お持ちのお薬手帳にぜ気になった事をまとめてみて下さい。そうすれば、薬を飲む時に思い出すことができますし、薬を選ぶ時に迷わなくて済みますよ。
夏前まで注意!子どもの「水ぼうそう」、薬を飲む時の注意点は?【お薬手帳メモ】

夏前まで注意!子どもの「水ぼうそう」、薬を飲む時の注意点は?【お薬手帳メモ】

全身にかゆみを伴うブツブツが広がる水ぼうそう。小さい子供に流行しやすく、子供のころにかかったという経験を持つ人も多いのではないでしょうか。水ぼうそうはまれに重症化し命に関わるケースもあるので、早めに気付き治療してあげることが重要です。今回は、子供が水ぼうそうにかかったときに注意したい薬の飲み方についてご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部