2017年2月6日 更新

日中の眠気、もしかして「ナルコレプシー」かも?4つの症状に注意!

ナルコレプシーとは「居眠り病」のこと。日中に突然強い眠気が襲い、作業もままならないといった症状はありませんか? 日本は世界でもっともナルコレプシー患者が多い国といわれています。今回はナルコレプシーを疑うべき、4つの症状をピックアップしてみました。

93 view お気に入り 0

ナルコレプシーとはなにか

Free photo: Bored, Female, Girl, People, School - Free Image on Pixabay - 16811 (6605)

夜、ぐっすり眠っても日中に強い眠気を感じる場合、一過性のものだと見過ごすのには注意が必要です。その眠気は「睡眠発作」によるものかもしれません。授業中や会議中、大切な商談の際にも突然眠り込んでしまうといったものが、ナルコレプシーの特徴です。日本は欧米に比べて8〜14倍の確率でナルコレプシーが発症しているといわれ、たとえば睡眠発作が起きれば最悪の場合事故を起こしてしまうなどの危険性もあります。またナルコレプシーは突然強い眠気に襲われるため、居眠りをしていれば「怠け者」と捉えられてしまうこともあります。本人には病気の自覚がないことが多いので、治療を受けるきっかけがないパターンもあります。またナルコレプシーは10代〜20代前半に集中して発症することが多いです。

ナルコレプシーを疑うべき4つの症状

Free photo: Ghosts, Gespenter, Spooky, Horror - Free Image on Pixabay - 572038 (6606)

1. 睡眠発作
ナルコレプシーの眠気は、正常な人が48時間無睡で過ごした時と同じくらいの強さと言われています。一度の睡眠時間は5〜30分程度と短いものの、2時間程度でまた強い眠気に襲われるのが特徴です。
2. 情動性脱力発作
情動性脱力発作とは突然、顔や首、手足の力が抜けてしまうことを指します。これはカタプレキシーとも呼ばれています。発作中、意識は正常に働いていますが、体に力が入らないため動くことはできません。2、3秒〜数分程度で脱力発作は治りますが、人によってはあごが落ちたり、舌が回らなくなるといったような症状が見られます。
3. 睡眠麻痺
睡眠麻痺とは金縛りのこと。ナルコレプシーの患者は寝入った直後にレム睡眠(脳は覚醒しているが体は深く休んでいる状態)に突入するため、そのタイミングに金縛りに見舞われるケースが多いのが特徴です。
4. 入眠時幻覚
眠っている間に生々しく幻覚を見るといった症状です。金縛りと同時に発症することが多く、手足が動かせないために非常に怖い思いをすることがあります。

ナルコレプシーの原因は?

Free illustration: Neurons, Brain Cells - Free Image on Pixabay - 582054 (7427)

実は、ナルコレプシーの確たる原因は特定されていません。
ただ、研究の結果、大きく2つの原因的要因が確認されています。

①ヒト白血球抗原(HLA)
ナルコレプシー患者の共通点として、HLAに特徴があります。
HLAのなかでも4つの抗原が、ほぼ100%陽性となっていることがあります。
ただし、健康な人でも1割から3割強がこの状態となるため、原因とは断定できません。

②神経ペプチド、オレキシン(ヒポクレチン)
ナルコレプシー患者の多くが、オレキシンという物質が不足しているとわかっています。
オレキシンは以前より、摂食行動の制御因子として働きかけるものとされていましたが、覚醒状態の維持にかかわるものとして知られるようになりました。
ただ、なぜオレキシンが不足するのかは判明していません。

気になることがあればすぐ相談しましょう

ナルコレプシーは比較的若い年齢で発症することが多いですが、大人でもナルコレプシーのような症状を体感している人はいることでしょう。睡眠に問題があれば、疲れが取れないことはもちろん日常生活のさまざまな場面で支障を感じるはずです。「ナルコレプシーかな」と感じたら、迷わずに医師の診断を受けましょう。
12 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

腹痛が原因の病気とは!? 部位別病気との関わりまとめ

腹痛が原因の病気とは!? 部位別病気との関わりまとめ

生活を送るなかで、たまに腹痛に襲われることがあります。お腹が痛む原因にはさまざまなことが挙げられますが、機能の異常や器質異常による痛みに分類できます。今回は部位別の腹痛と注意点についてご紹介します。
豆苗効果でよくなろう!美容効果も?食べ方の注意点とは

豆苗効果でよくなろう!美容効果も?食べ方の注意点とは

スーパーで通年を通して売られており、かいわれ大根のようなルックスをしている豆苗。リーズナブルである上に、栄養価が高いことでよく知られています。しかし、一体どんな効果があるのか知らない人は多いのではないでしょうか。今回は豆苗の効果と注意点を紹介します。
夏までに美脚を目指して! O脚を矯正してすらっと美人になろう!

夏までに美脚を目指して! O脚を矯正してすらっと美人になろう!

気温も安定し、今年もまた夏がやってきます。この時期気になるのが露出が増えること。今までは着込んで隠せば気づかれなかったパーツも、ごまかしが効かなくなります。ここでは、美脚に近づくための注意点やO脚を改善する方法をご紹介します。
早食い注意!高まるリスクと対策方法まるっと紹介

早食い注意!高まるリスクと対策方法まるっと紹介

時間に追われる現代人の宿命か、早食いの方が増えています。柔らかいもの、食べやすいものが多くなったのも原因かもしれません。しかし早食いは太るだけではなく、さまざまな弊害を引き起こします。ここでは早食いの悪影響とその対策を調べてみました。早食いのリスクを知り、健康管理をしっかりとしましょう。
アトピー以外のアレルギーがどんどん増加している理由とは

アトピー以外のアレルギーがどんどん増加している理由とは

現代の日本人の約20%以上の人がなにかしらのアレルギーを持っており、現代病のひとつといわれています。しかし、アレルギーという言葉は知っていてもそのメカニズムを詳しく語れる人は少なく、よく理解されてないことも事実です。今回はアレルギーの症状とその対策である予防法をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部