2017年1月9日 更新

お母さん必見!小児のためのお薬手帳の使い方

大人でも小児でもひとり一冊、必ず持っておきたいお薬手帳!病院で処方されたお薬を、調剤薬局で入手するといただけるお薬情報が書かれたものを貼り付けておくこのお薬手帳。ただお薬の情報を手帳に保存しておくだけでなく活用しましょう!処方された薬に対しての反応や小児の場合は体重を記載しておいたほうがいいのです。

33 view お気に入り 0

子供の情報と薬の関係

Free photo: Child, Love, Potatos - Free Image on Pixabay - 1111818 (4401)

クリニックで子供が診察をうけるときに必ず持参したいお薬手帳。薬の種類や服用量、服用期間などが書かれているので、ドクターはそれを見ることで、これまでどんな病気を経験したのかも確認することができるさまざまな情報が詰まった一冊です。クリニックで診察を受ける際に、ドクターや看護師さんから聞かれるのが子供の体重です。健康状態を診る問診のひとつでもありますが、それだけでなく、その子供の体重に合った薬の量を処方するためでもあるのです。そして、お薬を処方する調剤薬局でも薬剤師さんから体重を聞かれることがあります。薬剤師さんは、クリニックが処方した薬の量が正しいかどうかを判断する必要があるので、確認のために聞くのです。クリニックでも体重を聞かれ、調剤薬局でも聞かれてうんざり、なんてこともあるかもしれませんが、これも子供が飲むお薬のためです。特に小さい子供は成長も早いので、前回と同様の量というわけにはいかないこともあるのです。

体重を記載しておくと便利!

 (2529)

クリニックが処方してくれるお薬は、子供が服用するお薬の場合、子供の体重によって換算された量が処方されます。クリニックに行く前に計測することができればいいのですが、病気の子供を体重計にのせて測定するのも大変ですよね。そこで、子供の成長を測る気持ちで、定期的に体重測定をして、その都度お薬手帳に子供の体重と測定した日を書いておくととても便利です。お薬手帳に書いておけば、クリニックや調剤薬局で提示するだけで済みますし、聞かれて答えられない、わからないということもありませんよね。よく行くクリニックで、前回と同じ薬を処方される場合でも、子供の成長は早いですし、前回処方したお薬ではお薬が効かないということがあったら、体重に見合ったお薬の量が処方されていないということも考えられるので、お薬手帳にメモしておくことをおすすめします。

さまざまな情報を記載しておこう!

 (2623)

これまでクリニックから処方されたお薬の情報を貼るお薬手帳ですが、ただ調剤薬局さんからもらったお薬情報を貼るだけでなく、処方された薬を飲んだ時の状況や子供がちゃんとその薬を飲むことができたか等、さまざまな情報を記載しておくと便利です。アレルギー歴の有無、副作用歴、現在や過去の病気についてなどはもちろんですが、例えば、粉薬が苦手、粉薬の場合は水に溶かして飲んでいた、飲み込めなかった。服用したあと眠くなったなど、処方されたお薬についてのメモを残しておくのです。そうすると、お薬を処方する段階で同様のことを聞くドクターや薬剤師さんは一目でわかりますし、聞き間違いも発生しませんよね。そして、お薬の量を決める要である最新の体重も書いておきましょう。

お母さんにとって、子供が病気の時は、心配でたまらないでしょうし、そこに症状やお薬についてのやり取りが何度も繰り返されるのは大変です。お薬手帳をうまく活用しましょう。

子供の情報はなるべく記載

お薬手帳には、処方されたお薬の情報だけでなく、子供の体重も書いておくととても便利です!いろいろな使い方があるお薬手帳は、クリニックで診てもらうとき、お薬の処方をしてもらうときにとても役立ちます。医療機関にかかるときはもちろん、急病時にも役立ちますので、旅行するときにも忘れずに必ず持っていきましょう。
11 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

子供に薬を服用させるなら、その後の状況を確認しよう【お薬手帳メモ】

子供に薬を服用させるなら、その後の状況を確認しよう【お薬手帳メモ】

子供が病気にかかった時に、処方されるお薬というのをよく調べたことがありますか。まだ小さな子供だと、粉薬が飲むことができないのに、もらってしまったな。シロップにしてもらったらよかったな。と思った経験はありますよね。そんな時は事前にお薬手帳にメモすることが重要なのです。メモする大事さを今回は細かく紹介します。
海外旅行に行くなら、持っていくべき薬とお薬手帳活用法

海外旅行に行くなら、持っていくべき薬とお薬手帳活用法

楽しい海外旅行先で、急な病気やケガにおそわれることがあります。病気などの健康面のトラブルは時間や場所を選んでくれません。楽しい旅行にするために備えて、体調を整えておくのも大切です。そして、常備薬がある人は忘れずに持参して、もしかしたら現地のクリニックを訪れることになるかもしれないので、お薬手帳も持参しましょう。お薬手帳の活用法をチェックします!
飲み会続き・ストレスで胃が痛い!市販の胃薬を買う時の注意点【お薬手帳メモ】

飲み会続き・ストレスで胃が痛い!市販の胃薬を買う時の注意点【お薬手帳メモ】

度重なる歓迎会や送別会、あるいは人間関係のトラブルで胃が痛いという人はいませんか。付き合いで断れず、さらにストレスが溜まるという悪循環もあることでしょう。通院する時間がないときに、市販の胃薬は心強い味方ですが、市販薬を飲むときには注意点があります。今回は市販の胃薬を購入するときの注意点と、お薬手帳の活用方法をご紹介します。
20代も麻しん(はしか)に要注意!発症者の38%も!?【お薬手帳メモ】

20代も麻しん(はしか)に要注意!発症者の38%も!?【お薬手帳メモ】

一般的にはしかと呼ばれますが、正式には「麻しん」。麻しんは高熱が出たり、全身に発疹が出たりするウイルス性の感染症です。特に、小さい子どもにとっては重症度の高い病気で予防の重要です。今回は麻しん(はしか)の予防接種の必要性や、その症状などを調べました。
ジェネリック医薬品を服用する人のお薬手帳の使い方

ジェネリック医薬品を服用する人のお薬手帳の使い方

医師からの処方には先発薬とジェネリック医薬品とよばれる後発薬があります。先発薬の利用からジェネリック医薬品に変更した場合は、薬剤の過剰投与を避けるためには、お薬手帳の活用が便利です。使い方は処方箋薬局に忘れず持って行くだけ。それだけで安全にジェネリック医薬品を服用することができます。安心して服用するためにもお薬手帳を上手に利用することが大切です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部