2016年11月16日 更新

寒い夜も最高に暖かく眠る為の3つの知恵

冬場、気温が下がってくると、布団をしっかりかけても、とにかく寒くて熟睡できないことってありますよね? 慌てて高級布団に買い替えたり、追加で購入したりしなくても、いつもの寝具ですぐに試せる 最高に暖かく眠る為の知恵をご紹介します。

26,934 view お気に入り 0

毛布を羽布団の上に掛ける

 (609)

普段寝る時、身体の上に毛布、その上に羽毛布団を掛けて寝る人がほとんどだと思いますが、これを逆にするだけで、驚くほど暖かく眠ることができます。
ポイントは、毛布で身体を温めるのではなく、羽毛布団に暖かい空気を溜め、毛布で放熱を防ぐことです。実は、羽毛布団は人の体温で温められることで、中の羽毛が膨らみ、保温性が高まる特徴があります。身体と羽毛布団の間に毛布があると、羽毛に体温が充分に伝わらず、保温効果が半減されてしまいます。
より暖かく眠るには、毛布は羽毛布団の「上」にかけるのが正解なのです。
ただし、重い毛布を使うと羽毛が充分に膨らまないので、上に掛ける毛布は、軽いものを選びましょう。

毛布を身体の下に敷く

 (608)

毛布にスペアがある場合は、1枚は羽布団の上に掛けて、もう1枚は身体の下に敷くと、さらに暖かさがパワーアップします。
床内の温度は、その6割を敷き布団が担っていますが、暖かい空気は、上からだけでなく、下からも逃げていく為、毛布を敷くことによって、効率的に床内の保温効果を高めることができるのです。
ひとつ注意すべきは、毛布の素材です。化学繊維は、通気性や吸湿性に欠ける為、下に敷くと蒸れて、水分で逆に体温を下げてしまいます。アクリルなどの化学繊維の毛布は上に掛け、綿やウールなどの天然繊維の毛布を下に敷く様にしましょう。

布団をよく干して湿気を取る

かわいいフリー素材集 いらすとや (612)

冬場は、閉め切った室内で加湿器を使うことも多く、布団が湿気を溜め込んでいる可能性があります。湿気をため込んだ布団は、なかなか暖まらず、体温まで奪いかねません。
本来の保温性を保つ為にも、日中、裏表をよく日に干して、湿気を飛ばしましょう。
外に干さなくても、室内で椅子などにかけておくだけでも、風通しを良くすることで除湿の効果があります。
また、日中、布団を干すことができない人には布団乾燥機がお勧めです。
湿気を取るだけでなく、布団自体が暖かくなるので、寝る直前に乾燥させると暖かく快適に眠ることができます。

まとめ

ちょっとした工夫や知恵で、いつもの寝具でも十分暖かく眠ることができます。
「熱を逃さない」、「湿気を溜めない」、というポイントを押さえて、
底冷えする寒い夜もポカポカな布団で朝までぐっすり!を叶えましょう。
かわいいフリー素材集 いらすとや (615)

12 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

nanairo nanairo