2017年1月3日 更新

足の指から健康に!試して痛ければ不調かも・・・

足の指を指先で押すと硬かったり、痛みを感じたことがある人は多いのでは?たまに自分で足の指を押してあげるとマッサージと同じようにイタ気持ちいと感じることもありますよね。そんな足裏には刺激すると血行が良くなるなど、健康に良いことがたくさん隠れています。今回はそんなフットケアについてご紹介します。

204 view お気に入り 0

足の指先から健康に

Free photo: Alternative Medicine, Beauty - Free Image on Pixabay - 1327808 (4076)

足の指は非常に重要な場所であるにも関わらず、手と比べるとあまり手入れができていない人が多いパーツでもあります。実際のところ、定期的に足をマッサージするなど、皆さんはどのくらい足をケアしているのでしょうか。
自分でもあまりしっかり見ることが少ない足ですが、状態のいい足とは血行の良い肌色の足で、爪の色はピンクが理想です。また爪の状態も平らだとなおいいでしょう。逆に、爪の面が反っていたり、間接が曲がっていたりした場合、問題ありです。

指で足を刺激してみよう

Free photo: Foot, Fingers, Feet, Finger - Free Image on Pixabay - 57128 (4081)

自分で自分自身の足を強く刺激してみることは、防衛本脳が出るためになかなかやりにくいもの。しかし、状態をしっかり知るという意味で、クリクリと押してみてください。方法としては、人差し指の親指側の側面と親指の腹ではさみ、クリクリと刺激します。指の先端から爪の生え際まで、ずらしながらくまなく指圧して行きましょう。このように指圧を繰り返すことで、足指がポカポカと温かくなってくるはずです。

足の指と体の関係性は!?

Free photo: Women, Female, Sun, Holiday, Face - Free Image on Pixabay - 1898499 (4085)

足ツボを押すことが体にいいということはなんとなくご存知かと思います。しかし、実際のところ体の部分とどのように関連しているのでしょうか。
足の親指は、肝臓や大脳などとつながっており、人差し指と中指は胃・食堂、そして薬指は胆嚢・腸に働きかけ、小指は腎臓・膀胱・生殖器・目といわれています。このように関連性のある部分を理解しておけば、たとえば目が疲れたと感じたときには小指を指圧してあげれば良いので、気になる体の器官へ異なるアプローチが可能です。

足の指先を意識して

手と比べると、自分の足を見る機会は少なく、特に靴下などをはいてしまうとお風呂のときぐらいしか目にすることがない人も多いでしょう。しかし定期的に自分の足を見る習慣を持つことをおすすめします。指の形や色がおかしかったら、それに対応した器官の不調があるからかもしれません。また、目に見えなくても硬さや痛みがあるのであれば、その器官が弱っている印ともいえます。柔らかく血行を良くして、意識的に足の指を動かしてあげるようにしましょう。

私たちは何気なく歩く・走るといったことをしていますが、これらは健康的な足があってこそ。定期的に足のケアをしてあげることで、より健康的になれることと思います。
11 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

寒くても快眠!冬にぐっすり寝られる”ツボ”

寒くても快眠!冬にぐっすり寝られる”ツボ”

冬場になると手足の末端が冷え、なかなか寝付けないという声を多く耳にします。しかし寝つきが悪いと疲労が蓄積するばかりで、翌日の仕事の生産性も落ちてしまいます。 今回は寒さが厳しい冬場でも、ぐっすりと質の高い睡眠ができるコツをいくつかご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部