2017年1月8日 更新

【お薬手帳アプリレビュー】~ホッペクラブ編~こどもに使いたい可愛さ!

紙製に代わる形で人気を集めている電子版のお薬手帳ですが、現在ではさまざま企業が独自にアプリを開発しています。今回注目したいのが「ホッペクラブ」。可愛らしいデザインや便利な機能で話題を呼んでいます。今回はホッペクラブの使い方と各機能の詳しい解説をいたします。

244 view お気に入り 0

ホッペクラブとは

 (3275)

「患者様から選ばれる薬局作りをしたい」という、薬剤師の声から生まれた電子お薬手帳サービスです。2008年から実証実験を重ね、薬局と患者から集めたたくさんの声を反映して開発しています。平成28年4月より、お薬手帳を定時することで薬局での窓口負担金額が少し安くなるようになりました。「お薬手帳を持ち運ぶのが面倒」、「うっかり家にお薬手帳を置いてきてしまった」、「自分のお薬手帳は持ってきたけれど家族の分は忘れてしまった」といったようなときにも、電子版のお薬手帳なら肌身離さず携帯することができるので便利です。

ホッペクラブの魅力とは

Free photo: Children, Children Playing - Free Image on Pixabay - 1160096 (3270)

1.導入費用も日々の運用費用も無料なので、使いやすく気軽に始められるのが特徴。

2.ネットに繋がるパソコンやスマホさえあれば、特殊な機材は不要!

3.メッセージ機能やキャラクター支援により、患者が継続して利用したくなる仕掛けが詰まっています。

紙製のお薬手帳だとつい携帯し忘れることもありますが、スマホダウンロード型なのでいつでも持ち歩けるのが便利。スマホ1台で家族分のお薬手帳の管理も可能です。医師からもらった処方箋を先に、Hoppeクラブ加盟店の調剤薬局に送ることができるので薬局での待ち時間も短縮できます。

ホッペクラブの便利な使い方をクローズアップ

Free photo: Pill, Plate, Pills, Drug, Pharmacy - Free Image on Pixabay - 1651213 (3286)

・ Hoppeクラブ加盟店の薬局でもらった薬は自動的にアプリ内に反映。

・ 服用アラームが付いているのでお薬の飲み忘れも心配なし!

・ 子育てや仕事の合間にメッセージで薬剤師に質問や相談ができるので、どんなに小さなことでも気兼ねせずに問い合わせすることが可能。薬剤師との距離を一層近く感じることでしょう。

・ ドラッグストアやほかの薬局で購入したサプリや薬も登録が可能です。

・ 血糖値、血圧、日々の食事管理もホッペクラブに登録しておけばグラフで確認できます。

・ 薬を服用した際にはキャラクターが登場。「飲んだ」ボタンを押すと、服用を褒めてくれるので小さなお子様がいる家庭にはぴったりの健康管理ツール。

ホッペクラブの使い方

 (3276)

1. アプリへのログイン情報を登録

まずはスマホの携帯アドレスやパスワード、住所などの基本情報を登録してアカウントを作成しましょう。これで自分の健康に関する個人情報をアプリ内に保存しておくことができるようになります。

2. お薬登録をしてみよう

調剤明細書にある、患者番号をアプリ内で入力すればHoppeクラブ加盟店の薬局でもらった薬剤は自動的にアプリに反映されます。またQRコードからお薬手帳に手動で薬剤を登録することも可能です。内蔵のカメラを使用し、薬局での会計時に渡されるQRコードを読み込みましょう。

3. 健康日記

健康日記機能では、体重や血圧の数値を入力しておくことで日常的に健康管理ができます。血圧や、血糖値、ヘモグロビンの数や尿酸値なども登録が可能です。

4. 服用チェック

薬の飲み忘れがないようにメッセージで教えてくれる機能です。忙しい現代人はついつい服用のタイミングを逃してしまうことも多いですが、自動的にアラームで知らせてくれれば規則正しく薬を服用できます。

5. 家族の薬も管理できる

ユーザーの切り替え画面では3種類からキャラクターを選ぶことができます。お子様向けには、薬を飲んだら褒めてくれるような仕掛けもあります。薬は苦いからイヤといった子供にも楽しみながら服用させることができます。

子供にフォーカスしたホッペクラブアプリ

デザイン性の高さはもちろん、子供の利用まで視野に入れたアプリということで特に子供がいる家庭で重宝しそうですね。Hoppeクラブ加盟店の薬局がかかりつけといった場合はいますぐ試してみると良いでしょう。電子版お薬手帳を導入することで自分や家族の健康管理がもっと身近なものになるといいですね。
23 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【お薬手帳アプリレビュー】~EPARKお薬手帳編~薬検索、処方箋自動反映機能など満載!

【お薬手帳アプリレビュー】~EPARKお薬手帳編~薬検索、処方箋自動反映機能など満載!

病院で受診するときや、薬局で調剤をしてもらうときに便利な「お薬手帳」ですが、近年アプリにダウンロードする電子版のお薬手帳に注目があつまっています。今回はEPARKが提供するお薬手帳に関してレビューします。紙版と違い、電子版ならではの便利な使い方は必見です!
【お薬手帳アプリレビュー】~お薬手帳プラス編~健康管理コンテンツも続々!

【お薬手帳アプリレビュー】~お薬手帳プラス編~健康管理コンテンツも続々!

これまでお薬手帳といえば、紙製のものがポピュラーでしたが近年ではさまざまな企業が独自の電子版お薬手帳を配布しています。今回はそのうち、調剤薬局の国内大手である「日本調剤」が提供する「お薬手帳プラス」についてレビューします。使い心地や便利な機能をおさえてぜひ有効活用してみてください。
政府が後押し「病院丸ごとデジタル化」、お薬手帳もデジタル化しよう!

政府が後押し「病院丸ごとデジタル化」、お薬手帳もデジタル化しよう!

日本の政府が後押ししている医療行為のデジタル化には、一例として患者を問診する時、主な訴えのデジタル化があります。そうすることで、医療現場を効率よくすることが狙いとなっています。それに伴ってお薬手帳をアプリ化に進めていくことで、お薬手帳を携帯していない時でもスマホ等のアプリで瞬時に確認ができるので便利になります。
スマホ買い替え時にチェック!お薬手帳アプリ、入れていますか?

スマホ買い替え時にチェック!お薬手帳アプリ、入れていますか?

最近は病院に受診しても、お薬は院外処方になっており、調剤薬局に出向かなければならない場合が増えています。また、病院で診察を受ける際にも、必ず「現在飲んでいる薬はありますか?」と質問されます。そんな時に、お薬手帳を持っていればすぐに答えられるのですが、お薬手帳を持って出かけるのを忘れてしまうことも多いです。
病院電子化へ―2020年運用開始の「PeOPLe」って知ってた?

病院電子化へ―2020年運用開始の「PeOPLe」って知ってた?

今年10月に厚生労働省は、「PeOPLe(ピープル)」という医療システムの導入を決定しました。これは国民の基本的な医療履歴をデータベース化し、幅広く活用するシステムのことです。では「PeOPLe」とは具体的にどんなシステムなのでしょうか? 今回はこれから導入が開始される上記サービスに関して解説いたします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部