2016年10月25日 更新

眠れなくなる原因とは?まずはセルフチェック

近年ライフスタイルの多様化で増えつつある不眠症。その人口は成人の5人に1人ともいわれています。寝つきが悪く、睡眠時間が短いと、注意力散漫や体調不良にも繋がり、仕事など日中の生活に影響する場合があります。その原因はひとりひとり異なりますが、自覚症状のある人は症状ときちんと向き合い、健康的な生活を取り戻す必要があります。今回は眠れなくなってしまう原因を中心にご紹介します。ぜひセルフチェックしてみましょう。

153 view お気に入り 0

心配事やストレスが原因の場合

 (253)

不安なことやストレスを抱えていると、自律神経が乱れてしまい脳も身体も休む状態ではなくなってしまいます。「交感神経」と「副交感神経」からなる自律神経は、就寝時には心身をリラックスさせる「副交感神経」を働かせる必要がありますが、ストレスによりアドレナリンが大量に分泌されることによって、興奮状態に陥るのです。この状態は睡眠時も継続して起こっているため、眠ろうにも眠れないという状況になってしまいます。

不規則な生活が原因の場合

 (256)

日によって起床時間や就寝時間が異なったり、食事を取る時間が不規則など、生活のリズムが乱れることも同じく睡眠に悪影響を与えるといわれています。最近では若者の不眠の原因に、深夜まで続く仕事や夜遊びが原因で、体内時計が狂い昼夜逆転したサイクルになっていることがあります。また寝る直前までゲームやスマホなどをいじっていると、睡眠状態に入りにくい状況を作ってしまいます。これら生活習慣の乱れは意識的に気をつければ解決できることなので、気をつけましょう。

運動不足が原因の場合

 (413)

1日中歩いたり、少しでも運動をした日はいつの間にか眠りに落ちてしまったという経験はありませんか? 一般的に夕方から夜にかけての時間帯に体温が急激に下がると、寝つきがよくなるといわれています。事前に体温を高めておき、その後の体温との落差を大きくすることでより眠気を強くさせることができます。体温を高めるためには日中に活発的に活動することが望ましく、平日は仕事で難しいという方も、休日は家でダラダラするのではなくウインドーショッピングやスポーツなど活動的に過ごすことがオススメです。平日も常にエアコンの効いたオフィスにいることで体温がずっと下がったままでいると、夜にスムーズに睡眠に入ることが難しくなるので、たとえば通勤の中に歩きを入れるなど、少しの運動を取り入れてみてください。

まとめ

 (415)

眠れないという状態が続くと、やがて不眠症やうつ病に病状が深刻化する場合もあります。そうなる前に原因をつきとめ安眠できるよう、生活スタイルを見直してみましょう。質の高い睡眠は健康を維持するのに必要不可欠であり、楽しく快適な人生を過ごすためにも重要なものなのです。
12 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

暖かくなると増える食中毒を避けるために―原因と注意点

暖かくなると増える食中毒を避けるために―原因と注意点

季節が春めいてきて、いよいよ梅雨を目前にしています。梅雨どきから夏にかけては、細菌の増殖が活発になり食中毒に気をつけなければいけません。もっとも注意すべきなのが、牛肉に付着している「腸管出血性大腸菌」や「カンピロバクター」というもので特に子供や高齢者は避けましょう。ここでは食中毒の原因と注意点をレクチャーします。
もしかして病気!?寝起きの目痛、ひどい目ヤニの原因とは?

もしかして病気!?寝起きの目痛、ひどい目ヤニの原因とは?

寝起きの目の痛みやひどい目ヤニに悩まされた経験はありませんか?それらの症状は不快なだけでなく、大切な器官である目の不調のサインではと不安になりますよね。寝起きの目の痛みや目ヤニには、実はさまざまなトラブルが隠されている可能性があります。ここでは、考えられる原因についてご説明します。
ニキビでわかる身体の不調、一挙紹介!

ニキビでわかる身体の不調、一挙紹介!

ニキビが顔にできても、「目立つから嫌だな」と思う程度で、余り深刻にとらえる人はいないのではないでしょうか。しかし、実はそのニキビ、あなたの身体に異変が起こっているサインかもしれません。あのとき気付いていれば……と後悔する前に、ここで顔にできるニキビが何を意味しているか、しっかり確認しておきましょう。
赤ちゃんによくある肌荒れ、「乳児湿疹」とは?特徴と原因は?

赤ちゃんによくある肌荒れ、「乳児湿疹」とは?特徴と原因は?

大人と比べるとバリア機能が脆弱な赤ちゃんの肌には、様々なトラブルが起こります。その中でもよくあるのが「乳児湿疹」です。乳児湿疹には様々なタイプのものがあり、中には赤ちゃんの命に危険が迫ってしまうものあります。そうした事態を未然に防ぐためにも、一体乳児湿疹にはどんな種類があるのか、ここで確認しておきましょう。
その痛み、本当に痛い?脳や心が痛みの原因を作り出すことも

その痛み、本当に痛い?脳や心が痛みの原因を作り出すことも

「慢性痛」という言葉は聞いたことはありますか? 聞いたことがないあなたも、もしかしたら原因不明の慢性化した痛みに悩まされているかもしれません。今回は、「慢性痛」のメカニズムと向き合い方をご紹介します。少しでも症状がある方は参考にしてみてください。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部