2017年5月12日 更新

外出が多くなる季節、紫外線対策も重要だけどやりすぎには注意!

紫外線は皮膚の老化や皮膚がんなど、極力浴びないほうがよく、悪いイメージを抱いている人が多いかもしれません。特に女性は、夏は紫外線対策をしている人が多く、そのような商品も多数登場しています。しかし、紫外線は適量なら体にいいのだとか。ここでは、紫外線のメリットと注意点をご紹介します。

17 view お気に入り 0

紫外線のメリット

 (8651)

皮膚は、紫外線を浴びるとビタミンDを合成するのですが、それがさまざまな病気の予防になったりするとされています。古い骨を溶かして新しい骨を作る骨代謝の役割を担うビタミンDは、日光浴によって体内で生成されます。このため、ビタミンDを補うためには紫外線をある程度あびるのがいいとされます。世界保健機関によると、ビタミンDを作るのに必要な日光は、人によっての差はありますが1週間に2、3回、約5分〜15分とされています。このように定期的に日光にあびることで、骨軟化症や骨粗しょう症などの予防をすることができます。骨や歯を丈夫にして糖尿病を予防するとともに、免疫力を高める効果も期待できるのです。

紫外線の注意点

 (8652)

紫外線のメリットを理解した上で、紫外線のデメリットも学びうまく使い分けられるようにしましょう。通勤や通学での夏の大敵、紫外線は「太陽光線」の一種で電磁波のようなものです。「UVA」「UVB」「UVC」の3つのタイプが存在しこれらは、それぞれ届く力が違います。私たちが生活の上で気をつけなければならないのが、肌の真皮層まで届いてしまう「UVA」と「UVB」。これを浴びることで、シミやシワ、たるみなど肌が老化していきます。浴び続けると肌のコラーゲンをこわし潤いがなくなり、肌が痛くなります。1年のうち7月、8月が、紫外線が最も多いとされているので万全な対策をして外出するようにしましょう。雨や曇りの日も関係なく降り注いでいるので注意が必要です。

まとめ

紫外線はメリットとデメリットを持ち合わせています。適量なら必要ですし、毎日浴び続けていると老化や白内障、場合には皮膚がんの恐れもあります。紫外線の多い時間帯に気をつけて、程よく健康的に浴びるようにしましょう。紫外線の特徴さえ分かっていれば、健康的に利用することができるようになるでしょう。今年の夏は、気をつけながらもさっそく実践してみてください。
8 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

夏までに美脚を目指して! O脚を矯正してすらっと美人になろう!

夏までに美脚を目指して! O脚を矯正してすらっと美人になろう!

気温も安定し、今年もまた夏がやってきます。この時期気になるのが露出が増えること。今までは着込んで隠せば気づかれなかったパーツも、ごまかしが効かなくなります。ここでは、美脚に近づくための注意点やO脚を改善する方法をご紹介します。
アトピー以外のアレルギーがどんどん増加している理由とは

アトピー以外のアレルギーがどんどん増加している理由とは

現代の日本人の約20%以上の人がなにかしらのアレルギーを持っており、現代病のひとつといわれています。しかし、アレルギーという言葉は知っていてもそのメカニズムを詳しく語れる人は少なく、よく理解されてないことも事実です。今回はアレルギーの症状とその対策である予防法をご紹介します。
身体の悲鳴?ストレスからくる過敏性腸症候群とは

身体の悲鳴?ストレスからくる過敏性腸症候群とは

お腹の痛みに下痢や便秘の症状が伴う病気を、過敏性症候群といいストレスで症状が悪化することから心身病とされています。過敏性腸症候群はストレスに対する身体からのSOSで悪化していき、心身症のひとつとされています。ここでは過敏性腸症候群について症状と原因、そして治療についてご紹介します。
高齢者だけじゃない!赤ちゃんにも注意したい「誤涎性肺炎」とは

高齢者だけじゃない!赤ちゃんにも注意したい「誤涎性肺炎」とは

「誤涎性肺炎」 という言葉を聞いたことがある人はあまり多くないかもしれません。飲み込んだ食べ物などが食道に誤って入り、その食べ物に付着した細菌が感染して起こる肺炎で、高齢者や赤ちゃんに多い病気とされています。ここでは「誤涎性肺炎」の症状や注意点などを見ていきます。
「小1の壁」、子どものストレスに気をつけて!連休後に不登校にさせないポイント

「小1の壁」、子どものストレスに気をつけて!連休後に不登校にさせないポイント

小学生になると、それまでの生活環境とまるっきり変わってしまい、子どもの不安は増加します。「小1の壁」とは小学生に上がったばかりの子供たちが新生活でストレスを受けることを指します。連休明けに子どもが不登校にならないように今回はポイントをまとめました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部