2017年3月25日 更新

植物はやっぱり偉大!ココロとカラダにうれしい効果、「園芸療法」をご紹介

最近、精神疾患の治療として「園芸療法」が注目を集めています。病気やけが、失恋や仕事など、様々な要因で傷ついた心を癒すには、ときとして多大な時間を要します。そんな心の傷を植物によってケアしようという「園芸療法」。草花・果樹・野菜などの栽培によって、人の身体や心は一体どのような影響を受けるのでしょうか。

64 view お気に入り 0

ストレス軽減、意欲回復、認知機能の向上などの効果

 (8182)

園芸療法は、草花・果樹・野菜などを栽培することにより精神を癒やし、以前のような穏やかな精神を取り戻そうとする精神治療です。以下のような理由から、最近大きな注目を集めている治療法でもあります。

・日々変化がある
・安価なコスト
・広いスペースを必要としない

こうした理由から病院や学校などでも取り入れられており、以下のような効果が期待されています。

・ストレス軽減
・意欲、食欲の回復
・社会性、認知機能アップ
・生活の質向上

うつ病などの精神疾患に苦しんでいる患者が、植物に触れることで季節や生命を感じ、やがて再び社会へ戻ろうという意欲が向上した、というケースもあるようです。

園芸療法を生んだアメリカ人とは

 (8183)

園芸療法を最初に考案したのは、アメリカ人医師のベンジャミン・ラッシュ(1745~1813年)といわれています。このベンジャミン・ラッシュは「アメリカ合衆国建国の父の1人」といわれるほどの人道主義者でありながら、医師としてもアメリカ初の精神病院を建設するなど、様々な功績を残し「アメリカ精神科療法の父」とも呼ばれているほどの人物です。

ラッシュは1812年に「心の病に関する医学的問診と観察」という本を出版。これはアメリカで初となる精神科療法の教科書であり、この書籍の中で治療法の1つとして園芸療法が紹介されています。

日本でも、医療や介護に取り入れている

 (8184)

日本の老人施設や介護施設などでも園芸療法は取り入れられており、高齢者の認知機能アップの効果があると期待されています。また、精神疾患の治療以外でも小児病棟に入院する子どもたちのレクリエーションとして、病気や怪我などで長期の入院を余儀なくされている患者のリハビリテーションとして、園芸療法は広く取り入れられています。

2002年、日本で初めて「園芸療法士」の資格が、兵庫県の知事から認定されました。現在では、170名以上の園芸療法士が精力的に活動中です。この園芸療法士の活動もあり、近年増加している引きこもりやうつ病の人間、家事育児に思い悩む主婦、DVの被害者などが、精神の健康を取り戻していっています。

園芸療法は精神を取り戻す療法

園芸療法は身近な植物や野菜によって精神の健康を取り戻すことができる療法です。もし精神疾患を患ってしまった場合には、園芸療法を試してみてはいかがでしょうか。
11 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

甘いものが大好き!でも太りたくない、キレイでいたい!糖分摂りすぎ回避のためにできること

甘いものが大好き!でも太りたくない、キレイでいたい!糖分摂りすぎ回避のためにできること

甘いものには目がない!という女性は多いかと思いますが、糖分の摂りすぎがダイエットの大敵なことは皆さんご存知ですよね。糖分(糖質)は脳や体のエネルギーとなる人間にとって欠かせない栄養素ですが、実は、過剰に摂取すると肥満だけでなく肌、骨などの老化やさまざまな病気を引き起こす原因に……。今回はそんな糖分を摂りすぎないためにできる、日々の工夫についてお話しします♪
相乗効果?相殺効果?食べ合わせを考えて、美味しく健康食生活!

相乗効果?相殺効果?食べ合わせを考えて、美味しく健康食生活!

皆さんはお味噌汁に「わかめとねぎ」を入れてはいませんか?その食べ方、実は損をしているかもしれません。普段の食事でやりがちな食べ合わせにも実は損をしている合わせ方が数多く存在しています。しかしその逆に、一緒に食べることで効果がアップする組み合わせも数多くあるのも事実。今回はそんな食べ合わせについて見ていきましょう。
新生活・新社会人が新しい人間関係のストレス解消にできること

新生活・新社会人が新しい人間関係のストレス解消にできること

進学や新社会人、人事異動によって新しい環境の生活が始まることが多い時期です。環境が変わると身体だけでなく心にも負担がかかってきます。特にストレスを招きやすく複雑なことが多い人間関係。新生活を順調にスタートさせるために頑張ることも大切ですが、ストレスを解消する方法を知り、前向きに過ごす秘訣をご紹介します。
「小1の壁」、子どものストレスに気をつけて!連休後に不登校にさせないポイント

「小1の壁」、子どものストレスに気をつけて!連休後に不登校にさせないポイント

小学生になると、それまでの生活環境とまるっきり変わってしまい、子どもの不安は増加します。「小1の壁」とは小学生に上がったばかりの子供たちが新生活でストレスを受けることを指します。連休明けに子どもが不登校にならないように今回はポイントをまとめました。
「ネガティブ」から「ポジティブ」に!思考を根本から変える6つのコツ

「ネガティブ」から「ポジティブ」に!思考を根本から変える6つのコツ

「ネガティブじゃなくてポジティブにならなきゃ」と思っていても、なかなかポジティブ思考になれない人も多いのではないでしょうか? 今回は、根本からポジティブ思考に変えるコツを6つご紹介します。今日からさっそく試してみてください!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部