2016年12月25日 更新

休み明け前に読みたい「出社したくない」ときの5つの対処法

誰でも休日は楽しいもの。しかし休日が楽しければ楽しいほど、休み明けの出社日が憂鬱に思えることもあるのでは?ため息をつきながら足取り重く会社に向かう、そんな休み明けの朝を迎えているなんてことはありませんか? 今回は休み明けの出社の憂鬱な気分を少しでも打破する対処法を集めてみました。会社に向かうのに気分が乗らないという人は、ご一読してみてください。

388 view お気に入り 0

休み明けの朝は、まずは小さなことから始めてみる

 (3308)

まずは身近な未来に不安を感じないようにしてみることが重要です。それは、「今」を大切にすると言い換えることもできます。

今、その瞬間に自分がすべき小さな行動に気持ちを集中してみてください。休み明けの朝は、まず「とりあえずベッドを出る」ことから始めましょう。そこから小さな「とりあえず」を続けるのです。とりあえずベッドを出る、とりあえず着替える。それくらいのことで構いません。人は最初の一歩をためらいがちですが、最初の一歩を小さく設定すれば、自然とあとの歩みにつながります。

深く考える必要はありません。機械的に、事務的にでもOK。「とりあえず」で行動してみましょう。考えてみれば当たり前ですが、どんなことも、どんな日も、まずは小さなとりあえずの一歩から始まるのです。

休み明けの胃腸に気を配る

 (3309)

日々の食事の重要性はいうまでもないことですが、どんなに栄養豊富な食事を摂っていても、それをきちんと体に効果的に消化吸収できていなければ意味はありません。

最近の胃腸の調子には、気を配っていますか?休みだからといってついご馳走を食べ過ぎたり、間食でお腹がいっぱいになったり、不摂生をしてしまいがちですが、それは次の日を考えるとあまり得策とはいえません。休み明けの憂鬱な気分を払拭するためにも、休暇最終日くらいは過分な食事は避け、消化の良いものを摂取し、胃腸を整えるように心がけましょう。目覚めた時に胃が重い、なんてことを回避して、少しでも体が軽く思えるように、自分の体を労ってください。

休み明けの出社の前夜は早めの食事を

 (3311)

前述に続き食事関係ですが、夜遅くに食事をしその後短時間で睡眠に入ると、どうしても胃腸に負担がかかってしまいます。結果、消化が悪くなり、次の日が辛いということも。
仕事に向けて体をと問えるとためには、胃を休める時間をしっかりと作ることが大切です。出社前日は、少し早めの時間帯の食事を心がけましょう。そして、体を自律的に整えるための時間を確保することで、次の日の目覚めを快適にできるはずです。

休み明けの脳に栄養を送る!

 (3313)

体に必要な栄養は多種様々ありますが、休み明けの出社へ向けては脳に必要な栄養を進んで摂取しましょう。
肉、魚、大豆などから良質なたんぱく質、アーモンドなどに含まれるビタミンE、青魚に含まれるDHAも脳を活性化するためには大切な栄養素です。頭の回転をサポートしエネルギーの源となるブドウ糖や、エネルギーを補給する炭水化物も必要です。
やはりバランスのとれた食事をすることで、疲れやすさが軽減し、仕事に対するやる気が湧いてくることでしょう。

休日を楽しむことで自分を大切にしている実感を

 (3316)

上記までの食事関係のポイントを始めとして、さまざまなことに自分の意識を配ることで、自分自身を大切にしている実感が湧いてきます。
平日は食事になかなか手をかけられないということがあれば、週末だけでも工夫した料理を作ってみてはいかがでしょうか。あるいは普段は行けないレストランでの外食などでも構いません。お気に入りのお店を見つけ、そこでの時間を楽しむことで、生活にメリハリがつき、気持ちも上向きになります。

たとえ些細なことであったとしても、意外に人間は単純なもの。小さな楽しみが連鎖することで、心地よいと感じる時間が大きく膨らんで感じることで、次の「オンの日」へ向けてのエネルギーが自然と蓄積していくことでしょう。

楽しみながら継続することがコツ

 (3317)

休み明けの出社は気が重いことがしばしばです。それはあなただけではなく、ごく普通の気分の変化であり、誰しもが感じるものです。
だからこそ、自分なりの「復活の方法」を持ちましょう。ある意味ルーティンかもしれません。
ここに上げたことを参考にして、ちょっとした体調の維持に気を付けながら、「とりあえず小さな一歩」を続けることを心がけましょう。決して義務感に駆られるのではなく、あくまでも楽しみながらするのが継続のコツです。

そうして自分なりのパターンを見つけられれば、いつもの普段の仕事のペースをいち早く取り戻せるはずです。
18 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

甘いものが大好き!でも太りたくない、キレイでいたい!糖分摂りすぎ回避のためにできること

甘いものが大好き!でも太りたくない、キレイでいたい!糖分摂りすぎ回避のためにできること

甘いものには目がない!という女性は多いかと思いますが、糖分の摂りすぎがダイエットの大敵なことは皆さんご存知ですよね。糖分(糖質)は脳や体のエネルギーとなる人間にとって欠かせない栄養素ですが、実は、過剰に摂取すると肥満だけでなく肌、骨などの老化やさまざまな病気を引き起こす原因に……。今回はそんな糖分を摂りすぎないためにできる、日々の工夫についてお話しします♪
ストレスのたまる上司との上手な付き合い方!デキる女の対処法とは

ストレスのたまる上司との上手な付き合い方!デキる女の対処法とは

人間誰しも気の合わない人というのはいるもの。運悪くそれが上司である確率も、そう低くはありません。そんな上司と仕事をすることになれば、ストレスがたまって当然。ここでは、嫌な上司と仕事をする際、ストレスをためることなく上手く切り抜ける方法についてお話しします。
咳が止まらなくてツライ!長引く場合の対処法5選

咳が止まらなくてツライ!長引く場合の対処法5選

風邪を引いたあとなど、しつこい咳が長く続いた経験はありませんか?なんとかしたい長引く咳を止めるには、実はさまざまな方法がありました。今回は5つの対処法をご紹介しますので、咳にお悩みの方はぜひ試してみてください。
子供が春休み明けに起きてくれない!「睡眠相後退症候群」とは?

子供が春休み明けに起きてくれない!「睡眠相後退症候群」とは?

朝が苦手なお子さんとママにとって春休み明けの数日間は正念場。ベッドから抜け出せなくなったお子さんをママが大声で叩き起こすのが休み明けの風物詩となっているというご家庭もあるかもしれません。お子さんの朝寝坊が改善されないと、つい強い言葉で対処してしまいがちですが、世の中には起きようとしても起きられなくなる怖い病気があるんです。
神経質な人は要注意!同じ動作を繰り返す”強迫性障害”の対処法

神経質な人は要注意!同じ動作を繰り返す”強迫性障害”の対処法

こころの病気とされている「強迫性障害」。自分は大丈夫と思っているかたも、実は神経質の人には要注意とされている病気です。また、発症年齢は10代〜20代と若い時期のケースが多いのも特徴です。今回は、「強迫性障害」についてご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部