2016年12月27日 更新

のど飴はアメ?風邪薬と併用してはいけないものが・・・!【お薬手帳メモ】

風邪が流行する季節なると、熱はないけれど、のどに違和感を感じてイガイガするということもあります。そんなときはドラッグストアやコンビニでのど飴を買って、のどの痛みを和らげているという方もいることでしょう。しかしのど飴とは、薬でしょうか、それとも飴? 実はのど飴と併用できない風邪薬もあるのです。今回はのど飴と風邪薬の関係性について解説いたします。

591 view お気に入り 0

風邪薬と併用できないのど飴とは?

Free photo: Candy, Pastilles, Sucking Candies - Free Image on Pixabay - 189774 (4046)

のど飴は、大きく分けて二種類に分類されるということはご存知でしょうか。医薬品と、医薬品ではなく食品として売られているものです。

医薬品とは、文字通り、薬としての効果が認められているものです。喉のイガイガなどに効果を発揮する、有効成分がのど飴に配合されています。一方、食品として販売されているのど飴にはそういった効果はありませんが、唾液の分泌を促し口の中の乾燥を防ぐことでウィルスの増殖を抑えることが期待できます。

医薬品として販売されているのど飴に有名な浅田飴がありますが、浅田飴には、「浅田飴」と「浅田飴せきどめ」があります。
「浅田飴」には、キキョウ根とトコンとマオウとニンジンが有効成分として含まれ、「浅田飴せきどめ」には、dl-メチルエフェドリン塩酸塩とクレゾールスルホン酸カリウムと、セチルピリジニウム塩化物水和物が含まれています。しかし実はどちらの浅田飴にも「ほかの鎮咳去痰薬、かぜ薬、鎮静薬と併用しないでください。」と明記されているのです。

というのも「浅田飴せきどめ」に含まれる「dl-メチルエフェドリン塩酸塩」はおもな風邪薬に含まれている成分だからです。
さらに「浅田飴」に含まれている「マオウ」の主成分もエフェドリンと呼ばれる物質です。このため、「浅田飴」も「浅田飴せきどめ」も風邪薬と併用するとエフェドリンの過剰摂取になってしまいます。同じように、たとえば「ルルメディカルドロップ」という製品にもdl-メチルエフェドリンが含まれています。

のど飴のどんな成分に注意したらいい?

 (3177)

それでは、のど飴に含まれるどのような成分に注意したらいいのでしょうか。

まず、パッケージをよく見ることから始めましょう。医薬品に分類されるトローチやのど飴で「せきどめ」と書かれているものなどには注意が必要です。先述した「浅田飴」のように、「dl-メチルエフェドリン塩酸塩」を含むものは風邪薬と併用できません。また、鎮咳成分や抗ヒスタミン剤を含むのど飴も風邪薬とは併用できません。

では逆にどのような成分なら、風邪薬と併用しても問題がないのでしょうか。
たとえば、「ヴィックスメディケイドドロップ」は指定医薬部外品ですが、「CPC」という成分が配合されています。これには殺菌作用があり、そのことでのどの違和感を和らげる効果が期待できます。この「CPC」は風邪薬やせきどめと併用できます。抗炎症成分の「アズレンスルホン酸ナトリウム」、「グリチルリチン酸二カリウム」、「塩化リゾチーム」、「殺菌成分のセチルピリジニウム塩化物」、「生薬のキキョウ」のみを含むのど飴も風邪薬と併用できます。

のど飴を買う時にそこまで意識することはあまりないと思われますが、風邪などの症状が酷く、風邪薬を服用するような状況においてはのど飴の成分にもちょっと注意が必要です。

医師や薬剤師にはのど飴を舐めていることを伝えましょう

 (3178)

風邪かな、と思いながらのど飴を舐めていて、いよいよ症状が悪化した際に診察を受けることはめずらしいことではないでしょう。ただその場合も、有効成分の過剰な摂取を防ぐために、きちんとどのようなのど飴を舐めていたか医師や薬剤師に伝えることが大切です。診察の際は熱などで、伝え忘れることもあるかもしれないので、あらかじめお薬手帳に記入しておくと安心です。飴の種類や商品名をしっかり記入し、伝え忘れを防止しましょう。

おくすり手帳にメモしましょう

今回はのど飴と風邪薬の関係性をご説明しました。サプリメントやのど飴など、普段あまり薬として意識することを忘れてしまいがちですが、併用することで意外な副作用が出ることもあります。きちんとお薬手帳に記入する習慣をつけて対策をしたいものです。
11 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

地震に備えて「お薬手帳」?それってどういうこと!?

地震に備えて「お薬手帳」?それってどういうこと!?

日本は正真正銘地震大国。日本人は世界各国の中でもトップクラスの高い防災意識を持っていると言われています。そんな私たちでも「お薬手帳が命を守ってくれるツール」であることは意外に知らないのではないでしょうか? 今回はまだ記憶に新しい熊本地震を事例に、お薬手帳の大切さを改めて考えてみました。
KEI | 760 view
眠くなりやすい風邪薬となりにくい風邪薬、教えます【お薬手帳メモ】

眠くなりやすい風邪薬となりにくい風邪薬、教えます【お薬手帳メモ】

真冬になると、世間で流行するのが「風邪」です。子どもから大人まで家族全員で風邪に苦しんでいるという話は、よく耳にします。しかしながら、風邪をひいたときにどんな薬を選んで飲んだら良いか多くの人が悩みます。一般的に風邪薬は眠さが伴うのが最大のデメリットです。そこで今回は、眠くなりやすい薬と眠くなりにくい薬について詳しく紹介します。
チーズに納豆も!風邪の方必見、風邪薬に影響する食べ物・飲み物【お薬手帳メモ】

チーズに納豆も!風邪の方必見、風邪薬に影響する食べ物・飲み物【お薬手帳メモ】

医師や薬剤師は、薬を処方する際にその組み合わせに注意を払っています。複数の医療機関で薬を処方される場合は、お薬手帳を活用すると副作用が起きることも避けられるでしょう。しかしこの組み合わせには薬同士ではなく、食べ物が影響することがあります。今回は身近な風邪薬に影響する食べ物や飲み物について調べてみました。
グルコサミンはサプリだから・・・サプリも薬、副作用もあるんです!【お薬手帳メモ】

グルコサミンはサプリだから・・・サプリも薬、副作用もあるんです!【お薬手帳メモ】

最近メディアでも多く取り上げられ、耳にすることが多くなった「グルコサミン」。サプリなどで気軽に摂取できるのが特徴ですが、その効果について十分な知識はありますか? 飲み合わせによっては副作用が起きる可能性もあるので、あらかじめ理解しておきましょう。
薬の種類と違いを理解!処方と市販はココが違う!【お薬手帳メモ】

薬の種類と違いを理解!処方と市販はココが違う!【お薬手帳メモ】

お薬と聞いて思い浮かぶものはなんでしょうか。風邪や頭痛など体調の悪い時に、症状の緩和や菌を退治する存在で、病気と闘ってくれる頼れる存在という印象をお持ちの方も多いのではないでしょうか。また薬局で手軽に購入することもでき、私たちの身近なものであるとも言えます。しかし、薬局などで手軽に購入できる市販薬と、病院などで処方される処方薬との違いを知っている方はどれくらいいるのでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部