2017年5月9日 更新

実は病気!?鼻の入り口がかゆくなる「鼻前庭湿疹」とは

日常生活で、なにげなく鼻の入り口を触ってしまうことはありませんか? 一度癖になると考えごとをしているときなどついつい無意識に触れていることも多くなります。そんなとき、鼻の入り口にかゆみが出たら注意が必要です。今回は、鼻の入り口がかゆくなる鼻前庭湿疹の症状や予防をご紹介します。

鼻の入り口のかゆみの原因と症状

Free photo: Smile, Mouth, Teeth, Laugh, Nose - Free Image on Pixabay - 191626 (8724)

鼻の入り口にかゆみがある場合は、「鼻前庭湿疹」の恐れがあります。鼻前庭とは鼻の穴の入り口付近のことを差し、そこに湿疹ができることでかゆみを感じるようになります。鼻前庭湿疹は赤くただれて、かさぶたができる場合もあります。またアレルギー性鼻炎など、慢性的な鼻炎がある際は、常に鼻が湿った状態になりがち。鼻をかむことが増えるとそれだけ皮膚に刺激を与えてしまい、その部分が炎症を起こし湿疹ができます。細菌の感染が炎症の原因となり、そのほとんどが黄色ブドウ球菌によるもの。最近では抗菌薬に対して耐性がある、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌も多く見つかっています。

「鼻前庭湿疹」の治療法とは

 (8855)

一般的に、鼻前庭湿疹の治療にはステロイドや抗生物質を含んでいる軟膏が使用されます。ステロイド軟骨を塗布し、鼻を触らないように気をつけていれば、鼻水が止まらない状況でも症状を和らげることが可能です。また軟骨だけでなく、内服薬が使われることもあります。お子さんは注意しても鼻を触ってしまうことも多いでしょう。爪を切って清潔に保ったり、手袋を付けるするようにするのも良いはずです。

「鼻前庭湿疹」の予防法

 (8856)

鼻前庭湿疹になる大人には慢性的な鼻炎持ちや頻繁に鼻をいじってしまう人、鼻毛を抜く習慣がある人などが多いとされています。鼻は敏感なパーツなので、鼻前庭の皮膚に少しでも刺激を与えるとすぐに炎症が起こるケースが考えられます。触りすぎないように、日頃から意識しましょう。また、鼻毛は抜くのではなくカットをして清潔に保つのがベター。一方鼻の穴の入り口に、かゆいというよりも痛みが強いおできのようなものができることがあります。これは、疲れが溜まっているときや体力が落ちているときに発症しやすいものなので、良質な睡眠や栄養のある食事を心がけるようにしましょう。

まとめ

鼻の入り口がかゆいと、ついつい気になってしまい集中力が欠けてしまったりします。鼻炎などで、鼻の入り口が気になっている方は、まず鼻をかんで鼻前庭湿疹になる前に鼻炎を治すように治療するのが良いでしょう。
11 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

暖かくなると増える食中毒を避けるために―原因と注意点

暖かくなると増える食中毒を避けるために―原因と注意点

季節が春めいてきて、いよいよ梅雨を目前にしています。梅雨どきから夏にかけては、細菌の増殖が活発になり食中毒に気をつけなければいけません。もっとも注意すべきなのが、牛肉に付着している「腸管出血性大腸菌」や「カンピロバクター」というもので特に子供や高齢者は避けましょう。ここでは食中毒の原因と注意点をレクチャーします。
「小1の壁」、子どものストレスに気をつけて!連休後に不登校にさせないポイント

「小1の壁」、子どものストレスに気をつけて!連休後に不登校にさせないポイント

小学生になると、それまでの生活環境とまるっきり変わってしまい、子どもの不安は増加します。「小1の壁」とは小学生に上がったばかりの子供たちが新生活でストレスを受けることを指します。連休明けに子どもが不登校にならないように今回はポイントをまとめました。
外出が多くなる季節、紫外線対策も重要だけどやりすぎには注意!

外出が多くなる季節、紫外線対策も重要だけどやりすぎには注意!

紫外線は皮膚の老化や皮膚がんなど、極力浴びないほうがよく、悪いイメージを抱いている人が多いかもしれません。特に女性は、夏は紫外線対策をしている人が多く、そのような商品も多数登場しています。しかし、紫外線は適量なら体にいいのだとか。ここでは、紫外線のメリットと注意点をご紹介します。
カリフラワー耳にならないために・・・耳のタコを治療するには

カリフラワー耳にならないために・・・耳のタコを治療するには

テレビでレスリングや柔道選手の耳を観ると、耳に大きなタコのようなものができていることはありませんか? これはカリフラワー耳といわれており、激しいスポーツの選手などによる外傷です。もしお子さんにこのような傷が見られたらどうすれば良いでしょうか? ここではカリフラワー耳の原因や注意点、対策をご紹介します。
新社会人を「五月病」にしないために上司ができるたったひとつのこと

新社会人を「五月病」にしないために上司ができるたったひとつのこと

新年度がスタートし1ヶ月が経過したこの時期は、「五月病」という言葉が流行します。新しい環境など慣れないところに身を置くことで、溜め込んだ疲れやストレスが出てくる時期。ここでは、そんな新入社員に上司が予防として気にかけてあげられる注意ポイントをご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部