2017年3月22日 更新

ストレスをためない日常のための12の法則

日常生活を送るなかで、ストレスは常についてまわるもの。しかし、余りにストレスをためこんでしまうと、心身に悪い影響を及ぼしてしまう可能性があります。 今回は、「ストレスをためないための12の法則」についてご紹介していきます。

49 view お気に入り 0

その場しのぎはかえってストレスに…

 (7651)

▼(1)先延ばし
先延ばしをする癖ほど、自己破壊につながってしまうものはありません。ストレスがためる作業を先へ延ばせば延ばしただけ、ストレスも続くことになってしまいます。

▼(2)嘘
嘘をついたり、他人の嘘を黙認したりしていると、これ以上ないほどのストレスを被ることになります。嘘をつくことでその瞬間は円滑に物事が運ぶかもしれませんが、結局は事態が悪い方向に進んでいく可能性が高いため、注意しましょう。

▼(3)散らかし癖
部屋が散らかっていると、必要なときに必要なものが見つからず、ストレスとなってしまう可能性があります。ストレスをためないためにも、身の回りの整理整頓は常に心がけておきましょう。

▼(4)失敗したときの言い訳
何かに失敗したときなどは、つい言い訳をしてしまうかもしれませんが、原因をはっきり自覚している場合は自分自身に嘘をついたことになり、ストレスにつながっていってしまうことになるでしょう。失敗しても言い訳をせず、次に活かす方法を見つけることが大切です。

ネガティブな考え方は厳禁!

 (7654)

▼(5)ネガティブ思考
ネガティブ思考は一度はまってしまうと、みるみるうちに深みへと沈みこんでいってしまいます。可能な限り、物事のポジティブな面に意識を向けることがストレス防止につながっていきます。

▼(6)他者との比較
ついつい自分と他人を比べてしまうのは人の性ともいえますが、上を見ても下を見てもキリがありません。「自分は自分」と割り切り、自分だけの持つ強みを見つけてください。

▼(7)自分を卑下する
「どうせ自分なんて……」と、自分自身を卑下してしまうことは、ストレスにつながってしまう可能性があります。自分自身に失望している状態でダメージを受けない人はごく少数でしょう。どんなときでも、自分を信じることが大切です。

▼(8)拒否を悪い方に受け取る
拒否されたことを、自分の全てを否定されたようにとらえてしまうと大きなストレスの原因になります。意外と、拒否されることは成功への必要なステップであることが多いため、前向きにとらえていくことが大切です。

自分への過度な期待はしない!

 (7656)

▼(9)罪悪感
罪悪感は人の心に重くのしかかり、非常に大きなストレスになります。罪悪感を抱いても得るものはありません。後悔するのは仕方のないことですが、罪悪感にのみ込まれないことが大切です。

▼(10)他者への敵意
敵意の本質は不安であり、多大なストレスの原因になります。さらに、敵対心を許容して怒りに任せて行動してしまうと、他人を遠ざけ、自分の可能性を手放すことになりかねません。怒りにとらわれるのではなく、「許し」の可能性を探っていきましょう。

▼(11)挫折感・敗北感
挫折感も大きなストレスになります。敗北感を抱き、「所詮こんなものだ」と自分の価値を決めつけてしまうのではなく、次回の成功へつなげるための教訓として失敗を活用していけるようにしましょう。

▼(12)完璧主義
完璧主義は悪いことではありませんが、完璧になろうとするあまり、結果として失望や失敗につながってしまうと大きなストレスの要因になってしまいます。性格によるところが大きいので改善は難しいかもしれませんが、全てを完璧にこなすことは難しいという割り切りも大切です。

ストレスをためないためには

ストレスは生きていく上で避けられないもの。ですが、ためすぎると心身ともに落ち込んでしまいます。うまくストレスを逃がすためには、自分を卑下しすぎず、失敗があれば次に活かすためにできることを考える、という姿勢でいることが大切です。
11 件

当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

仕事に行き詰まった大人女子が、ストレスに負けない6つのコツ

仕事に行き詰まった大人女子が、ストレスに負けない6つのコツ

納期や成績を意識して真面目に働いていても、ちょっとした行き詰まりがきっかけでスランプに陥ってしまう、なんてことありますよね。不調の時期を乗り越えるための6つのコツをマスターして、ストレスをやり過ごしましょう。
新生活・新社会人が新しい人間関係のストレス解消にできること

新生活・新社会人が新しい人間関係のストレス解消にできること

進学や新社会人、人事異動によって新しい環境の生活が始まることが多い時期です。環境が変わると身体だけでなく心にも負担がかかってきます。特にストレスを招きやすく複雑なことが多い人間関係。新生活を順調にスタートさせるために頑張ることも大切ですが、ストレスを解消する方法を知り、前向きに過ごす秘訣をご紹介します。
「小1の壁」、子どものストレスに気をつけて!連休後に不登校にさせないポイント

「小1の壁」、子どものストレスに気をつけて!連休後に不登校にさせないポイント

小学生になると、それまでの生活環境とまるっきり変わってしまい、子どもの不安は増加します。「小1の壁」とは小学生に上がったばかりの子供たちが新生活でストレスを受けることを指します。連休明けに子どもが不登校にならないように今回はポイントをまとめました。
ストレスのたまる上司との上手な付き合い方!デキる女の対処法とは

ストレスのたまる上司との上手な付き合い方!デキる女の対処法とは

人間誰しも気の合わない人というのはいるもの。運悪くそれが上司である確率も、そう低くはありません。そんな上司と仕事をすることになれば、ストレスがたまって当然。ここでは、嫌な上司と仕事をする際、ストレスをためることなく上手く切り抜ける方法についてお話しします。
寝ながらできる、おすすめエクササイズ!運動が苦手でも簡単にカロリー消費できる!

寝ながらできる、おすすめエクササイズ!運動が苦手でも簡単にカロリー消費できる!

健康的な体作りのため、エクササイズをやりたい!けれど、運動は苦手……という人は多いのではないでしょうか。そんな方のために、寝ながらでも簡単にカロリーが消費できるエクササイズについてご紹介します。ゴロゴロしながら健康的になりたいという、贅沢な願望を持っている人は必見ですよ!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スクヨカ編集部 スクヨカ編集部